国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> アメリカンスクール

意外に厳しいアメリカの高校スポーツの世界



高校野球のトライアウトの結果が発表されました。


60名参加のうち,36名が残りました。


24人も落されるとは驚きました。



日本の学校はどうなんでしょうか。


公立なのに、野球をしたくてもできないのはちょっと可哀想ですよね。


それまでは、クラブチームで皆平等とか、お金を払っているんだからスタメンにしろとか言っていた親は驚いているでしょう。


昨年チームにいた2年生,3年生も落されたようです。


一年生は、可能性があるからと言うことで全員合格。


高校野球は厳しいですね。



コーチに前もって理由をいわずに遅刻した場合は、3回目で退部です。


チームの決まり事と言う紙を渡されて読んだのですが、シーズンが終わるまでクラブチームの参加は自粛、
他のスポーツの禁止、物を投げたりしない、
ソーシャルメディアで、コーチ,チームメイトについて悪口を書き込んでいはいけない、
春休みは毎日練習があるので旅行の計画を立てるな、などなど


クラブチームとはえらい違いです。

練習も毎日午後3時から6時まで、土曜日は3時間半の練習。

36名なので、1,2、3、軍とチームを作るようです。

これっていいですよね。

一年生も試合ができるのは励みになります。




そうそう、覚えていますか?

  

お金の踏み倒し



この子も次男と同じ1年生ですが、なんとしょっぱなからコーチにいわずに30分遅刻。

練習後に走らされていました。




これで親は、前のチームのコーチに対してしたように高校のコーチにも文句を言うでしょうか??


言わないでしょうねえ〜。



そうです、悪いのは自分の息子です。

これをきっかけに自覚してもらいたいものです。



土曜日に練習があったのですが、二人とも練習の30分前に行きたいと言いました。


日本の野球のおかげですね。

ギリギリに行くのではなく,余裕を持って早めに行きグランド整備とかを率先してやることはとても大事。


グランドを使うのだから一年生も,エースもそれは関係無いよね,と家でも言っていることが無駄にならずに良かったです。



日本では当たりまえのことなのですが、

練習後にぶらぶらしている子供が何人かいる中、率先してトンボを持って整備している二人を見るのはとても誇らしいものでした。

乱射事件におどろきの発言と表情

今日、アメリカで恐ろしい事が学校で起きました。

ニュースが突然入りワシントン州の高校で乱射事件とあったので、え?どこの高校?分かるまで生きた心地がしませんでした。

我が家の子供が二人通っていますから。


14歳の男の子が学校にライフル銃を持って行き、その容疑者と犠牲者の二人が亡くなりました。

後の4人は重傷と言うニュースがありました。

そのうちの一人の子供は顔の損傷がひどく本人確認に時間をとっているとの事。

乱射の理由はまだはっきりとしないのですが、
容疑者の失恋が原因らしいと言われています。


カフェテリアで起きた事件でしたが、何と勇敢な女性の先生が駆けつけ,もみ合いその結果容疑者は自分をライフルで打って亡くなったことで事件は収まりました。

この先生の勇敢な行動は何人もの生徒を救った事でしょう。
止めなかったら、もっと犠牲者が出ていた事でしょう。

私だったらきっと逃げ出していたでしょう。

これに関連してライブニュースで地元の地域の学区長がコメントをだしていました。


当然、亡くなった生徒の家族へのお悔みや今週末や来週にかけての学校の運営にコメントしたのですが最後に

「今週末の高校のフットボールのゲームのチャンピオンシップはキャンセルになりましたが、相手チームが哀悼の意を込めて,我が高校に一位を譲ってくれました」。

はあ??

私も夫の顔を見合わせてしまいました。


誰が試合の事なんか気にしているの?

そりゃあ、チャンピオンを決めるゲームは大事でしょう。


でもなんで今?

人が亡くなったっているのに.4人も重症なのに!!


しかもその人、そのフットボールの試合の時の発言では急に笑顔で発言していました。


そんな切り替えができるんだ!?

ちょっと理解できません。

夫は涙ぐみながら怒っていました。

僕の子供が犠牲になっていないし,この高校の事はなんにも知らない僕たちがこんなに悲しい思いをしているのになんでこの人は笑顔で会見できるんだろう。


この人を含めて,何人もの地元の関係者がコメントを残しましたが皆が怒りと悲しみの表情の中で発言しているのがTVから伝わって来ました。

なおさら、この女性の笑顔はとても不適切に思いました。

こう文章でかくとあまりインパクトがないのですが、ショックでニュースを聞いたいた私と夫は涙目になっていました。

私達が住んでいるワシントン州で起きた事件で,我が家の子供は二人とも高校生。

次男は容疑者と同じ年の14歳。

思わず,被害者の両親の気持になるとやりきれなかったからです。

そんななかで、フットボールの試合???
一位を譲ってもらった??

哀悼の意と同じ土壌で発言する必要があったのでしょうか?

ライブニュースで発言しなくても、学校内のメールで充分ではないのでしょうか?!


驚きをこえて怒りが込み上げたのが事実です。


他の人はどう感じたのでしょうか。






いじめに会った時の対処法

夫が,次男のチームのコーチと飲みに行った時の話です。

コーチの息子が学校でチームメイトのSから,皆の前でズボンを下ろされたそうなんです。

夏休み前の話なのですが。。

コーチの息子は当然頭に来てSの顔をパンチしたそうです。

すると、S君のお母さんからコーチに電話が。

謝りの電話ではなくて、なぜか抗議の電話です

「Sは、友達が1$やるから、あいつのパンツを下げてみてろ,と言われたからしただけなの。ふざけただけなのにパンチするなんてあんまりだわ。暴力はいけないとあなたの息子に教育してほしい」

驚いたコーチは
「ふざけた?やられた方はそうとらないですよ。いじめですよこれは。Sがそういうことをしなかったら、息子はパンチしなくてすんだんですよ。Sにそう言うことはしてはいけないと教育したらどうですか?」

と言い返したらしいのです。

しかも
「実は息子から相談があった。学校でパンツ下げが流行っていて,自分がされたらどうしようと。僕は,顔面パンチしてやれと教えたばかりだったんだから」
と。


するとSの母は「息子は,私が離婚して,その後再婚して妹が出来て,とても難しい環境で育ったの。大目に見てやってほしい」

(だからといって、クラスメート、しかもチームメイとのパンツを皆の前で下げても良いのでしょうか?)

そんなやり取りをしたそうです。

キンダー(幼稚園)ならまだふざけたでとおるかもしれませんが
13歳ですよ.中学生です。

分別があってしかるべき年頃。

しかもそのお母さん、大学で講座ももっているインテリです。

初めてチームに入った時に挨拶を先にしてきてくれた本当に感じの良い人で私は大好きだったのに,驚きました。

インテリだから、常識があるとは限らない例でしたね。

息子にこの話をして,あなただったらどうする?と聞きました。
「僕も顔面パンチする」
でした。

私?全面的にサポートです!!



理由はともあれ暴力はいけないッて?
それはそうですよね。あの素晴らしいガンジーのやり方に反します。

言葉で「やめろ」
といッて収まるのなら、暴力はいけませんと言うでしょう。
でも、子供の世界はそうじゃないですよね。
子供ッて単純。
力のある子はいじめられないのですから。

なので私のアドバイスは「パンツを下げ返してやれ」
でしょうか。

おばかなコーチじたばたする

前回からの続きです。

本当に,基地の中はあり得ないようなことが普通にあるのです。


その後、もちろん、MR.Tからデューク(夫)に連絡はありませんでした。



しかし



なんとK君の家にMRTの部下から電話があったようです。

「デュークのことを知っていますか」


そして知っていると答えると

「今日実はこういう事が練習中にあったのです。」



と、なにか深刻な事件かのように報告したらしいんです。


そして、デュークが子供達の事をむやみやたらにどなった、と。


でも、
K君パパは

「僕は、デュークの事を,あなた方よりも個人的にも知っているし,信頼している。彼は,野球が好きで情熱があるから、彼のスタイルが理解出来る。怒鳴ったという捉え方は,僕の息子も全くしていないから」


と言ってくれたのです。


そして、もう一人、チームのコーチママであるケイトにもコーチからメールが。


「ある男性が(名前は記載されていなかった)子供達を練習中に怒鳴っていたので、今後,子供達がそう言うコーチ以外の人からの発言に耳を傾けないよう,コーチママからも伝えてほしい」


という内容だったらしいのです。


なんと、ケイトの夫は、たまたまその場を通り、デュークとコーチのやり取りを見ていたのですね。


ケイトの夫は家に帰って
「デュークがあのおばかなコーチとやり合っていたよ。デュークらしい。」


と家に帰って笑っていたので,ケイトはおばかコーチからメールが来た時は,吹き出しそうになったらしいです。


「ねえ、直ぐにメールを打ち返したわ。でもね、その後コーチからはなにも連絡がないのよ。まさか、私の夫が
その場にてしかも、デュークとは旧知の仲とは思わなかったのでしょうね」


メールには,「デュークは私達の息子が何年もあなたの前にコーチとして世話になっていたし,野球コーチとしては最高と思っている。彼のスタイルはよく理解しているし、私の夫は実はその場にい合わせていたんです。だからデュークが子供達を怒鳴っていたいうあなたの受け取り方は共感できない。あれは、指導でしょう。あなたも少しは野球を知っている人から学ぼうとしたらどうでしょう?」



そう書いてくれたのです


感謝です


ケイトと私は,時々ランチに行ったり、ケイト家族とは,休日にキャンプに行く家族ぐるみの付き合いです。


おばかコーチったら,メールする相手をまちがえたようですね。


そうなんですよね、そのとき内野の守備をしていた子どもの4人全員両親も含め知り合いだったのです。
そのうちの3人は元デュークがコーチをした子供達。


通りかかればいつだって、フェンス越しに声をかけていました。



今回の事であの子ども大人のおばかコーチが少し何かを学んでもらえたらと思うのですが、無理だろうなあ。。。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
にほんブログ村
FC2Blog Ranking

親に内緒の高校生のお泊まり

子供達の春休みが始まり

長男が仲の良い男の子の家にお泊まりに行きました。

何時も仲の良い5人が集まるようでした。

私はその子の家に送って挨拶がてらそこの家のお母さんと少しお話をしたんですが

ちょっと驚いてしまいましたよ。



そのお母さんと,息子の会話ですが


「女の子も二人、きたいッて言っているんだけど」

「え〜?泊まりに?」

「うん」

「あちらの両親は良いッて言っているの??」


「親に内緒で来るって言っているんだよ」


「それはまずいでしょう〜!!」

「だよね。断るね」




こんな会話をしたようです。




嫌だなあ〜。


内緒でって、どうやって親に内緒に出来るんでしょうか。


この二人の女の子の親は連絡を取り合うという事をしていないんでしょうか??


だったら,可能ですよね。

00ちゃんの家に泊まるからって,お互いが言えば良いのですから。


でも

まだ14歳ですよ。


女の子ですよ。

泊まりですよ??




自分の子どもがどこかでお世話になったら、私だったらそこの親にお礼の電話をいれるけどなあ。



そもそも、親の顔を知らない家に泊まりにはいかせないし。




そういう家庭で育って、親に平気で嘘をつくような女の子,長男に好きになってほしくない(別に好きでもないと思うのですが)なあ、と



長男につい小言をいってしまいました。



その女の子達は男友達の一人の友達ということらしいのですが。



世の中色々な考え方があるのでしょうけど


私は嫌ですねえ。。。



私がこのくらいの年の時は、親が家にいない家に遊びに行くのも許されていなかったし、


そもそも嘘がつけなかった。。。


なんて,いい子だったんだろう




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
にほんブログ村
FC2Blog Ranking

sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード