上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 養女の彼女

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養女の彼女

日本語のクラスでの出来事です。

授業中、スマホをチェックする子供はかなりいるのですが大抵こそこそチェックしたりするくらいで、注意されると慌ててカバンに戻すのが普通なのですが、、。


注意してもその時は、やめるふりをしてまた再開する女の子がいました。


気になったので机のそばまで行き
「何か問題でもある?大丈夫?」


と聞くと洪水のように話し出すではありませんか。

「ごめんなさい。実は今日お母さんと大喧嘩をしてしまったの。
お互い怒鳴りあって、、何も解決しなかった。
だから頭がそれでいっぱいで、、授業に集中できないの」

それにしても授業中に親とテキストを送りまくっている彼女。
親は、学校から帰ってきてから話し合いましょと言わないのでしょうか??

怒鳴りあってしまうからあえてテキストで会話??


「それは、大変だったね。親と意見が合わないことはよくあることよね。
私も高校生の時は、親と意見が合わなかったことがあったのよ」

👧 
「私、、、養女なの。そういうことでも今のお母さんとは馬が合わないのかもしれない」


「そうなの」

👧
「私を理解しようとしないの」



「そう感じるのは悲しいね。でもお母さんの愛をを日常で感じることはある?」
(ちょっと唐突ですが聞いてしまいました)

👧
「はい、それは感じます」
ととてもはっきりと言って、笑顔に戻ったのが印象的でした。


「なら安心したわ。あなたがそれを感じていなかったら、どうしようかと思ったけれど感じているのなら良かった。たとえ意見が合わないことがあってもお母さんはあなたのことを思って言っているんだものね。」

とだけ言いました。

授業の後で彼女が私のところにきて、

👧
「私、日本にいつか行きたいんです」


「じゃあ、日本語の授業頑張って受けてね。日本語ができると絶対日本滞在が100倍楽しくなるのよ」

👧
「はい、頑張ります」


アジア系なので、日本興味があるということだから、どこの国の血がはいっているのかを聞くと
中国だそうです。


でも実の両親の国、中国にはほとんど興味がないといいました。

実の両親のことは何も知らないし、、知りたいと思わないととてもきつい顔で言いました。

確かに今は知りたいと思わなくても不思議ではありません。
捨てられたと思っているのならなおさらです。

それも、この子がもう少し大きくなったら変わるかもしれないですね。

でも、養女になってアメリカに来てお義母さんともけんかしても、愛を感じることができるのなら
中国で孤児院にいるよりははるかに良かったですよね。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

あぁ・・・私の友達のだんな様がそうなんですよ。
彼のご両親は日本人なんですが、彼を棄てて、彼はアメリカ人のご夫婦の養子となり、子供が出来るまで一度も日本のご両親に会った事がなかったんですよ。
お母様が他界され、子供が出来て初めてお父様に会ったんです。
その女の子もいずれ大人になった時に理解出来る事もあるかもしれませんね。

No title

reeさん
そうなんですね、その方も大人になってやはり生んでくれた親に会いたくなったんですね。いろいろな事情で育てられない人もいるということですよね。本当に彼女も大人になったら、、会いたくなるかもしれないですね。

No title

ワクドキさん、凄い、なんか出来た頼りになる先生って感じ。相手の人格を認めて、冷静に、対等に、それでいてちゃんといい方向に導いて行けるなんて。私、とっさにそんな風に生徒と話せるかなぁ?
その生徒さん、日本語だけとはいえ、いい先生に教わることができて幸せですね。
もしかしてセラピストに向いているんじゃないですか?

No title

pharyさん
教師でいたらしたphary さんにほめていただくなんて光栄です!
アメリカで感じることなんですけど、共働きが多いとうこともあって大人に話を聞いてもらいたい子供たちが大勢いるのに気が付きました。ちょっと気に掛けると、どばーと話始めるんですよね。聞いてあげるだけでも役に立つ気がします。セラピスト、いいですね~!
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。