国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 嘘をつき、捕まっても謝らない子供

嘘をつき、捕まっても謝らない子供

子供の野球の練習で、駐車場で車の後方のドアを開けて、運転席でリラックスしていた夫。

すると、3人の野球のユニホームを来た子供が車の後ろを通りました。

12歳くらいだったそうです。


何とそのうちの一人が、夫の開いていた車の中に向かって何かを口から吹き出したのです。

もちろん、車の中に入るように定めてですよ〜??


それをバックミラーでばっちり見ちゃた夫。

そりゃあ、注意しなくてはですよね?

「ヘイ、今君は何を口から吹き出したの?」

「そんなことしていない」

「ふっ、バックミラーですべて見ていたんだよ」

「ヒマワリの種、、、」

(やっぱり吹き出したんじゃん、嘘つきめ)

「なんで車の中にわざと出したの?」

「車の中にははいっていない」

「やっぱりふきだしたんじゃん、ばかだなあ)

「あのね、僕は何かが入るのを見たんだよ」

「そんなのしらない」

は〜??

ここまで言ってもしらを切るなんて、将来が恐ろしいですよね??


なんてまあ性格がひん曲がっているんでしょう。


「あのね、素直に認めて謝ればいい事なんだよ。もし僕が、君がしたようにしたらどう思うの?」

「嫌だ」
ここで自分がしたことを認めていることに気がついているのでしょうかねえ、この子は


「自分がされて嫌なことは人にしないの。それはとてもシンプルなことだよね?分かる?」


「、、、」


それでもなにも言わない,,困ったものですよね。


結局ごめんなさいも言わずに立ち去って行ったらしいのです。

は〜

コメントの投稿

非公開コメント

No title

素直に謝る子ってアメリカじゃあまり見られないと思いますよ~。
注意しても言い訳したり。
あぁこんな子にはなって欲しくないな、って思いますよね。
そう言う子の親もそう言う親なんですよ、きっと!

No title

reeさん
確かに素直に謝る子供が,人の車にひまわりの種のかすをとばすはずがないですよね。期待するだけ,ばからしいですよね。
ああ、こういう子供が大人になると思うと、、ぞっとします。
そうですよね、親の顔が見たいです〜。

No title

こういう子供(そして大人)を量産している国ということになるのですかね~
種のカスを他人の車に飛ばしてウソついているうちはまだしも、お前は大量破壊兵器隠しているのを知ってるってウソついて他人の国に爆弾落とすようになりますからね。(/ω\)

No title

カノッチさん
言ってみれば,嘘つきは泥棒の始まり、,悪いことの見定めが出来なくなる初期段階という所でしょうか。確かに,小さい時から,嘘は駄目と子供を躾けていないと取り返しのつかないことになるのでしょうね.恐ろしいことです。アメリカ、、、ドロドロしています。どの国もそうなのでしょうけど。
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード