国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 安心だと思ったら大変だった結婚相手の職業

安心だと思ったら大変だった結婚相手の職業


先日、次男の野球のチームメイトのお母さんとお話をしました。

彼女の夫は警察官です。

以前、彼女の夫の乗る車を見せてもらったことがあるのですが、面白かったですよ〜

所謂、覆面パトカーですね。

前の座席には、コンピューターとコピー機があって、前の席と後部の席の間は金網がはってあるし、後部座席はなんとクッションのないプラスティックの座席でした。

(これは、洗い易いからだそうです,納得ですね)

そしてトランクには
止まれと言っても止まらない車を、先回りして車を止められるように道にひくバリケードのようなものや、懐中電気、テープ、ロープ、色々な物が一杯入っていました。

仕事用具ッて感じでしょうか。

見た目は普通の車なのですが、車の上にアンテナがあったり、サイドミラーは,ダブルになっていたりと、工夫がされていました。


車を見せてもらったことがあるという話から、結婚相手がそう言う職業だと安心でしょう?

と彼女に言ったら何と
「思ったよりも大変なのよ。普通の人のように郵便ポストを家に持たないようにしているの」。

郵便は郵便局にとりに行くようにしているらしいのです。

やはり、根に持った人に仕返しをされる危険を防ぐ為だそうです。

仕事から戻る時も、後ろから付けて来ている車がないかよく確かめてから家に帰るそうです。


そして、家に帰る道も何時も同じようにせずに何通りかあるようです。


結婚当時は、結構精神的にきつかったけで今は慣れたわと言っていました。

はあ〜そんな苦労があるとは知りませんでしたよ。


この話を聞いた後からより感謝のがわき上がりました。


アメリカは、消防士や,警察官、軍隊の方はヒーローのようで日本よりもこの職業は日常で感謝される機会が多かったりする気がします。

軍隊の人は、レストランやホテルなど色々な所で割引の待遇があるようです。

そして「あなた達に感謝!」と言うようなサインを町の中によく見たり、〜感謝する日などを儲けていたりします。

考えてみれば、自分の命をかけて地域や国の安全を守ってくれているのですから確かにヒーローですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

特にポリスは日本のポリス以上に危険な職業ですもんね。
私はポリスと消防士と軍隊のところには嫁に出したくないですよ。
だっていつ夫に先立たれるか分からないじゃないですか?
それを思うと感謝こそすれ、娘に悲しく辛い思いはさせたくないです。
わくどきさんは偉いですよね。
そう言った覚悟もあって結婚したんでしょう?

No title

私の従姉のだんな様も刑事ですが、アメリカほどではなくともやはり同じように気を付けています。よほど親しい人でなければ刑事をしていることも言わないそうです。
やはり慣れるまでは精神的にきつかったと言っていました。
<自分の命をかけて地域や国の安全を守ってくれている>
確かに、社会全体から感謝されるべきですよね。

前記事ですが、息子さん、タイムングが悪かったっていうか、もったいなかったですね。でも、人生すべて塞翁が馬、なにがいいことにつながるかわかりませんよ。

No title

reeさん
いえいえ私がであった頃は、すでに陸軍を辞めてエンジニアで仕事をしていたんですね。だから結婚できたのかも知れません。私も祖父を戦争で亡くしているので軍人との結婚は考えられないですね。なので,本当にこういう職業の人達には感謝ですよね。娘の結婚相手、,お気持ちよく分かります。心配しながら生活するのは大変ですもんね。
グーママさん
どの国も同じく,ご苦労が御家族にもあるのですね。今まで気がつかなかったことでした。
塞翁が馬,その言葉いいですね、そうなるようにこれからの2年長男には頑張ってもらいたいものです。

No title

日本でも東日本大震災以来、自衛隊はヒーローだよね。警察は犯罪に次ぐ犯罪で評判落としっぱなしだけどね。

No title

カノッチさん
確かに、元自衛官とかで犯罪者の紹介があると、迷惑ですよねえ,警察もそうですよね、一人のせいで全体に悪い印象を与える危険がありますよね。それだけ社会からの期待も大きいからなのでしょうね。
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード