国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 病んでるアメリカ 私はスーパーで見た

病んでるアメリカ 私はスーパーで見た

アメリカには、低所得者に食料品購入補助制度「フードスタンプ」をあたえています。

州によって基準は異なるのですが、目安は4人家族で月収入2500ドルとされ、月100ドルが支給されるらしいのです。
この生活保護費が振り込まれるのがEBTカードというものなのですが、フロリダ州議会が条例で禁じたのは、ストリップやカジノなどの遊興費、ビールなどのアルコール類、タバコなどの購入にこのカードを使うことでした。

これって、もともと使用禁止でなかったことに驚いた私ですが低所得者の人にも人生を楽しむ?権利があるということでしょうか。

制限が無い州もまだ沢山あるようです。


先日スーパーでレジに並んでいる際に、私達の前の若い男の人が1$くらいのキャンディーを買って
「残ったお金を現金で渡してほしい」

とレジの人に言いました。

レジの女性は
「キャンディー一つ買って、、、あとの50ドル近くを現金に?」


「プリーズ」

レジの女性
深い溜め息「は〜、、、」

そして現金を渡していました。

なぜ現金に変えるのか?

夫がすかさず私に耳打ち、、
「フードスタンプカードを現金に換えて、後でドラッグを買う(あくまでも推測ですが)という、まさに今社会問題になっていることを目の前で見てしまったね」



そうなんだ。。。


一生懸命働いて稼いだお金から取られる税金。

世の中のためになるなら良いのですが、こういうことに流れるとはなんとも腹立たしいではないですか。

さらに腹が立つ事件が
ある日、夫が怒りながら帰って来ました。

ガスステーションでコーヒーを買ったら、、前の人がなんとロットリーの券をそのフードクーポンの残りで買っていたんだよ。

なんと30$!!

ロットリー買うお金があるのなら、フードクーポン返上しろと言いたい。

それで大金が当たったら、社会に恩返しすると思います??

しないでしょうね



それから
夫曰く
若くてホームレスと言って道でお金を恵んでもらおうとしている奴らはほとんどがドラッグを買うためにいるから僕は絶対にお金を恵まないんだ。
もう充分に税金でもっていかれているんだから。

はあ〜この田舎にも、毎日若いカップルが芝生に座って「ホームレス、なんでもいいから寄付して」
という段ボールのはし切れに書いたものを掲げて交代で道の角に立っています。

時折、人がお金をあげています。
私達夫婦は冗談で、「あ、今日もこの二人、出勤してお仕事しているぜい」
と言って飽きれています。

かたや、モールでは髪の毛が真っ白で腰も曲がっている高齢の方が床を掃除していました。
私、心から尊敬します。
働くあなたは美しい。

地元のスーパーでも、床磨きをしている若い女性をふとしたことから会話をしました。
「私は,5年前に脳の手術をして完全に機能が回復したのではないけれど、やさしい夫もいるしこうして仕事もできる。
私はこの仕事が大好きなの。やさしいお客さんは私の名前を覚えてくれて,声を掛けてくれるしそういうお客さんに会うのはとても楽しいの」

本当に笑顔が美しい人です。
私もこのスーパーで彼女に会うのが楽しみなんですね。




話は戻りますが
ドラッグ、、、地元から10分くらいの待ちで、薬の運び屋が逮捕されたのですが、驚いたのがなんと普通の住宅地に住む幼いこともが二人いる30代の夫婦でした。


運び屋と言ったら、、、独身で、怪しい地域に住んでいる人達の印象があったのに、、どこにでもいる中流階級の夫婦です。

子供のスポーツの試合に仲良く応援に来るような夫婦が、、、それを仕事にしていたなんて。



世の中本当に変わって来ていますね。


恐るべしアメリカ。。。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当に毎日色んな事があるアメリカですよね~。
30ドルをそんなものに費やして無駄だと思わないってのがすごいですよね。

この辺にもいますよ。
家族連れ、犬連れのホームレスは子供や犬がいる方が稼ぎがいいらしいですし、毎日毎日同じ若者が道に突っ立ってます。
夏の暑い時期も。
働くより稼ぎがいい日もあるから、なかなかホームレスから抜けれないのも原因らしいですよね。

知り合いの弟夫婦って言ってたっけかな、売人をやっていたらしく、子供2人の前で逮捕ですって。

No title

こういう問題は洋の東西を問わずあるようです。いつの世にも楽してお金やものを手にしようとする輩はいるわけで。
フードクーポンの場合は現金のお釣りを渡さないという風にはできないのでしょうか?
高齢でも、体が不自由でも自分の力で生きていこうとする人が損をせず、働いた分が報われるような制度になるといいのに。

ところで麻薬の売人の話、ごくごく普通の住民が売人だったなんて、怖いですね。何が彼らの人生を狂わせたんでしょうか?残された子供がかわいそう。

No title

reeさん
子供づれのホームレス、、、子供が気の毒ですよね。どういう大人になってしまうのだろうか。でも確かに良い仕事のようですよね。州の最低賃金よりも稼げるらしいではないですか。売人、、普通の子供のいる夫婦が売人は珍しいことではないのですね、もはや。。このあたりだけでなく、全米規模なのですね。
pharyさん
確かに国をとわないのでしょうね。そうなんですよね、おつりがでないようになんでできないのでしょね。そういうふうにしても、今度はカードを売買するようになったりして。一番良いのは、食べ物と交換できるクーポーンにすれば良いのにと夫に言ったら、ふふん、ここはアメリカ、、与えられたものは、低所得者のもの、彼らに選ぶ権利も与えるという考えらしいです。(もちろん夫は反対ですけど)
子供、、本当に気の毒です。ものすごい衝撃ですよね、両親が売人で逮捕なんて。

No title

日本でも生活保護、不正受給という問題がありましたが、アメリカでもですか・・・。

日本では生活保護をもらったらパチンコなのかな?でもアメリカはドラッグ・・・。「(´へ`;ウーム

No title

ゆりだんさん
確かに不正はどの国でもあるようですね。
でもアメリカ、,日本よりも問題が多いですよね。やはりドラッグ、,ものすごい社会問題になっています。日本もそうなっていくのでしょうかねえ。あののりピー、、今年のディナーショー完売らしいです。社会も寛容ですよね。

No title

低所得ですがビールがやめられませんっ!!

No title

カノッチさン
私もケーキなどの甘いものがやめられません!!
カノッチさンのブログの海外アクセスを外していただけるとコメが残せるのですがご検討ください。
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード