国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 離婚だなんて、ひどい

離婚だなんて、ひどい


[パスポート] ブログ村キーワード

長男のパスポートの更新の時期が来ました。
色々と揃えて提出するのですが、その中に、両親のサインという項目があります。

なんと、手続きを行う事務所で、係りの人の前で本人(両親)がサインしなければならないのです。
つまり、本人確認か必要なんですね。
それで、アイディーカードを持参の上サインしました。

これは、夫婦が離婚して片方が黙って勝手に子供をアメリカに連れて行くのを防止するためなのです。

それでも更新前のパスポートがあれば、国際結婚では、離婚後自分の子供の居場所が分からなくなって会えなくなるということがありえるんですね。

それで、ちょっと数年前に起きた悲しい出来事を思い出しました。

玄関のドアを開けると、友達のKちゃんが1才になったばかりのケン(仮名です)を抱いて泣いて立っていました。

「戻る所がないの、ちょっとお邪魔しても良いかな、、」

ただならぬ雰囲気です、、。目が真っ赤です。

「あのね、、ジョンが急に離婚したいって言うの、、、」

「え???」

だって、この前まで手をつないで歩いていた二人です。チャーミーグリーンの宣伝のように。(すごいふるい宣伝ですよね、どうしよう、皆さん、覚えています?え?知らないって?ひえ~ちょっと恥ずかしいかも。はっ、こんな真面目な話の途中、失礼しました)

「なんで、離婚なの?」

「もう、こんな生活嫌なんだって、、。」

話を聞くと、ジョンはこの頃、遅く帰るようになったらしいのです。実は飲み屋に通っていたのですね。
そこで、今まで人生一度ももてたことがなかった田舎育ちの彼は、ちやほやされて、有頂天になったんです。

でも、彼はもう30代です。
そういうことって、結婚前とか20代に経験するのではないでしょうか、、、。

ジョンは、自分の親が小さい時に離婚したので自分の子供には自分のような淋しい思いは絶対にさせないって日々、Kちゃんに言っていたのに、ですよ。(とんだ、うそつきヤロウです)

こんな生活とは、、毎日ワイフにこれ、あれ、色々手伝えと、がみがみぐちぐちくどくど言われ、子供の世話で追われていく生活のことです。(う~ん、この様に表現すると、『こんな生活』している人ほとんどですよねえ)

バーでもてもての世界を知って、現実が馬鹿らしくなったというのです。

私は言葉を失いました。

ケンはだってまだ1歳になったばかりの赤ちゃんです。手はかかりますけど、一番かわいい時期じゃないですか!
怒りが込みあがります。

「誰か、、他に出来たみたいなんだ、、。」

Kちゃんは、泣いて頼んだといいます。悪いことがあったのなら治すから離婚しないでって。

夫は結構夫婦の時間を大事にしたい人でした。
だからKちゃんは、ケンが生まれてからも、ベビーシッターを頼んで二人で映画に行ったり、ディナーに行ったりして努力をしていたのに、、、。

夫の離婚の意思は固いようで、その後家には必要なものを取りに戻るくらいで友達の家に転がり込んでいるとのこと。

Kちゃんは、気が動転しています。
どうやって、ミックスの子を日本社会でシングルマザーとして育てていくんだろうか、、。
いじめられないだろうか。
手に職がないKちゃんは、仕事を探せるんだろうか。
ケンを保育園に入れなければいけない。
子どもの親権についてもちゃんと話さなければいけない、、。
基地の中には住めないからアパートを見つけなきゃ、、。
もう、しなければいけないことが山積みです、、、。

離婚って大変です。結婚は、幸せの中、手続きも鼻歌交じりでちゃっちゃとできちゃうことが、、悲しい中、山ほどのことを片付けていかなくてはならないんですから、、、。

でも、強いkちゃんです。ちゃんと乗り越えて、3ヵ月後にはもう笑顔でした。元夫は余り良い人ではなかったようで、「離婚してよかった」とまで、、。

その元夫ですが、その後再婚して新妻を殴ったか何かで、事件を起こしてしまいました。
独身貴族を楽しむと思ったら、すぐに再婚していたなんて驚きです。
(狭い基地の世界はいろんなことが筒抜けです)
幸いKちゃんには、暴力は振るったことはなかったらしいのです。
人って本当に分からないですよね。

デュークをもっと大事にしてあげないといけないかなと、今更ですが思いました、、。


テーマ : 国際結婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

(。・ω・)ノ゛ コンチャ♪

ドラマみたいですね~
国際結婚って、勇気がいる結婚なのに
そんな風に急に離婚されるなんてびっくりというか
信じられませんね。

月並みなことばですが
子供がかわいそうです。

今はあまりないと思うので、肌の色がちがったからといって
いじめられたりとうのはあるのかしら・・

うちの小学校ではないですね~

応援凸凸凸

大変でしょうね

離婚はお互いがフェアに決めたことならいいですけど、こんな離婚はつらいですね。
しかも国際離婚は尚更、大変でしょうね!?
ひどい、お子さんがまだ1歳だったというのに。

でも。。。
Kちゃん、今お幸せそうで何よりです。
一緒にいても、暴力夫で大変だったかもしれませんし…
結局はそんな男だったってことですよね。

アメリカでは2カップルの内、1カップルは離婚と言う確率で、それが国際結婚になると、もっと確率が高くなるって聞いている。

私は、お互いの事を思いあう気持ちがあって、愛し合っていれば離婚は避けられると思う反面、こればかりは、わからないのじゃないかな~?と思ったりもする。だって、誰も離婚しようと思って結婚するわけではないと思うから(利害関係とかビジネス関係は別だけど)。

だけど、そんな無責任の男、別れちゃって良かったのじゃないかなって思う。1度、こじれたカップルは、ただただ悪くなって行くだけだと思うから。だから、彼女に、良かったね!そんなのと別れて!!って言いたい!

はじめまして、ブログ村からお邪魔します。
僕は最近離婚しまして僕が娘2人を育てています。
ご友人の元ご主人の後の顛末を拝読し
離婚されてよかったんじゃないかと思いました。
悔やむことはありません。
僕も含めて前向きな離婚をしている人は
決して後ろめたさなど感じる必要もなく生きていけばいいと思うのです。
お子さんがハーフ(って言っていいのかな^^;)とのことで
心配をされているようですが
それを苦にしないむしろネタとして扱えるくらいの
気丈なお子さんに育つことを祈っています。
我が家も父子家庭、比較的特殊な家庭環境です。
でも娘達にはネタにして笑いを取ることができる子に
育てようと画策中です^^
長コメント失礼しました。

めだかさん。そうですよね、子供がかわいそうですね、、。そんなお父さんで、、。
ひろみさん、本当に不幸中の幸いです。暴力を振るわれなかったんですから、、。
MRSピッキーさん
だからこそ、離婚後、彼女は晴れ晴れとしたのかもしれませんよね。
緑野芝生さんのような御父さんだったら、娘さん達、明るく育っていらっしゃるんでしょうね。コメントの行間から伝わってきます。そうですよね。前向離婚はそれは大変な勇気ですから。不幸なまま留まるなんて、一回きりの人生もったいないです。沢山の応援です!!

こんばんは。
離婚ですか・・・やはり子供がかわいそうですね。
でも、相手によっては別れて良かったとゆう場合(Kちゃんもですね)
もあるだろうし・・・難しいですね。
しかし、母は強しです。
私のまわりにも母親1人でがんばって育てている人が
何人かいます。
応援したいですね。


あしからきました(>_<)
離婚しても、また新たに自分を待ってくれている男性に出会える!!

私は、そう思います。

けんママに頑張ってほしいな☆

タマハナさん、そうですね、皆で助け合えたらいいですね。
なっちゃん、本当に新しい出会いがあると、いいですね。でも前向きの人にはきっといいことがあると私も信じています。

離婚、多いね。つい最近も旦那の友達で、現在別居中&離婚協議中の
人が娘さんを連れて遊びに来ました。
お嬢さんは小学一年生で、私の娘より一歳下なだけ。
どんな夫婦だって、何度かは離婚しようかなと考えるものです。
我が家だって例外じゃないです。元は他人の夫婦、若いときの様な
情熱的な愛情が無くなったって、思いやりがあれば家族でいれるけど
お互いを傷つけるようになってしまったのでは、離れた方がいいのだろうね。
↑皆さんが仰る様に、前向きな離婚だってあるし、子供を守る為の
離婚だってあるんだ。
子供に愛情もって、家庭を大事にしてくれる旦那に感謝しないと
いけないな~と改めて旦那に感謝の気持ちがわいて来ました。
お友達のKちゃんもお子さんの為に頑張って欲しいです。
女は弱し、されど母は強し!子供の為なら、何だって乗り越えられるに違いない!

cheenamamaさん、
離婚回りにも、多いですか、、。そうですよね、子供の為ならなんだって乗り越えられますよね、同感です。
私も、愛情は薄れても、(笑い)感謝の気持ちは膨らまなくちゃと思っています。
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード