国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 家庭内暴力

家庭内暴力


日本で住んでいた家をアメリカの基地に勤めている人に貸していました。



家を貸していることで間接的に色々な人の暮らしぶりが分かることもあります。



今回住んでいた人達がアメリカに帰るというので、頼んでいた不動産会社の人が家の中を一通り報告して写真を貼付してくれました。


写真をみてびっくり。


10ヶ月しか住んでいないのに

階段のところ,和室、子供部屋、ドアと何と4カ所も壁が壊れていました。



そして床にも大きなキズが。。。



私達はその家に約7年住んだのですが、育ち盛りの男の子が二人いても、一カ所も壊れるようなことは無かったのですね。



確かに、子供が,7歳から13歳までの4人いたらしいのですがそれにしても凄いなあと思いました。




どういう暮らしをしていたのだろうと想像します。



父親と母親が再婚同士で,お互いが二人の子供を連れていたという家族構成と聞いていました。



ああ、難しそうだなあと思っていたのですが、それとこの家の住み方は何か関係しているのだろうかと私はつい想像してしまいましたよ。


和室の障子も割れにくいプラスティックのに張り替えておいたのに,何とそれも2カ所も破けていたようです。


どのくらい強いかというと,私が軽くパンチしても、人差し指で強めにつついても,破けない強度をもっていました。


どうやって破いたんだろう。


はっきりいって、10ヶ月で出て行ってもらって良かった。


修繕費は当然もらいましたが、こんな人達に何年も貸していたら,家がぼろぼろになりそうです。


いままでも、何人かの家族に貸していたのですが男の人の拳大の穴が壁にあいたこともありました。

まあ奥さんや子供を殴るよりは良いですけど,そういう人と暮らすのッて怖いですよね。



映画で,怒った人が壁を叩いて壊しているシーンを見たことがありますが本当にあるんですね。

いくら頭に来ても、壁を叩いたら自分の手が痛いじゃないですかね。


家庭内暴力とは違いますが、思い出したのが

昔,ジャイアンツの投手であまり良いピッチングができずベンチに下げられた時に自分に腹が立ち大事な投げる方の手を壁にぶつけて骨折した人がいましたっけ。

その投手、大事な先発の一人だったので何と球団から罰金の罰が下りました。

骨折して当分投げられなくなるは、罰金を払うことになるはで、踏んだり蹴ったりとはこのことですね。

メジャーでは、バットを壁に投げたら折れたバットが跳ね返って本人の顔に直撃というのもありましたっけ。


大人になったら物や人に八つ当たりをしないようにしたいものですねえ。



世の中色々な人がいるんだなあと改めて思った事例でした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うわぁ・・・。
私達家族も今年、海外に転勤なのでこの家を貸すのですが、「他人」に貸すのはなんか不安です。オージーだしね。

そうそう、ただいま日本ではやっているらしい「壁ドン」
私は最初「なんじゃああ」と思っていましたが、

あれって、見方を変えれば「家庭内暴力」の始まりのような、脅しのような・・・。こういう現象ははやって欲しくないです(ロマンチックらしいけれど・・・・)

No title

ゆりだんさん
他人に貸すのは不安、,分かります,その気持.我が家はアメリカ人対象にしています。何かあったら基地が責任を取ってくれるという保証があるので安心ですが,それ以外はリスクをともないますよね。
壁ドン、,知らずに検索してしまいました!流行っているんですね〜マゾ?なんちゃって。でも人を殴らなくても物を壊すのは危険人物ですよね。恐ろしいです。

No title

実家の弟が高校の時壁に2箇所穴を開けましたよ、えぇ、拳で。
母に怒られて当たるところがないから壁に当たったとか。
2箇所目は私と大喧嘩して壁にその矛先が行きました(笑)。
拳正道をやっていた弟でも手が痛かったらしいですよ。

でも本当によかったですね。
10ヶ月で出て行ってくれて。

No title

reeさん
弟さん反抗期だったんですね。壁に穴をあけるのッて凄い力ですよね。
この家族は誰が壁に穴を開けたかは分からないのですが,海外赴任でたったの10ヶ月で本土に戻ると言うことは出世ではなく何か問題が家庭もしくは職場であったんだろうと想像していまいました。

No title

自分の家は大事にするけれど借家の場合はあまり気にしないっていうのは本当らしいいですね。でも、たった10ヶ月でこの破壊(?)ぶりはすごい!早めに出て行ってくれてラッキーですよ。
うちのおにいちゃんは小学校のときにキレてガラスがはまったドアを力任せに閉め、中のガラスを粉々に壊したことがあります。本人もびっくりしてその場で固まっていました。ガラス代(かなりの額)は本人のお小遣いから出させましたが、相当懲りたようです。

No title

phary さん
そうなんです。この破壊ぶりは私の中での新記録です。おにいちゃん、壊す気ではなかったでしょうから驚いたのでしょうね。そう言うのは若い時に知っておくと良いですよね。私も,風呂場のドアを「壊す気がなく」壊したことがあるので分かります、、。
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード