国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> ミズーリ州ファーガソンの事件とオバマ大統領

ミズーリ州ファーガソンの事件とオバマ大統領

ちょっと堅い話になるのですが、オバマ大統領を見損ないました。

アメリカにいると、アメリカの事件は当然日本よりもはるかにニューズの詳細が分かるので色々と幻滅させられます。

ミズーリ州ファーガソンで、丸腰の18歳の少年が警察に射殺されて,射殺した警察は不起訴になった事件がありました。

18歳の少年はお店でタバコを盗んで,とめようとするお店の小さなおじさんを突き飛ばして走らずに堂々と店を出た姿がビデオに映っていました。

通報された警察が現場近くを歩いていた少年を呼び止めるといきなり少年は車の中の警官に襲いかかり,警察の拳銃を奪い取ろうとしたので警察が自己防衛しました。

そして、警官を殴った後逃げようとしたので「手を挙げてとまれ」という警官にはむかい少年は再度襲いかかろうとしたので警官は発砲したというのが、事件のあらましです。


結果的に警官が不起訴となったことで、これを不服と思う人達の暴動が起きました。(警官は退職するはめになりました。殺害したら賞金が出るという脅迫状がいくつも届き,寝る場所を点々とするはめになってしまいます)

この事件は日頃の黒人のストレス発散に利用されてしまったようです。

何と黒人の少年の義理のお父さんは公の場でマイクを持ち「この町を燃やしてやれ!」と暴動を煽動。

それに対して何と少年の弁護士は
「誰だって,子供が殺されたらそう言う気持になるだろう」とその駄目親父を弁護

気持になるだけでなく,その親父は群衆の略奪放火を煽動したのですよ?!


真面目に働いている町の店を略奪したり放火したりしてもいいと?




こういう行動をする黒人は社会から嫌われます。

真面目に生きている大勢の黒人に非常に悪影響を与える行動です。

今回だって、もし少年が呼び止められた時に冷静に対応していればこういうことになったでしょうか?

いきなり警察はこの少年を殺したのでしょうか?

こういう現実を見ずに,日頃差別されていると(やる気さえあれば大統領になれる国です)感じる黒人はこの事件を人者差別とのたまわります。

白人の母と黒人の父を持つオバマ大統領,,何と少年の葬式に大統領の代理として政府の高官を3人も派遣したのです。

警察に協力しないどころか襲いかかって射殺された反社会的行動をした者の葬式に自分の代理として高官を3人派遣するとはどういうことなのでしょう。

中東で国を守るために命を落とした軍の兵隊の葬式にはそういう特別対応はしていません。

兵士を送るだけです。


これは国民にどういうメッセージを送っているのでしょうか。

この大陪審の審理は間違っていると?

自分は黒人の代表で裏切り者を思われたくないから?

今までの過去の不公平な扱への抗議としてこの事件を利用している?

それとも、奪略行為をおさめたかったからなのでしょうか。

今回の事件は肌の色が関係しているとは思えません。

しかしその後、NYでタバコを無許可で販売していた黒人男性が抵抗した為,首を絞められその後死亡すると言う事件、それからアリゾナでは違法薬物に関連する捜査を始めようとしたところ、容疑者の男性ともみ合いこれも射殺されるという事件が相次ぎました。


どれも共通しているのが,黒人の容疑者が白人の警察に抵抗しているのですね。

そこで,警察官にビデオカメラ携帯をする計画が立てられています。


これは名案でしょう。


抵抗せざる得なかったような状況に追い込まれたのか,それともただ逃げようとしたのか、
一部始終事件を捉えることができたら一方が不公平と感じる事件はかなり少なくなるでしょう。

見られていると感じると警察も容疑者も何かが変わるかもしれません。

確かに今まで,社会から不公平な扱いを受けて来たのは事実でしょう。

その不満が略奪では悪循環。

でもアメリカが変わって来たなと思うことは、NYのデモの中に黒人だけでなく,白人やアジアの顔も沢山あったこと。

そして、一部のデモの途中で黒人が店を略奪しようとしたらまわりの黒人に止められていたこと。

こういうシーンを見るとすこしづつ、社会が良い方向に動いているのかと期待できるきがします。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

人種問題と暴動略奪のような反社会的な行動は日本人には肌では感じにくいことかもしれませんね。
警察活動の可視化には賛成です。

No title

私もファーガソンの事件は人種うんぬんよりその黒人青年の言動が引き起こしたと思っているのですが、NYのエリックガーナーについては確実に警察側に非があると思います。ビデオはご覧になりましたか?反抗しているようにも見えないし、あの時点で警察に逮捕する権利があるようにも見えないし、禁止されている首絞めをいきなり行い、呼吸ができないと訴えているのにやめずに結局なくなってしまいました。しかもその後もすぐ救急車を呼ぶのではなく、体をサーチしたり。。。この一連の件で黒人が大騒ぎしてまた黒人のイメージは悪くなり。。ジャッジするなと言っても、ああいう容姿の黒人は、白人に比べ、やっぱり犯罪者っぽく見えてしまいます。悪循環ですね。

No title

カノッチさん
略奪暴動はその昔地震の時にもありましたね。何か,どさくさにまぎれて悪さをしようという土壌があるのは確かですよね。
ある地域は既にビデオを用いているらしいです。180日保管する上で、勝手に操作や、変更ができないようなシステムを作っているそうです。
一歩前進ですね。
すみれさん
NYに関してはビデオ(会話があまり聞こえない)を一部しか見ていませんが、禁止されている首締めを行い息きができないと言う容疑者の訴えを無視するというひ人道的扱いは明らかに警察の落ち度でしょう。例え、非協力的と警察が証言しても行き過ぎだと,大勢の人が感じたので大規模なデモに発展したのだと思います。ビデオ化によってさらに詳細が公になることによって警察の行動にも変化か起きるのを期待したいですね。

No title

この国においての人種差別はなくならないですよ。
うちの義母の時代までは学校も乗るバスもレストランも黒人と白人は分けられていて、彼らか育てた子供達は同じ思想を持っているのでそのまま受け継がれ・・・。

いずれの場合も犯人が白人だったら、殺される事はなかったでしょうね。

そしてまた、教育を与えない状況を作ったのは白人であり、教育を受けなくてもいいと育てられる黒人も多く、それも問題です。

No title

reeさん
私達の目が黒いうちは無理でしょうね。地域でも違いますよね。
教育,,,大学の黒人枠には私は逆差別だと思うんですよね。それこそ肌の色で定員を決める,,納得いかないですよねえ。こういうことをしてもあまり社会が変わらないのは、もっと低学年からのサポートが必要ということなのでしょうね。

No title

日本では一部しか報道されてない感じが、NHKのニュースで見ていると感じられます。
オーストラリアではワクドキさんのおっしゃられていた、黒人男性の犯した間違いも報道していて、たいていのオージーは

「黒人が悪いじゃない」と思っています。

この差別問題本当に難しいと移民の国に暮らしている人間はいつも思います

No title

ゆりだんさん
今住んでいるところは黒人が少なく同じアメリかでもこの事件に対しての反応が違うのだなあと思います。
オーストラリアはかなり報道されているのですね。
ネットで日本語の記事を見ても,あまり情報収集をしていずにかかれている記事も多く驚きました。ひどいのは、「ただ走って来た少年を打つ必要があったのか」う〜ん、ジャーナリストとしてこんなんでも日本では仕事できるんだ〜と驚いたものもありました。
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード