国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 人種差別

人種差別

友達の夫妻は両方ともワシントン州の大学の出身です。

友達はアイリッシュ系の白人ですが夫は40代半ばの韓国のお母さんと白人のお父さんのミックスでした。

彼は小学生の頃,よくミックスということでいじめられたと言います。

お母さんが韓国人だからですね。

そんなこともあって、ワシントン州に引っ越すことになった私達はとても心配しました。

今はそんなことはないよと,二人は言ってくれましたが心配でした。


二人の息子が私が日本人と言うことで嫌な思いをしないか、、と。

それは杞憂でした。


長男は直ぐに友達が出来て何人もの子供が家に顔を出してくれたのですが

両親がフィリピンの人や,お父さんが黒人でお母さんが白人、両方ともがメキシカンとかもう国際色豊かでした。
そんな中,両方とも白人は半分くらいでしょうか。



前に
「お母さんが日本人で何か言われることがない?』

と聞いたら
「なんで?」
と質問の意味も分からなかったのが理解できました。



ところで
次男の野球のチームメイトの一人のおばあさんはベトナムの方です。

チームメイトはクオーターなので,ほとんど白人に見えます。

そのおばあさんとの会話の中で
「今は良い時代。昔は,道を歩いているとつばをかけられたり、嫌な言葉をかけられたりしたものだったわ」

ベトナム戦争の際にアメリカに移住したらしいのです。



もう一人のチームメイトはお母さんが黒人でお父さんが白人です。

お母さんのお父さんはなんとホワイトソックスのメジャーリーガーでした。
「父がメジャーの時は、チームメイトとバス移動の際にダイナー(食堂ですね)で休憩したのだけど父は黒人だから入れなかったのよ。今は本当に良い時代だわ」
と話していました。


肌の色で人を差別するなんて本当に馬鹿げたこと。


色々な意味で世界が近くなって色々な人と交わることで,だんだんとそう言う差別が減って来ているのですね。



私も,こちらに来て半年以上になりますが嫌な思いをしたことがないというより、日本人か?と声をかけられてどれだけ自分は日本が好きかと一生懸命話してくれる人にしか会ったことがないのは幸せです。



でもそれも地域によるみたいですね。

中西部ミズーリ州セントルイス近郊のファーガソンで起きた白人警官による黒人少年射殺事件も、未だに人種差別があるということで暴動に発展してしまっているようです。

難しい問題ですよね。



でも、これからどんどん差別が減って行くのを願うばかりです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うちの子供たちは当時は何も言いませんでしたが、大人になった今ごろになって「学校時代に嫌なことをされたり言われたことがある。」と言うようになりました。具体的にどんなことをされたり言われたりしたのかは詳しく教えてくれないのですが、それだけに親に言えない様な目に逢ったのかと不憫に思います。ただ、そんなことをするのはほんの一握りの子だけで(多分親がそういう考えの人達なんだとお思います)、たいていの子たちはみんな仲良くしてくれていたということです。
私自身はドイツ語が苦手ということもあって、何かいやなことを言われても気がつかないというノホホンさんなのですが、そんな私でも30年近くおドイツにいる間に3回ほどいやーな思いをしたことがあります。
どんな時代、どんな国にもそういう人間として恥ずかしいイことを平気でする人がいるものです。ドイツは昔はトルコ人労働者、今はアフリカや中東からの難民に対して差別的な人がいます。たいていそういう人自身がドイツの社会の中では主に経済的に低い位置にいるのです。不満の捌け口を少数派の外国人に向けているのでしょう。

No title

pharyさん
確かに子供も親に言えないことッてありますよね。そういう嫌な思いをした分,人にやさしい大人になれると思うようにしています。本当に人に嫌な事をしたり言ったりする人は自分が幸せでないからなんですよね。可哀想にとおもえるような成熟した精神を培って行きたいですよね.それを子供達にも学んでほしいところです。どの時代でもどの国でもそう言う人がいるのは真実で悲しいことですが。私はドイツにいた頃,ドイツ語がほとんど分からなかったので気付かなかったかもしれません。その頃は長野オリンピックで日本人かと何人からも声を掛けてもらい,日本イエーイと応援してくれた良い思い出があります。私はラッキーでした。。

No title

これは地域にもよりけりですよね。
子供達は嫌な目に遭った事は幸いないけど、友達は私が住む地域から1時間ほど田舎に行った場所で、それこそ昔から住んでる人達、白人だらけのところで、娘さんがパールハーバーについて授業でやった後、いじめに遭ったんですよ。
私も嫌な思いをした事、ありますもん。
この辺はベトナム、中国、韓国人の割合が日本人より多く、ヒスパニックは白人より多いと言われてるところで、日本人は黒人に比べてまし、と言う考え方が75歳以上の白人に多いです。

No title

reeさん
地域によりますよね。アメリカは犯罪が多いので不安でしたが今住んでいるところは治安がよく快適です。都会に近いほど色々な人がいるから差別も少ないのでしょうかねえ。その辺は分からないのですが。良い時代に産まれて良かったとしみじみ思います。

No title

よくも悪くもアメリカはダイナミックに

変化できる社会なのですね。さらに差別のない国になるといいですね。

No title

カノッチさン
こういう変化は良いですよね。
何年かすると白人は少数派になるようです。
未だカノッチさンにコメ残せませんが、応援ぽちはさせていだたいています〜!

多民族国家

多民族国家に住んでいると、今は昔と比べて楽になったってよくこちらでも聞きます。
でも、やっぱりいまだに化石の脳で生きている人を見かけますが、それはそれで悲しくなりますね

No title

ゆりだんさん
オーストラリアでも,変化はありますか?化石の脳の人とは,一切関わりたくないですね。そう言う人は撲滅して行きますように。
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード