国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> このバカップル は日本の恥

このバカップル は日本の恥

デューク(夫)が驚きながら帰って来ました。

その話を聞いて,信じられませんでしたよ,私。

ああ、もうここまで来たかと愕然としました。

コーヒーショップでの出来事。

カチン,カチンと,聞き覚えのある音が、、。


喫煙席を覗くと、なんと、彼氏の爪を,彼女がテーブルの上で切っていたというのですね。


にたものカップルとはこの事よね。

爪をコーヒーショプで切るな~!!


切った爪?もちろん,手でテーブルの上を払ってポイポイです。
ポイポイするな~!!


この神経が信じられないでしょう?
何で爪切りを持参でコーヒーショップに来るわけ??
何時も携帯しているのでしょうか??

爪ッて,家で切るんじゃなかったっけ??


デュークは,色々な国や場所を旅したり住んだりした事がありますが,こんな事を見たのは生まれて初めてだったと,言っています。


日本人は変わったね、と。


お店の人が注意する事もなかったようです。


そのうち、脱毛とか、パジャマに着替える人が現れても,もう私達、なにも驚かないっわ!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
にほんブログ村
FC2Blog Ranking


温かい突起が指圧 Hot Stone Arm(ホットストーンアーム) レッド
らくらくmassage

温かい突起が指圧 Hot Stone Arm(ホットストーンアーム) レッド

温かい突起が指圧 Hot …

¥2,310(税込)

■悩む前にコレ!気になる所を温感刺激! - じんわり温かさのヒミツ -硬いセラミックにシリコンゴムをまくことで…

温かい突起が指圧 Hot Stone Arm(ホットストーンアーム) レッド温かい突起が指圧 Hot Stone Arm(ホットストーンアーム) レッドをカートに入れる

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやー。見たくない
コーヒー屋で癒しのひと時を過ごしているときに、「パチンパチン」とつめの切れる音。それもテーブルの上か??せめて公園の芝生の上とか(それも引くな)

日本いい加減何でもありでしょ!!
パジャマでコンビに行くし・・・。

品がなくなったなぁ。ここまで無理に(無理にと思いたい)品を下げないでもらいたい

そんな子供たちに誰がしたんだ!!

No title

爪切りは私、携帯してますよ。
爪が薄いんでよくヒビが入っちゃうから。

それにしても・・・。
娘がよく髪をいじるんだけど、レストランでいじるのは止めなさい、って注意してるんです。
ってかそれが常識でしょう?
きっとそのバカップルの親もそうなんでしょうよ~。

No title

ゆりだんさん
そうなの、その子たちは,20歳くらい,,という事は16で産んだとしても親は36歳くらいかな?本当に、いつからこんなになったんだろう?そしてその人が親になったら,,怖いです。いつかそれが当たり前になるのかな??
reeさん、
そうですよ,親がきっと教えていないんでしょうね。公でのマナー、、、。
化粧を電車の中でする人も、もう驚かなくなてしまったこの頃。なれッて怖いです。なんでもありの時代ですよね、ほんと。
ああ、でも恥ずかしい。。

No title

爪切りくらいでは驚かなくなってきました。でも、ぽいぽいはないよねえ。

No title

カノッチさん
そうですか~。爪パッチン,そちらでも見かけるんですね。これから益々過激??になりそうですよね。髪の毛やひげとかも剃り出したりしてね。。

No title

さすがに公共の場で、しかも食べ物を扱う所で爪きりをする人は見たことないですね。かなりすごいカップルですね。汚いな~。

私が最低だな~と自分の目で見たことがあるのは、食事後水を口に含んでクチュクチュと口をすすぎ、その水をゴクっと飲んじゃうアジア系の同僚と、食事後、フロスを取り出し、堂々と歯の掃除をしちゃうアジア系の友達です。両方男。汚らしいにもほどがある!

No title

ひろりんさん
オーストラリアでも見かけないんですね,公の爪切り,,,。どうやら日本だけかも、、。
口の掃除、,嫌ですね~!フロスなんて、やりすぎ!!でも,爪楊枝で歯を掃除は昔から良く見かけますよね,,あれ私、本当に嫌~!!

No title

ひげそりの人はすでに見ました(^_^;)

No title

カノッチさん
え~!!ひげそりですか~!さすが都会は何もかも進んでいますね(??)

No title

私も世界30か国、ツアーとかでなく長期滞在型、現地人交流型で見てきたので、世界中にいますよ。変な日本人は。というか先進国の人は似たり寄ったりです。季節の逆を利用して来るオーストラリアの田舎者は礼儀作法も知りませんから、昔の日本で言う農協の団体ツアーで世界中にひんしゅく買ったのと同じ感じですし、昔の六本木は不良外人の巣でしたね。で多くの外国人が「私アメリカ人」と平気で嘘ついていました。

そんな感じで、日本人も日本になじめない人が、海外に出たがります。変身願望ですね。私もあちこちの国で、親と大喧嘩した挙句、留学し、その挙句金に困って売春婦まがいに向こうの男あさって、向こうのどうしようにも無い男と結婚とか良く見ました。男の場合は、同じ日本人の観光客相手に騙したり、罠にかけて脅迫したりなんてー感じの人もまた少なくないです。

ちなみにフィリピン、返還前の香港、マカオはなんかは暴力団の逃走先で有名でしたよ。普通の人じゃ知らないでしょうけど。ついでに言えばハワイもカルフォルニアも、ヤクザにはかなり目光らせていました。今はチャイニーズマフィアの方が怖いそうです。

あとタイやフィリピンで不登校、不労働のドラ息子娘を、もてあまして安いから語学留学という名目で、家から追い出す親も少なからずいますし、本人も望んでその話に乗っかる子も多いそうです。

私の知人の娘が、イジメの為に、高校止めてオーストラリアに行ってましたね。そこは会社の社長が親でしたので、その手の親は、そういう留学させるのも多いですよ。で現地で馬鹿騒ぎして現地人の憎しみを買う。

もっとも現在日本人よりも、韓国人中国人の不良青年達が、勉強半分で夜の街大勢つるんで、ぶらついていますよ。日本人は数減りました。

No title

A Wさん
なるほど、海外ではそう言う日本人が増えているんですね。何十年前は、エリートしか海外には行かなかったのに。その時代は、自分が日本の大使の様な責任で皆いたであろうに、今ではそんな高尚なことは望めないのですね。
残念な限りです。

No title

看板を背負う・・・この意識が今の団塊の世代から若い日本人まで欠落してます。
そもそも大手ですら多くの社員が、何故社のバッチを背広に着けるのか、意味を理解してないと小生は考えます。

外で背広着て悪さしたら、「◎◎の社員が昨日、泥酔して店で暴れてた。」とかになったら、翌日その社に苦情の電話が鳴り響く。

でも今の社員はそんな意識が欠けてるので、携帯のカメラで自分の馬鹿さ加減平気で写して、しかも社名が分かる状態、素性が分かる状態でネットに公開するという愚挙に出る者続出。

すなわち自分達が、会社の宣伝塔なんだとか、スポーツの国際大会で我々を通して世界は日本を評価する、といった意識の欠落があると思います。

そういう弊害の一方で、特にアスリートや研究者などは国家と言う縛りが薄くなったので、伸び伸びと育ち、30年40年前では決して居なかったタイプが、当の日本人が知らない中で、昔では考えれないような活躍を世界でするものが続出しています。ご存知かと存じますが・・・。

で、こういうのは一長一短ですね・・・。でも寂しいさも感じますよ。
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード