国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 911で命を落とした彼のこと

911で命を落とした彼のこと

ちょっとしんみりの話題です。

911の記事がよく目につく9月ですね。

その911で、私も知り合いを亡くしました。


彼のお父さんの写真を度々新聞で見て、高校時代の住山君を思い出しました。

住山くんと私は、都立高校で同じ学年でした。

同じクラスになったことがなかったのですが、私の親友と同じクラスだったこともありよく話した覚えがあります。


目元が涼しくて頭がいい人という印象をもっています。

あの彼がまさか,アメリカで若くして死んでしまうなんてあの頃の私達が誰も想像していなかったことです。


大学を卒業して,当時の富士銀行のアメリカの支店に配属されていた時に,911にあってしまったんですね。

奥さんと幼い子供と沢山の彼を愛する人を残して逝ってしまいました。

遺体は一部しか見つからなかったそうです。

住山くんのお父さんは最近のビンラディンのニュースを、喜ぶ気持になれなかったと言われています。

生きて捕まえて裁判にかけてほしかったと言われています。

でも、私の周りのアメリカ人は口を揃えて
「裁判する必要はない。あいつが生きているだけで危険なんだから。日本の麻原彰晃なんて、あれだけのことをしてもまだ生きている。(あれだけのことをしたから、裁判が長くなってしまっているのでしょうけど)おかしいと思わないか」って。


確かにそれはいえますね。
娘の一人が「刑務所の父は待遇が悪くて可哀想」
なんて言っちゃってるんですもん。

はなしがずれてしまいました。

戦争経験をされた(空襲の合間を逃げた)お父さんは,ブッシュが始めた戦争も心を痛めていたようです。
必ず,罪もない市民を巻き添えにするのが戦争だということを身にしみて知っているからと言われています。



聞く度に心を動かされるジョンレノンの「イマジン」の世界を私達はいつか作ることが出来るのでしょうか。


それにしても、アラフォーのこの頃、同級生が何人かもう亡くなっているんですね。

自分だけは寿命がつきるまで生きることが出来るって、皆が思っていることではないんでしょうか?
日々、つまらないことで、怒ったり文句を言ったりしないで、なるべく笑顔で過ごしたいと思うこの頃です。

そうさ,と思う方ポチ感謝です~。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
にほんブログ村
FC2Blog Ranking



マウスコンピューター/G-Tune
デル株式会社

コメントの投稿

非公開コメント

9.11の目標にぶつかる前に墜落した飛行機のドキュメンタリーを最近オーストラリアでやっていました。そして、瓦礫の中から最後に助け出された女性がラジオでインタビューに答えていました。10年経ってしまったんですね。私の知り合いにニアミスで生き延びたオーストラリア人がいます。ミーティングが延期されたため、何時間かの差で助かったのです。お知り合いが犠牲になったというと、本当にショックが大きいと思います。何年たってもいろいろな面でなかなか傷が癒えない事件です。

<自分だけは寿命がつきるまで生きることが出来るって、皆が思っている>
その通りです。そして、死ぬ直前までそう思っている人だって沢山いるのです。今、普通に生きていることがとてもありがたいことだということを忘れてしまっていいる人が大半なのではないでしょうか?
戦争って、どっちが悪いとか正義だとかいえないところがありますよね。どちらも自分が正義だと信じて戦っているわけでしょ。そして一番の被害者は一般市民。すごく無意味でむなしいです。

他人事じゃなかったです。
この2日後に出張予定が父ちゃんにあり、もしかしたら巻き込まれてた可能性もあります。
何が一番大事なのかは「あぁかわいそうに」で終るのではなく、この日何が起きたのかをきちんと考え見据え、それを子供達に伝えて行く事と思います。
これだけの事を起こしても、相手側は未だに反省の色もみせず、当然の報いだと言い放ってるでしょう?
終結するにはいつまでかかるんだろう・・・と思います。

ひろりんさん
ミーティングが延びて、生き残ったその女性、まさに危機一髪だったんですね。ああ、そうやって、災難を逃れた人もきっと沢山いて、でもビルにたまたまいた大勢の無くなった方と、それは運命だったとだけ言いきれない虚しさがありますね。10年、本当にあっという間でした。亡くなった住山君のことは、一生忘れられないです。今でも笑っている顔が思い出すんです。
pharyさん
本当に戦争ッてばからしい。オランダの高官が、責任者の子供を最前線に送ると言う規則を作れば、この世から戦争は無くなると昔発言していましたが、まさにその通りだと思う。ブッシュなんてベトナムで兵役逃れをしたようですから。娘二人を最前線に送ると思ったら、他の手を考えていたに違いないですよね。
reeさん
旦那さん、危機一髪だったんですね。背筋が冷える思いですよね。そう言う体験があると、決して人ごとととらえられないですね。
戦争ッて、お互いの考えが決して理解出来ず、殺し合いになる。勝っても負けて両方に犠牲者がでるんですもん、本当にばかばかしい。戦争の恐ろしさを次の世代に伝えないと歴史は繰り返すと言われるように、reeさんの言われるように私達には責任がありますね。

911の傷は深いですね。911以降の傷も深い。
平和の実現って、なぜこうも難しいのでしょうね。

カノッチさん
戦争ッて,終わっても,何十年も傷が残りますよね。日本だってもう60年以上経っていても、心の傷や,体の受けた被害が2代目、3代目とひきづッているのですから。
アメリカも,その戦争で一部の人が沢山儲けたというなんともなさけないことも起きているんですから。
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード