国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 不妊治療を乗り越えて

不妊治療を乗り越えて

[不妊治療] ブログ村キーワード

友達が、2番目の子供を最近産みました。

ここに至るまで、長い道のりがあったんです。

長い不妊治療を乗り越えて、友達のテリーが赤ちゃんを生んだ話をしたいと思います。

彼女は帝王切開で37歳にして初めて子供を授かりました。

彼女はいろんな意味で強い女性です。

帝王切開なのに、たったの5日で退院して、(アメリカの病院では、標準らしいです。日本だったら最低10日は入院ですよね)片手にベイビイカーシイトに赤ちゃんを乗せ、もう片方に、大きなバッグを抱えていたのです。

ちなみにアメリカで自然分娩は2日か3日で退院だったと思います。

その日に退院しちゃう、せっかちもいるそうです。

日本の病院で私があった帝王切開をしたお母さんなんて、1週間手術からたっても切ったところが痛くて痛くて食後のお膳が持てず、他のお母さんが手伝ったりしていたのに。

その当時、近所に住んでいた私は、それを目撃し、驚いてすかさず走りよりました。

「助けるよ。そんなに持って大変!」

と言っても彼女は涼しい顔をして、

「大丈夫!大丈夫!」と朗らかに笑っている。

「だって、、痛くないの?」

「ちょっとね!平気、平気。麻酔がまだきいているしね!」
う~んアメリカの麻酔は強めなのかしら、、、?

でもテリーは只者ではありません。

実はその前に3度も流産をしているのでした。

こういう事はあまり知られたくないのかな?と思ったんですけどね、本人はいたって明るく公園で近所の皆に、べらべら経験談を語っていました。

アメリカ本土に住んでいた彼女は、陸軍少佐の夫と結婚する前まで他の国に行ったことがなかったという。
他の国どころか、産まれた「町」から一歩も出たことがなかったらしいのです。

でも結構、こういうアメリカ人は多いようです。

そうそう、先の副大統領候補のペイン氏も、そんなことを言っていましたっけ。海外に行ったことがないと、、。

そんな不安な彼女に、プロポーズの時に夫は「君がこの町を出たくないのなら、僕は引越しが無い仕事をさがしてもいい」とまで言ったのですって。
そこまで自分の為に、、。


おお!なんて女冥利に尽きる言葉でしょう。

彼女はこう思ったそうだ。

33歳までじたばた焦らず待っていて本当に良かった。

早く結婚した友達は半分以上(!)すでに離婚しているのだから!って。


その黄金の一言で、死ぬほど生まれ育った町から出るのは怖かったけど、彼女はどこへでも彼と一緒に行くことを決めたのでした。(何処までも着いていくという言い方は、彼女にふさわしくないんですね)

しかし、度重なる引越しでストレスがたまってしまったという。

最初の赴任地はあの、楽園のハワイだった。
新婚生活がハワイだなんて、素晴らしいと私は思ったのですが、、、。
新婚旅行でいってから、その後ずっと帰らなくっていいんですからねえ。


皆さん、ご存知の通りハワイはアメリカですが、それでも初めて知らない土地に暮らし、ストレスが溜まってしまったという。
強いわりには、ふっ、彼女ってとっても繊細なんですね。

やっぱり、実際旅行に出るのと、暮らすのでは大きな差があるらしい。

たとえ楽園のハワイでも、、ですよ?

そんなストレスのたまるハワイ生活の中、不妊治療をしてめでたくテリーは4度目の妊娠をしました。


続く


a target="_blank" rel="nofollow" _ href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=gyem51G7qcE&offerid=163487.10000160&type=4&subid=0" >
DHCオンラインショップ

テーマ : 国際結婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今は亡きダイアナ妃も第1子出産後、
翌日に赤ちゃんを抱いて、ワンピースを着て
パンストを履き、ローファーを履いて
病院から翌日退院してました。
アメリカ人の妊婦さん、出産後にハンバーガー
ムシャムシャ食ったりしてますね。
やっぱり、身体も心も強いと思います。
と思ってたら、今じゃ自分も心身ともに
アメリカ女性に劣らないくらい逞しくなってました。

No title

訪問ありがとうございます。
その下に%があると思うのですが、
その下に赤で白抜きのVisitがあると思います。
それをポチっとお願いします。

こんにちは!

ワクワクドキドキさん、お邪魔します!
「国際結婚ふだんの暮らし」のHiromiです。
今日はコメントありがとうございました。実は私、何度もお邪魔していたようです(^^;
すみません、コメ残さず(汗)

テリーさん、念願のお子様を授かって、本当に良かったですね!!!
しかし、麻酔が効いてるって…やっぱり、アメリカの麻酔は強そうな気がします(^^;
私は子供がまだいないので、いろいろと不安いっぱいですー
その時が来れば、強くなれるのでしょうか(笑)

また遊びに来まーす☆

こんにちわ。
今さらですが、追加情報?として。。。

アメリカは国民健康保険制度が無いので、お産は各自の持ってる保険次第です。
あまり良くない(入院費のカバー率が悪い)保険を持っていれば、お産したその日(詳しくは入院してから23時間59分後)に嫌でも退院させられます。何か問題があれば続けて入院できますが。それでもその際、「保険会社が支払いを拒否したら自費で払います」という書類にサインをさせられます。

麻酔ですが、多くのアメリカ人は無痛分娩を選択しますので産後の回復が早いですし(これも短期で退院できる理由の一つです)、分娩後も、日本人なら痛み止め無しで我慢するところを、痛みに弱いアメリカ人はモルヒネを打ったりして痛みから解放されようとします。びっくりするくらい麻薬を使用しますし、使用することにあまり抵抗が無い(というより、痛みから解放されたい気持ちの方が強い)と思います。

でもこれが、産後ウツの引き金になるというリサーチ結果や、また、入院中に麻薬を使いすぎて軽く中毒になる人もいます。保険会社のいうがまま、入院期間も短く、産後教育もあいまいなままで退院し、アメリカの妊婦には色々と問題が起こっているのが現状で、そういう意味では日本は至れり尽くせり、しかも医療費が格安で、本当に恵まれていると思います。

以上、ネガティブ面ですが気になってしまったのでコメントしてしまいました。

たまこさん、
情報ありがとうございます!そうですね,自然分娩は少ないようですね。私も迷いましたが,子供と私の体の事を考え,自然分娩にしました。無痛も注射が痛いとか、聞いたので,萎えてしまったのと,自然分娩に好奇心があったという事も関係するかもしれません。自分にあったお産が出来る現代に子供を産めるのは幸せですね。
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード