国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 子供を怒鳴ってもだめなアメリカ、足でけってもいい日本?

子供を怒鳴ってもだめなアメリカ、足でけってもいい日本?

先日、2週間だけ、人数が足りないというので子供達が日本の野球チームに参加しました。

基地のアメリカの野球のボランティアのコーチ(監督のようなもの)を5年しているデューク(夫)と私にとって、日本の野球の練習はとてもカルチャーショックでした。

というのも、基地の練習では、なんと「怒鳴ってはいけない」
とコーチ監督はスポーツ部門から警告を受けます。

でもね、スポーツで、しかも広いじゃないですか?
ついつい大声=怒鳴るはやむ負えないと思うのですが、、。

例えば、皆が集まっているのに長男がのそのそと歩いているとツイ大声で

「のろのろ歩くな~走れ~!」
と言ってしまっても、、
「大声出さないように、、」と言われてしまった経験があります。



それなのに

先日、日本の野球の練習中、小学4年生の男の子、、守備練習で、ボールを4回くらい取り損ねたんですね。
それでも、へらへらと笑っていました。、、恐らく照れ笑いだったと思うのです、、

するとコーチが、、
なんと両顔往復ビンタを2回、、そしてその子は地面に倒れて泣いてしまいました。

それなのに、容赦なく、その上からクリーツ(野球用の裏に走った時にすべらなうように出っ張りのある特別な靴)
で、2度もけりを入れられてしまったのです。

もう私はびっくりですよ。



ソレッて,,戦争中に,命が関わる訓練で、ボヤットしてて(そうでなくても言いがかりや八つ当たりもあったようですよね)殴る蹴るの名残でしょうか??
集団の命が関わる時なら,,とも思いますが、、

スポーツですよね??
チームの足を引っ張るから?

皆の前でそんなことをされたら、小さい子だってプライドはあるのに。。

アメリカは怒鳴ってもいけないのに日本は殴る蹴るも当たり前?となぜこうも両極端なんでしょうか?

同じ人間なのに、習慣や文化がこうも違いを産むのでしょうか?

大抵な事で私は日本びいきなのですが、、殴る蹴る、、こればっかりは嫌ですね。。

だからといってアメリカの、何でも楽しく三振しても、エラーをしても
「グッドジョブ~」

の世界も嫌なのですが、

丁度いい、真ん中っていうのがいいんですけどねえ、、、。

でもこの頃学校では先生が手を挙げてはいけないというようになって来たようですね。

新聞でも体罰に対して厳しい意見が出ていますが,根性を基本とする野球は,まだまだ昔の名残が残っているようですね。

話しはずれますが
あるプロ野球選手が,高校の時にホームランを打つたびに先輩にしっとされて殴られる、とありましたけど、これも正気じゃないですよね~。
殴った先輩達は、彼がプロで活躍しているときも嫉妬で殴りたかったのでしょうか?

それとも、こんなに活躍するのだったら殴らなければ良かったと後悔しているのでしょうか??




FC2Blog Ranking


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

中学の担任の先生が、びんたをする先生でね、でもクラスのみんなも親もその先生が大好きで、悪いんだから叱られて当たり前、って言う時代でもあったしね。
今はそうじゃないですよね。
まず子育ての視点が変わって来ちゃってるし、先生もサラリーマン的考えが強くなってるでしょう?

ゲームの方はね、練習では怒鳴らないけど、ゲームになると怒鳴らない訳にいかないんですよね。
だって子供達に聞こえないですもん。
でも決して怒ってる訳じゃないから、誰も不快に思わないんですよね。

びんたに足蹴り?
蹴りはまずいんじゃないかなぁ・・・。

え、いまだにそんなことあるんですか?日本もうるさくなったと思ってたのに。それ、先生変ですよね。そのうち問題になりますよ。
私も、アメリカ人の全く心のこもってない嘘くさい、誉め言葉嫌い~(笑)。
私も中学の時、部活で、体罰こそなかったけど、必ず、先輩が後輩を呼び出して、泣くまで罵倒したりとかありました。だからスポーツ嫌いになったんですよね。
アメリカはスー(sue・笑)の国だから、先生たち怖くって敏感だって聞いたことありますよ。なんていって訴えられるかわからないから、叱らないんですって。大声を出すのと、怒鳴るのは違うし、怒るのと叱るのも違いますよね。怒らなくても叱れるし、子供って正しく叱られる必要あると思うんですけどー。

いまだに日本でそんなことをするコーチがいるなんて考えられない。そのチームの親はなんともいわないのでしょうか?
学校の現場ではかなーーーーり前から体罰はご法度ですよね。廊下に立たせるなんてのも「子どもの学ぶ権利をとりあげる」ってことで禁止でした。万が一手を出したりしたら大問題でしたよ。
でもね、おドイツでも先生が手を出せないのを承知で悪さしたり先生に手を出す(時には大怪我を負わせたり)凶暴な生徒がいるんですよ。
<丁度いい、真ん中っていうのがいいんですけど>
まったくその通りです。

reeさん、
昔はいましたよね,そう言う先生。このコーチも60歳なのでその名残のような気がします。でも、ケリは,やりすぎですよねえ。
まだ相手は子供なのに、、。でも、その子の親は練習に来ていなかったから,,いまも知らないんだろうなと思います。
本当にアメリカッてどんどん過敏になっていって,,このままではどうなるのかという感じですよね。
アリスさん、
部活での上下関係ありました~。あれッて何なんでしょうね.親のいう事は聞かなくても先輩のいう事は聞くような子もいました(笑い)
そうそう、アメリカでは子供が暴れたら止めずに警察を呼ぶのも,下手に止めて,手が当たったとかいわれて訴えられたくないからとかって,,なんか歪んでいますよね.どこまで歪んでいくんでしょうか??恐ろしいです。
pharyさん、
その子の親はいなかったので分からないのですが,チームママは、殴られるのは原因があるから,仕方ないというような感じでした。もうアメリカとのギャップが激しくて,私はただおろおろしちゃいましたよ。自分の子だったら、,出て行ったでしょうね。。やめて~って。。
先生の正当防衛認めないと,やってられないですよね。お気の毒ですよね。

チームによるのではないかな。サッカー人気のお陰で野球をやる子供がへっているから,逃げられないように優しく育てている野球チームも多いようですよ。
一方で、グラウンドから飛び出したボールが人に当たっても謝りもしない子供、謝るよう教えない指導者に先日遭遇しました。
日本のスポーツは礼儀正しさを最初に教えるのが普通なのですが、いろいろなようです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

往復ビンタに蹴りって、それはどこかに通報したら今の日本でも大変なことになるんじゃないかと思います。

昔の日本でもあまり手を上げる先生は少なかったように思います。廊下に立たされたり、教室の前に立たされたり、どこかに座らせられて見世物にされたりぐらいだったでしょうか。

でも、中学の時に先生が男子生徒にビンタするのを見たことがあります。それは馬鹿な男子生徒が2階の窓から外に出て、落ちるかもしれないのにちょっとしか幅のないところを歩いていたからです。先生に後ろから首をつかまれ、教室にひきずり入れられて、「お前、落ちたらどうするんだ?何をしてるか分かっているのか?」バシ、バシ!!みたいな…。その先生は専任ではなかったのに、自分の首をかけてビンタしたのです。そして、その先生には全くお咎めはなく、他の生徒も、ブラボー、いかすぜ先生!と思ったのでした。

あ、アメリカもうるさすぎますわ。大声を出すこと、必要な時もありますよね。

カノッチさん
そうですね、殴る蹴るのチームばかりではないでしょうね。そんな事をしなくてもきちんと教える事は出来るはずですもんね。本当に子供のころのスポーツッて、社会の縮図みたいで、礼儀とか我慢とか精神を養う良い修行の場ですよね。そう言う時に、良い指導者と出会える子供は幸せですよね。
yamu さん、
そうなんですよね.私の子供も、2週間だけのゲストだったのに前からいるメンバーが何も言わないのに私がいえる立場ではないなと、日本人感覚(?)が邪魔してしまいました。。たとえ自分の子供もでなくても,,大人が守ってあげれば良かったかなとも。厳しい練習ッて,高校生くらいからですよね.その前からだと嫌いになってしまう可能性が多いですよね。それでも,殴る蹴るはいけないですよね。
そうですね,日本にいるとどうしても悪い事が大きく伝わりやすいので,そう言う印象があるのですが、そう言う健全な心をもった子供と接すると嬉しくなりますよね!
ひろりんさん、
その先生は,愛の鞭ですね!ビンタくらい、死んでしまった事を考えればそのくらいの痛みを感じろ!ということだったのでしょうね。そう言う先生は生徒から人気があるのッて分かるな~。情熱をもって指導している先生ッて素敵ですよね。

今時そんな体罰する人がいるんですね。
てっきり昔の話しかと思ってしまいました。

まあ、このご時世あえて体罰をするのは愛のある人だと信じたいところですが・・。

ALMIA さん、
私も,目の前で起こった事が信じられなくて,,ただただ唖然としてしまいました。そんな事をしても,野球が嫌いになるだけですよね。。

ビンタに蹴りは、暴力でねじ込める、一番卑怯なやり方ですよね。ビンタは愛のムチと言い訳できるかもだけど、蹴りは完全にそのコーチの個人的な怒りの矛先が向いただけのような。

プロ野球のお話、ありがちだなーと思いました。
日本は、「ねたみの文化」ですからねぇ。。。
それに気が付いていない日本人が多いのが、非常に問題だと思うのです。が、私のような海外暮らしの日本人が、日本人批判的なことを言うとねじ曲げて捕らえられてしまいがちなので、リアル世界では口にしませんが。。。この「ねたみ」部分が色々な部分で、日本という国の発展を妨げているように思います。

その日本人の監督さん、場所柄わかってないですね。
「日本であっても日本ではないよ」って・・・。

しかし、殴るケルは問題だと思いますがね。
まわりのアメリカンたちびっくりしていなかった?

たまこさん、
愛のむちと、怒りをコントロール出来ない大人の犠牲になってしまう子供では余りにもさがありますよね。本当に蹴る、はあきらかに大人のストレスのはけ口です。そう言うコーチは尊敬できませんよね。
そうそう、海外に住んでいたり,外国人を夫にもつと、日本批判はしにくくなりますよね。それこそ、客観的にみられる立場なのに残念ですよね。
ゆりだんさん、
このコーチは,日本の野球のコーチで,私達が2週間ばかり日本のチームにおじゃましただけなんですね。
なので私達は,ゲストだったので,私も口出しが出来ませんでした。チームの他のママが何も言わないのに,,突然きた親が言うのも,,と思って我慢したのですね.でも驚きました。。

ちょっと出遅れました。
でも驚きと言うより、かなしいです。
私はまだ6歳なってたかなってないかの頃、従姉妹を真似てピアノを習いだしました。しかし同じ先生ではなく私の先生は、間違えたら手を叩く人でした。
毎週習い事に行く時間が怖かった。


練習しても練習しても先生の顔を見ると怖くて。。。
結局、止め、音楽演奏自体がはっきり言ってトラウマです。
独学でひけるようになりましたが、旦那の前でも X。子供だけに。
ちなみに従姉妹2人は、世界で活躍する音楽家CDも出すほどの姉妹です。

上のコメの方のように命にかかわることなら、まだしも、
へらへら笑いなどで体罰はあってはならないと思います。 大人が、気に食わないからと暴力で解決するから子供もそれを真似してる世の中だと思います。

皆様のと同じく、真ん中って言うのないんでしょうか。

でも私なら、ゲストであれ、知ったこっちゃない。
抗議がおかしいってなら、目には目を...蹴りには蹴りを。。。と叫びながらその男蹴りに行ってるな。
きっと私はやっぱり出る打つクギた。

カントリーママさん、
そうですね、私のピアノの先生は物差しでピアノのはじを叩く人で,それだけでも怖かったですもんね。恐怖があると,伸びるものも伸びなくなるでしょうね。
確かに,私だからこそ,言えた、、言うべきだったかもしれないですね。ただ、余にも私はそれこそ人生初めてそんな事を目の前で見てしまって,ただただ驚くだけでした。自分の子だったら、絶対言ったのに,よそのお子さんで,という事で二の足を踏んだ私の気持に対して落ち込んだ日でもありました。
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード