国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 日本の子は意地悪って,,パート2

日本の子は意地悪って,,パート2

前回からの続きです
なぜ、Y君のママは日本の子は意地悪と思っているのか、、??

ここ迄愚痴を言われると
「日本人嫌い?」
はっきり聞いちゃう私です。
皆さんも聞きたいですよね?

「え?そんなことないのよ。日本人はとても親切な人が多いしとても好きよ」

さすがに,私の質問に焦ったようで,無難な返事をしましたね,Y君ママったら。

「でもね、、、」
きたきた、、Y君ママの心の奥に潜んでいるもやもやを話してくれました。


Y君の両親は、基地の外に住んでいます。

なので当然周りは日本人だらけなんですね。

ある日、Y君が誰かと遊ぼうと思って、サッカーボールをもって公園に行ったそうです。

そこには、3人の日本の子供が丁度サッカーで遊んでいました。

Y君と同じくらいの年齢です。

Y君は自分もいれてもらおうと思っても日本語ができません。

それなので、一緒にボールを蹴ろうとしたら、嫌な顔をされたというのですね。
そして仲間に入れてもらえなかったと、、、。
そう言うことが,何回かあったようです。
近所に遊ぶ人がいないんですね。


だからY君のお母さんからすると日本の子は意地悪になってしまうようです。
そして、Y君の家の前に、お菓子のふくろや缶を捨てずに放り投げていく子どももいるとか、、、。


それはもちろん、ゴミをきちんと捨てなで掘り投げる日本の子はいけないです。
恥ずかしいことです。


遊びの仲間に入れてもらえないのも残念です。

でも子供の世界って、何かきっかけがないと仲良くなるのは難しいことってありますよね。

もちろん、Y君がボールをもって公園に来た時に
「よし、君も一緒にしようよ」
と爽やかに声をかけられる子供はとても素晴らしいと思います。

でもなかなかそうはいかないですよね、、、。
漫画の主人公にはいそうですけど、、。

決して意地悪しているつもりは日本の子にないと思うのですが,,他の子供の気持を考えるという余裕がないんでしょうね。
私が日本人だから日本人の子を庇う訳ではないのです。
この程度のことは,他の国の子と同じだと思うのですね。


じゃあ,アメリカの子は日本より優しい?
アメリカで、アメリカの子供は公園で一人でいる子供に優しくできるのかというと、、、?なのではないでしょうか。

ここまではさすがにY君のママには言えませんでしたけど、、。

結構子供は自分のことで精一杯な所もありますよね。
年齢もあると思うのですが、ちなみにY君、10歳です、、、。


でもこのことは、考えさせられました。

確かに、夫の仕事の為に好きでもない海外生活を強いられているアメリカ女性なら何か文句の一つも言いたくなるのでしょう。
知り合いで,ストレスのため80キロ増えた人がいます。

80キロになったのではないですよ,増えたのです~。

近所に外国人とつき合うことが好きな日本人がいるアメリカ人はとてもラッキーです。
一緒にどこかに行ったり,着物をもらったり,お互いの家で食事をしたりと、そういう交流をして日本が大好きになったアメリカ人の奥さんもいますから、、。

Y君のママも,そういう近所の人と巡り会わなかったのは、不運だったなあととても残念ですね。

そう言う出会いがあるときっと違う目で日本を見ることが出来て,滞在を楽しめたのかも,,と思うのですが,,でもこの人のネガティブ思考からして,それも余関係ないのかもと思ったりもして,,.


どんな出会いでも,その人の受け方が大事ですもんね、
何か今日は結論づけたくなっちゃいました。

でも,この人も結構素晴らしい面もあったりするんですね。
次回はY君ママのいいところを紹介します。

人間誰でも、いい所はあるんですね~。


そう思う,と言う方ポチッと押しちゃお~



FC2Blog Ranking


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ



ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】


春から夏にかけて,くびれを作れたらいいな~。
冬と違って,,隠せない季節がやってくる前にくびれよ~!

ベージュと。LLサイズもあります
激安通販下着
薄型くびれ美人 ブラック M-L

テーマ : 国際結婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このお母さん、早い時期にワクドキさんみたいな人に出会えばよかったのにねぇ。
普通に引越ししただけでも馴染むまで時間がかかるくらいですから、やっぱり違う人種の中にポンと入ってそうそう簡単にうまくいくものじゃないですよねぇ。
私もBのとこに嫁いできてウキまくりですから~。
なんでも前向きに考えないと自分の為にもなりませんね(と、自分に言い聞かせている)

しかし、80キロも太っちゃった人スゴすぎーっ!

No title

これはむづかしい。小さいときならまだしも、10歳ぐらいになっちゃうと言葉が通じなければなかなか楽しく遊ぶのはたいへん。Y君もせめて片言でも「僕もサッカーしたい。」ぐらい言えたらいいのに。そこまではだめでも「ハーイ!」とか明るくあいさつしてたらまた違っていたかもね。
ところで↓記事の中の
<辞めたら辞めたで挨拶くらいするのが礼儀>
ってとこですが、こちらのスポーツクラブなんかの感覚ではそういうことはしないと思います。事務的に退会したらそれで終わりです。日米の習慣の違いですね。

それにしても80kgの増加って、、、、e-263
これから私3㎏ぐらい増えてもどうってことなくなりそう。

海外暮らし

>この程度のこと、どこの国の子供でも同じ。
その通りだと思います。子供の世界はわからないけれど、それに、やっぱり、差別は避けて通れないものだから、言葉や外見の違いで避けられることもあるでしょう。
よく授業で、「白人がアメリカでどれだけ優遇されているか、生まれたときからその環境にいて当たり前だと思ってるから、気がついていない」ということが言われていました。そういう環境から、マイノリティになるのは、劇的ショックなんでしょうね(私がそうだった)。
でも、その環境から何を学び取って、何を得るのかは自分次第なんですよね。その部分を親が理解して、子供を閉じ込めてしまうのではなく、良いことも悪いことも含めて異文化体験を促進してあげられれば、良いのですが。普通はなかなか難しいんでしょうね。私の知り合いは日本に8年住んでも、アメリカンスクールに行って、一言も日本語がしゃべれないというし、逆に数年でぺらぺらの人もいるし。前の会社の米人役員達は高校生みたいに団子になって、日本人と交流しようとしなかったし。私の知り合った米人が、見方を変えればいい人なのか、アメリカ的な行動も、どうにか見ればよいものに見えるのだろうか、とぼんやり考えることはあります。人間って主観にまみれてるから難しいですよね。海外適応って段階があるって聞きましたけど、だれもが通る道なのかなぁとも思います。

はじめまして

ブログランキングからこちらにたまたま来ました。
私はマニラに住んでいます。フィリピンはアメリカのコモンウェルスだった為、非常にアメリカ的な部分が多い国です。今回の記事と、その前の記事と読んで、やはり、ある意味、お互いにカルチャーショックなのかな、と思いました。お互いにと言うのは、Y君のお母さんと、その周りの人です。

日本の両親は3年間マニラで同居してたのですが、日本に帰って一番慣れなかったのが知らない人同士が笑いかけて挨拶しない事だって言ってました。アメリカに住んでた時も挨拶、笑顔、「良い日でね!」みたいなのは日常でした。だからって親しいとか、親密になるとかではないけど、表面上は人当たりがいいです。

子どもを褒める、でも甘い、って言うのは本当に私自身はそんなには賛成出来ない部分もあるけれど、確かにそういう人、多いと思います。特にアメリカで育った子は我がままな子が多いし、親も過保護に気づかない人が非常に多いです。根気もないし、継続は力みたいな信念もない人が多いです。アメリカという社会はものすごい格差社会で、教育ママならぬ、教育両親は小さい頃から英才教育して、ハイスクールはプレップスクールに入れ、一流の大学に入れるのに必死で教育します。日本は皆、平等の意識があるけれど、アメリカでは共和党と民主党かでも社会は分けられているし、目に見えない格差は沢山存在していて、一緒に何かをしても、本当の意味で交わってない人の集まりだと思います。

それと、お礼についても、日本人の私たちからしたらそうですが、賞状などは辞めてしまった人に送る必要はないわけだし、従ってお礼をする義務もないという考えなのではないでしょうか。たまに律儀にお礼をする外国人の方もおられますが、そういう方は共和党の方だったりするのでは。。私は長い間マニラで塾をしていて、日本人とフィリピン人と両方教えていましたが、フィリピン人の場合、賞状だろうが、昇格賞だろうが、辞めてしまった場合、興味がないから取りに行きませんという親が多かったです。だからせっかく筆で書いた賞状でも捨ててました。あくまで一般論ではありますが。

No title

あはは~、実は先日、アメリカ女って図々しくて気が強くて、なんも自分が一番だと思ってるから嫌い、ってダンナに愚痴ったばかり。
日本人の子はシャイな子が多いですよね。
だから自分から知らない子に声をかけるなんて、なかなかない事。
マナーは家庭のしつけの問題であって、国籍じゃない。
でも、アメリカの子は人の家に来て勝手に冷蔵庫を開けたり、おやつを催促されたり、遠慮を知らなすぎ。

No title

pharyさん、
Y君は近所に遊ぶ人がいないのはかわいそうですよね。でも、近所なら,親同士で交流があれば,子供も仲良く成れるチャンスがあるのになあと,残念です。
ドイツもアメリカみたいなんですか。何となくドイツは先生に早める時お礼を言うのかなと思っていました。何となく,律儀な国民に見えました.でも私は2年半しか住んでいないので,一般の人の生活を深く知ることが出来なかったのが今でも残念です.せめて5年はいたかった、、、。
アリスさん、
外国にいたらその国の人と交流は醍醐味ですよね。親が積極的になれば,周りも変わると思います。確かに10年以上日本にいても日本語を全然話せないし,アメリカ人とばかりくっついて日々過ごしている人いますよね。勿体無いなあと思っちゃいます。日本人は,,とか,アメリカ人はとかってカテゴリーに入れると中々難しいですよね。でもY君は将来,日本にいたけど,日本のことは全然知らないし,日本人は意地悪と思うのはとても寂しいですね。
菜の花さん、
フィリピンの人もとても社交的ですよね.そう言う所がアメリカっぽいなあと思っていましたが、先生に対してもアメリカナイズされているとは,ちょっと驚きました。やっぱり国の主な宗教の影響でしょうかねえ。
確かにアメリカは共和党民主党と,親の代から引きついでいる所もありますよね。所謂エリートはエリートで、ハーバード出の親ならハーバードに子供が入学しやすいとか,そう言う意味では日本の方が平等なのかなと思ったりもします。
ree さん
アメリカに住んでいると,色々と見えるのでしょうね。デュークも姉妹が3人いて、アメリカ女性のことなら(特にマイナス面)何でも分かっていると豪語しています(笑)確かに,スリープオーバーとかで来る子供は生意気~と思うことかなりありますよ。朝のパンケーキにメイプルシロップのブランドを指名された時はひっくり返りそうになっちゃった。何じゃお前はどっかの国のプリンスかって、、!

No title

あ~、嫌な経験があったんですね。でも、そういうのは本当に個人的な経験によるもので、日本人が特に外国人嫌いというのとは違うような気がします。

私が小さい頃(5歳ぐらい)、アメリカ人の女の子が私の叔母の家の近くに住んでいました。私はその子と遊びたいがために、叔母の家に行った時には必ずその子の家を訪ねたものです。お母さんも全然日本語が分からない。そして、その子(ステファニー)と遊ぶのに、カモンしか言えなかった私は、今でもどうやって遊んでいたのかなと思います。その後、アフリカ系アメリカ人の男の子(ジュニア)がその家に引っ越してきました。その子と遊ぶため、私は野球までやろうとしたのです。(5歳で!)

ということで、外国人の皆様には日本でいい思い出作って欲しいです。日本人って結構親切だと思うんですけど、どうなんでしょう。オーストラリアでは外人が多いので、特別に遊んでくれようなんてことはないです。

No title

ひろりんさん、
Y君も周りに,外国の子供と遊びたいという積極的な子供がいたら,全然日本の滞在が変わったでしょうね,そう思うととても残念ですね。言葉なんて話せなくても子供は遊べるんですもんね。
こちらは田舎なのですが、基地があるので,地元の人はアメリカ人になれているはずなのですが,交流は一部の社交的な人に限られているようです。
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード