国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 中華料理屋さんでデュークの驚きの行動

中華料理屋さんでデュークの驚きの行動

もう、私とっても恥ずかしいんですけど,でもよく考えたらデューク(夫)が正しいのかも,でもやっぱりこの人変かもという事件がありました。(ながい、、)

悪夢の夜です、、。
中華料理屋に行きました。

ファミリーコースというのがあったので,それを注文したのですね。

ああ,写真,,,すっかり忘れてしまってブロガー相変わらずの失格者ですね。


気を取り直して,この事件の報告をしようと思います。

お皿をなめるようにすべてを完食した後,デザートのお時間です。


ところが,このファミリーコース,この少子化に合せて,デザートは3つしかつかないというのです。
何時もは,デザートなんてついていても食べないデューク。
なぜ今日に限って?



私だけだったら,あ,そうですか,お店がそう言うのなら仕方ないな,っち,くらいで,もう一ついわれる通り素直に追加注文していたのですが、


デューク,なぜか怒ります。



メニューに,3、4人前と書いてあるので,デザートは3つまでというお店の主張に怒ります。

真面目そうな中国の留学生、、


「だめです。デザート、絶対あげれません」


そ,そんな,,言い方きついです~。
でも分かるわ、だって,あたなは留学生。毎日日本語習っているんですね。しっかし臨機応変に口から言葉がでないのよね。

『あげれませんなんて,失礼な言い方だ!」

デュークがしつこく文句を言うので女将と留学生タッチ交代。


そこでもこの店の女将、
「でもですね、、、」
デュークをなんとかデザートなしでやりくるめようとします。

デューク

「でもじゃなーい!だったら,デザートは3人分だけと書くべきでっす」

女将
「はあ,,確かにでも、、、」

ここで何時ものパターン
一生懸命デュークが日本語で話しているのに,なぜか私に助けを求めようとする女将

「ちょっと、今僕と話をしています。奥(私)さんは関係ありません。僕と話をして下さい」


女将、気を取り直して今度はデュークに英語で話そうとします
「英語で話さないで下さい。日本語分かりまーす!!」

もうデューク,お怒りモードにはいって仕舞いました。

ああ、、そうなんです,なぜか日本人の皆さん、デュークが日本語を話しているにもか変わらず,英語を話そうとするんです。


なぜ?

おれ様も英語を話せるんだ,と言いたいのでしょうか?
ここで英語の練習ちゃっかり無料でしちゃおうと思うのでしょうか?
この変な外人、日本語分かるみたいだから,英語で試してみても多少は通じるか知らん,と思うのでしょうか?
この外人の日本語下手だからおれ様が英語で話してやったらこいつ、感謝するかなと思うのでしょうか?


お願いします。


日本語で話しかけて来たら,日本語で話してやって下さいね~。


え?デザート?

アドバイス料として一つもらいましたけど
「アドバイス料としてあげますよ」
ってあくまで,上から目線の女将、、。

そしたらデュークったらもう食べる気しなくなった、だって。

子供じゃないんだから、ここまで大騒ぎしてようやく手に入れたんだから責任もって食べろ~!
と,私は発狂しそうになりましたさ。

とても疲れた夜でした。

もあのレストラン、,もう行かないと思います、、、。

デザート一つでこんなことになるとは、、、。

こんなこと言っては何ですが、原価は多分10円もしないと思います。
ただ、ジュースをシャーベットにしただけですから、、。

でもねえ,私がオーナーだったら,柔軟に対応すると思うんですよね。
せっかく来てくれたお客じゃないですか、、。

ああ~でもデュークって、たまに変なことで労力を使うんですよね。
やっぱり普通文句言わないですよねえ、、。

言いませんよね



私に同情のポチをくだされ、、。



FC2Blog Ranking


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ



内側にも外側にもポケットがあって,本当に使えるバッグです。
軽いし,丈夫で雨の日も心配ないので大活躍!

ゲラルディーニ新作通販

Gherardini(ゲラルディーニ) ハンドバッグ 1072 00001 TESSUTO SO


テーマ : 国際結婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うん、普通は言いませんね。
デュークさん、まるでウチの父親みたい!
外食で家族の団らんを楽しんでるっつーのに理不尽と思ったら黙ってられない。
家族固まる。。。ってカンジでしょ?
空気読もうよ、と家族としては言いたいですね。
でも、そんなデュークさん嫌いじゃないです。
日本語でがんばるところもいいし。(日本人は外人と見ると例え日本語ではなしても英語で返そうとしますよねぇ)
ってか、融通利かなすぎぃー、その女将さん。
そしてウケる~!食べる気を失くしたデュークさん!(大爆笑)

No title

え~、これ絶対にレストランの対応が悪いですよ。おドイツじゃなくて日本のレストランでしょう?メニューは「3~4人分」って書いてあって、ワクドキさんとこはお子さんも含めて4人だったんでしょう?だったら最初から4人分出すのが当然じゃないですか。しかもたかだか原価10円ぐらいなんでしょう?なにも10個もくれって言っているわけじゃないし。たとえ3つしか出さない方針だったとしても、サービスで出してやるのが商売ってもんでしょ。それなのに「アドバイス料としてあげます。」ってお客を馬鹿にしてるにもほどがあるわ。これじゃ私だって文句言うわ。
デュークさんはデザートがほしかったんじゃなくてお店のサービスの悪さ、対応の悪さに怒ったんだと思いますよ。
<日本語で話しかけて来たら,日本語で話してやって下さい>
これ、日本人にありがちですよね。外国の方を前にすると自分の日本語も変になっちゃうから話にくいのなんのって、、、。(←経験あり)

No title

もしかして、デザート作った数が少なくて、ここで4つ出すと、足りなくなっちゃうとか?(笑)

日本語話してる外国人に英語で話す、っていうの、場面によって理由はいろいろだと思うんですけど、見かけが外国人だと日本語を話すのに違和感がある人って結構いるんだと思うんですよ。なんとなく、自分の言いたいことが言えなくなっちゃうような気がしたり、相手が本当にわかっているのか不安になったり。場数を踏めばどうってことないんでしょうけれど、慣れてないと、特に考えもなく英語になっちゃうのでは?特にこういう場面で、自分の主張が通らないとなると、言葉の問題で理解してもらえてないんじゃないだろうか、と思って、英語にしたくなるんでしょうね。

そういう気分は理解できるけど、外国人だからって英語を話す、それはいいことだとは私は全然思ってませんよ。ここは日本なんだから日本語で話すべし。話せない人のほうがへりくだるべき、と思います。外国人だからといって英語を話すとは限らないんだし、いきなり英語って言うのはすごーく失礼なことだと思います。

No title

こんばんは
これ、すごくわかります!
ものがほしいんじゃなくて態度に腹がたってしまうもの。

同じよう名な(もっとひどい)無礼があったとき。
やられたらやりかえすのが我が家流。
4人そろって 「随分丁寧なおもてなしをしてくれますことね」
 「上司よべよ、あ?」(紳士的口調で)。
泣いてました。 しったことか。 お金なんぞ頂いておりません。

いやいや

いやいや、きっと、外国に住む日本人もデュークさんを見習うべきかも。私の場合、英語が話せないと決め付けられることはないけど、彼の目しか見て話さない人多いです。
アジア人が怖いのかな?!
あと、ちょっとしゃべるとめんどくさくなって、彼に話しかける人も。
きっと、そんなものなんですよ。

No title

この対応は、とても客商売とは思えないですね~。
私達も時々ファミリーメニューを頼むけど、3~4人分と書いてあっても、時々義母も入れて5人になるんですよ。
その時はちゃんと5人分のデザート、出してくれますよ。
あ~、分かる~。
日本語で話してるんだから日本語で、って言うの。

ストレートなお怒りごもっとも

いやいや、日本だけでなくてもどこでも怒っております。似たようなことが日本でありましたが、田嶋陽子先生が師匠?といわれるくらい怒りました。これでまた女性なんだから、と言わてたらちゃぶ台ひっくりたいしたいくらい怒ったのでは。でも声は丁寧、どなりませんです。。
こういうのをへそで茶-沸かすサービスと呼んでおります。
デュークさんに乾杯~!!

No title

皆様コメントありがとうございます。読んでいただいて私何だかすっきりしました。
シンタさん、
お父さんもそうだったのですか?私の父もそんな感じ。夫までこうとは思わなかったですよ、、。
子どもは可哀想に固まっていましたが、私は余りにもばかばかしくって何だか笑ってしまいました。
そんなデュークを好きと言って下さるシンタさん、そんなシンタさん私すきです。
phary さん、
嬉しいなあ、、phary サンの怒りの気持、すごく伝わって来て今回記事にして本当に良かったと思っちゃいました。やっぱりこのレストラン変ですよね?
アドバイス料にもおどきました。何だか,うるさいからくれてやる的な感じが伝わって来たんです。もう絶対にいきません~!
まじょりさん、
そうなんですよね、その日本人の気持もよおく分かるんですけど、一生懸命日本語で話している外国人の気持にもなって頂戴と言いたくなっちゃいます。まあ、お店の側としては、文句は言われるわ、たどたどしい日本語で会話しなくちゃいけないわで、とてもめんどくさい客だったんでしょうね、、。
これでも長年つぶれずにやっていける所が、すごいですよねえ、、。安くて美味しいんです、、く、くやしい。これでサービス良かったらもっと流行るのにと何時も思っていました。
dojihimeさん、
そうなんですね,ものではなくその態度に怒ってしまったんですね~。女将の態度でバブルパンチでした。デュークは一生懸命私に同意を求めて来たので最後には私も一緒に怒ってしまいましたよ(笑)サービスのいい日本で珍しいですよね、こんな店。dojihimeさん、かっこいいわ、デュークと気が合いそう。
アリスさん、
めんどくさくなるって言うのがあるんでしょうね,確かに。横にイル奴とさっさと話したほうが速いって、一瞬にして判断しちゃうんでしょうね。外国人との付き合いがない人ほどそうなるのでしょうかねえ、、。
ree さん、
そのレストラン最高ですね,そうでなくちゃねえ,せっかくのお客にサービスしないともうこなくなっちゃいますよね。
そこって,安くて結構美味しいから,またいきたいんですけど、こんなことがあったから二度といくきがしなくって,,残念!!
yamu さん、
田島先生、私結構好きでしたよ~。この頃あんまりテレビに出ていないので残念。あああやって怒っているのを聞くと何だかすっきりすることがありましたね。デュークも怒ったかいがありました。賛同していただいて私も何だかすっきりです。

No title

少子化に合わせてデザート三つって、やっぱり納得いきませんね。サービス、悪すぎ!

それに、日本語で話す外国人に英語で返すのも...何なんですか、それ?日本ですよね。日本語で話してくれる人には、日本語で返すべき。

お疲れ様でした。全部ポチしておきました!

No title

ひろりんさん、
サービス、きっと日本で3本に入る悪さです、きっと。
外国の人が日本語で話しかけたら、私も日本語で話すようにしていますが、日本人もきっと悪気はないんでしょうね,私もツイ英語になりそうになったこともありましたからね、、。習慣なんでしょうかね、、。
ポチ、ありがとうございます!私もお礼にうかがいます~!

>「ちょっと、今僕と話をしています。奥(私)さんは関係ありません。僕と話をして下さい」
>「英語で話さないで下さい。日本語分かりまーす!!」

あー…これよく聞きますねw
どっちも同じですよ。
要はコイツに話しても埒があかないと思われたということです。
言ってることが通じないから連れの日本人に説明を補足して欲しいと考える。
どうしても本人と話さなければならないなら、本人の母国語で話せば或いは理解してくれるかもしれない。

隣の連れに話しかけられる=日本のマナーを理解できない困った人だと思われている
英語で返される=日本語能力が足りなくて話にならない

だとお伝えください。
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード