国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 性的虐待4危ないところでした。児童ポルノ禁止法改正案の必要性

性的虐待4危ないところでした。児童ポルノ禁止法改正案の必要性

これも実際に、数年前にあった話です。
思い出すだけでも鳥肌がたちます。

某国に駐在していた時のことです。
戦争博物館にいきました。アメリカの基地のなかにひっそりとあるのですね。

戦争の時の武器や、兵士の身の回り品や歴史を学ぶ資料館がありました。

うちは、男の子3人、あ、デュークと(夫)二人の男の子がいますから、こういう場所は大好きなのですね。

そのとき、館内はがらがら、、。

館長自らお出ましで、色々説明してくれました。
そして、館長はとても穏やかな子供好きのおじさんに見えたのです。

その時は、、。

私の、長男や次男を、座っている自分の膝に乗せてくれたり、とても親切でした。


ところが、、まさにその一か月後、基地の新聞の一面にでかでかと彼の写真が、、。


子供のポルノの写真をインターネットで集めていたということです。
FBIがそれに気づき,おとり作戦をしました。

「私の娘の写真を,撮らせてあげる」

というメールに引っかかり,彼はアラバマまでわざわざ行きました。
そして,そこで待っていた警察にまんまと逮捕されたのですね。

日本も,ようやく子供をポルノから守る動きがでました。

児童ポルノ禁止法改正案ですが、麻生首相の異例の解散予告で,廃案になってしまいます。
与野党協議が進んでいたので総選挙後の新たな政権のもとで是非とも再度再考してもらいたいものです。


話は戻りますが、本当にショックでした。

評判のいい人だったんですよ、本当に。
クリスマスには、サンタクロースにもなっていました。

いつも、子供達から人気があって、子供達に囲まれていたと、その人を知る人達は口を揃えて言っていました。

皆ショックを受けていました。

人は見かけによらないのです。

人を疑うのは悲しいことですが、警戒心を持つようにしなければならないと本当に実感した事件でした。

疑うことと警戒心は違うのですから、、。

レイプも、知り合いからの被害が一番の率なのです。
親戚のおじさんやら,友達の兄弟、同僚、、、などなど。

やはり,警戒心です。

この人なら大丈夫、,その一瞬のすきが,人生を変えてしまうかもしれません。

口を酸っぱくして,子供達に伝えなければならないことだと思いました。

そして同時に性教育も大事ですね。






皮膚科医も絶賛!アンチエイジング・スキンケアb.glen

オーダー殺到、セルライト撃退 b.glen 痩身スリミングクリーム



テーマ : 国際結婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

そう言う下心があるって、一種の子供好きには変わらないけど、親も油断しますよね。
うちもいつも話してますよ。
家族以外の膝に乗らない、ベタベタしない、って。

reeさん、そうなんですよ,油断してしまいました。日本のように治安のいい所に住んでいると,感覚が緩みますね。海外に行った時にも一貫した行動が出来るように日々の生活も気をつけなければと痛感しました。

読まさせていただきました!
応援クリック!

Re: タイトルなし

> 読まさせていただきました!
> 応援クリック!
ありがとうございます!私もクリックさせて頂きましたが。コメント残せず申し訳ありません。(ライブドアにサインインしていないので、、)

嫌ーーー!!変態過ぎますそれ。
何で子供なんですかね?
一見いい人そうだと、こっちも油断しちゃうので、怖い。
でも何で基地の新聞に投稿したんだろう、、、バカだな。

miyaphongさん、基地の新聞には、逮捕の記事として載ってしまったのですよ~。情けないですよね、本当。でも、写真を見て本当に驚きました、、。信じられませんでした、、。

子供を狙うのは卑怯過ぎますよ。
そう言う人は大抵自分が社会的に弱いから、
ストレスを抱え込み、
自分より更に弱い存在を狙うのよ。
そういう罪への処罰は普通よりもっと、
厳しくするべきだと思いますし、
それを公衆に知らされるべきです。

Re: タイトルなし

> 子供を狙うのは卑怯過ぎますよ。
> そう言う人は大抵自分が社会的に弱いから、
> ストレスを抱え込み、
> 自分より更に弱い存在を狙うのよ。
> そういう罪への処罰は普通よりもっと、
> 厳しくするべきだと思いますし、
> それを公衆に知らされるべきです。
本当ですね。虐待を受けた子供の一生を台無しにしてしまう可能性があるのですから、同感です。大人が守らないといけないことですね。

何で

実際に子供を虐待したとかなら分かるんですが、
なぜ子供の写真をネットで集めてただけで、「悪い人」
となってしまうんでしょうか。

しかも、それをおとり捜査で捕まえてしまおうなんてやりすぎで、やっぱりおかしいと思います。

最近亡くなったマイケルジャクソンに対して名前は忘れましたが、あるアメリカのお偉いさんが、
「彼がなぜここまで評価されるのか、あいつはしょせん、
小児性愛者なんだ」みたいな発言をしました。
マイケルが実際に少年好きかどうかは確証のないことですが、
私は彼が仮にそうだったとしても、別にいいじゃない、って思います。
彼だって人間なんだし、そういった欲望があることだって自然なことだと思います。

(日本なんて少年好きの爺さんが芸能界を仕切ってるのに。笑)

そういう趣向があるだけで、その人の人格全てを否定され、悪者にされる風潮はおかしいと思います。

子供の人権、子供の人権って言うけれども、そういう人たちの人権は?
子供だっていずれ大人になるんですよ。
親である自分や世間が望むような、「キレイな大人」ではないかもしれませんよ?
自分の親や兄弟、子供がそういった事をやっていたら、
堂々と警察に突き出せますか?

最近、日本でも話題になる児童ポルノ改正法ですが、反対派が多いのも事実です。

私もその一人です。


BUANさん、貴重なご意見ありがとうございます。
なぜ,子供のポルノの写真を持っていたらいけないのか、、。
それは子供が自ら望んで裸になっているのではないからだと思うのです。悪い大人がお金儲けで利用しているからなのです。写真を買う人,持つ人、需要があるから,配給があるのですね。
持つ人も買う人も,責任を負っているという自覚が必要です。裸にされて写真を撮られたら、、もし私がそう言う過去があったとしたら,想像を絶します。子供でも、嫌らしい目で見られたら,嫌だと思う感覚はあるのはご存知ですか?それで一生台無しになる子供、,それは大人の責任です。大人が守らないといけないのです。
自分の欲望の為に,他の人の嫌がることをするのは自然ではありません。
自分の親や兄弟がそういうことをしていたら,,悲しショックでしょうね。警察に突き出す,,日本では,まだ持っているだけでは処罰されないので,ここで論じることは省きますが私は軽蔑します。子供は,変な親のもとに生まれてしまったら社会で守らなければいけないのです。子供のポルノを見て喜ぶ人を容認する社会は病んでいますよ。ご自分が子供の頃に,体にクリームを塗られて,大人になめられている写真を撮られた過去をお持ちですか?
その子供の気持を思うと,,私は許せません。

人間の性

ご丁寧な変返信ありがとうございます。

いえ、私は自分の欲望のために他人の嫌がることをするのを自然だと言ってるのではなく、
そういった欲望を持つことが比較的自然なことだという
ことです。(ここら辺は女性と男性では意見が違う所なんでしょうけど)

そういった人間の欲望がある限り、需要もなくならない
でしょうね。
まあ、子を持つ親として、青少年に性的感情を抱く者を嫌悪する気持ちも分かります。
でも、一つ法律を作るということは、少しダーティーに言えば、また一つの犯罪者を作るということでもあるんですよ。
世の中には色んな犯罪者がいますが、彼らは別に宇宙からやってくるわけではありません。
「みんな人の子で、時には人の親なのです。」
自分の子供や親や親しい人間が、自分が思うような真っ当な人間だと必ずしも言えますか?
それで犯罪者に仕立て上げられるような事があれば、
それこそ人生における大きな時間と信用を台無しに
してしまうでしょう。

>子供のポルノを見て喜ぶ人を容認する社会は病んでいますよ。

ある一定の性趣向を徹底的に排除しようとする社会も大いに病んでると思います。
前述の通り、性とは人間が自然に持つ欲求です。
3大欲求と言われるように、食べることや寝ることと同じなのです。
ただ、人間を相手にすることなので、「正しい」とも「間違ってる」とも言えないのです。
中高生の性交行為を「間違ってる」「悪い事」だと言えますか?だからといって、「良い事、素晴らしい事」とは当然言えないでしょう?
誰だって、無理やり裸にされたり、一方的に性的欲求を突きつけられたりされたら、嫌に決まってます。
だから、人の性なんてのは、「白」「黒」ではなく、結局はお互いの感情、モラルに委ねられるもので、いわば
グレーゾーン(灰色の境界線)の意味合いが大きく
ウエイトを占めるものだと思うのです。
「相手に対してここまでは行っていい、ここからはダメ」
というようなモラルの境界線です。
こういったことはその国の長い歴史や文化の熟成によって培われるものであり、法律や制度といった一朝一夕のやり方で解決するものではないです。
(アメリカ社会で大きく欠けてるのは、こういった所でしょうね)

今、話題になってる新しい児童ポルノ法は、
まず何を持ってポルノとするのかという定義が曖昧であり、
ひょっとすれば、女子中高生のグラビアアイドルやジャニーズJrなんかも消えるかもしれないという基準や、
対象がアニメや漫画、ゲームといった創作物にも及んでおり、子供の人権~うんたら、という主旨にも大きく
外れており、
こういう身勝手でうさんくさい法律の制定を私は断固として反対します。

個人様のブログで長々と失礼いたしました。

BUANさん、ご意見をありがとうございます。新しい児童ポルノ法について反対意見があるのはご指摘されているように、いらぬ犯罪者をつくってしまうおそれがあるからなんですよね。きちんと論議せずに国際的な建前でとりあえず作ってしまおうという姿勢が見えてとても危険だと私も思います。
ちょっと、見てしまっただけで、もしくは、送られてしまってクリックしたら法に触れてしまう,,そこまで国が個人のプライバシーに踏み込むのは反対です。
性、これは自然なことというのは、同感です。そして人間が、他
の人間の欲望に対してとやかく言う権利は無いというのも同感です。
中高生の性、、そうですね、お互いがお互いを大事にして行うのなら自然なことでしょう。でも。余りにも無責任な行いの方が多いので問題視されるのでしょうね。妊娠してしまったら女の子は悲劇ですしその若さでの中絶はとても危険ですから。相手も未成年なら子供を養って育てられないですから。そして避妊の知識も、性教育も大事ですね。
BUANサンの指摘されるように、定義が曖昧な法は私も大反対です。大人のポルノ、これは自然でしょう。私だって見たいという欲求はもちろんありますから(笑)
ただ、小学生や、家出した少女を大人がお金儲けの為に裸にして写真を撮ることで、その少女の一生を台無しにしてしまうことは、社会が守る必要があると思うのです。
BUANさんの2回めのコメントで、大部論点が見えて来て私もはっとしました。締めつける社会は危険ですね。その線引きは慎重に論議しなければいけないと私も思います。
ありがとうございます。

何でまた書いちゃうんだろ

ふ~、私もなぜこんなに熱くなってるのでしょう。(笑

わくわくドキドキさんのブログをたまに拝見してまして、
気になる記事があったので、自分の意見を書いていたらなぜか、こんなに熱くなっていました。

>大人のポルノ、これは自然でしょう。私だって見たいという欲求はもちろんありますから(笑)

私も一般のポルノはしょっちゅう見ますよ。(笑
でも成人であれ、そういったものに出演するってことは
失うものも当然あるし、恥じらいもあるんですよね。
だからこそ、「見たい!」と思わせてしまう。
健全なものを、わざわざお金出して見たいとは思いませんもん。

>>ただ、小学生や、家出した少女を大人がお金儲けの為に裸にして写真を撮ることで、その少女の一生を台無しにしてしまうことは、社会が守る必要があると思うのです

そうですね、ただ、重要なのは
そういう事をする人はあくまでその人の人格が問題なのであって、そういった性趣向が悪いわけではないのです。(ここを間違えてはいけません)
日本の武道は
「相手を敬い、礼を持って始め、礼を持って終わる」
という基本の教えがありますが、これは武術の中だけではなくて、性の道にも言えることなんですよ。
法律や社会で守ることも大事ですが、一人一人が
節度を持ってやりくりすることができればそれが1番だと
思うんです。

ドキドキさんの最新のブログで書かれていた事のように、何日もお世話になった指導者に何の挨拶もなしに
帰ってしまう。
残念ですが、そういった子たちが大人になり、お金儲けのために子供を性奴隷にしたり、虐待する人間が生まれてくるのではないでしょうか。
そういった人間が増えれば増えるほど、当然、法律も
厳しくしなければならなくなり、悪循環な社会になって
しまうんです。

なんか変に長くなってしまって申し訳ないです。(汗
これにて失礼します!



BUANさん、ありがとうございます。色々な意見があるということや、意見を交換できるのってブログの醍醐味ですね。私の意見が絶対ではないので、振り返るいい機会を持たせて頂きました。又、う~ん、何かこれは違うぞ!というような意見をお持ちになったら又コメントをいただけらた幸いです!
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード