国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 友達だったのに、、。

友達だったのに、、。

モンスターピアレンツの続きです。
しつこくて済みません


女性のモンスターばかり紹介して、ふと、思い出した人がいます。
デュークが少し親しくしていた人がいます。
男性です。

その人が就職できるように履歴書(アメリカの履歴書は何ページにも及ぶ場合があります)もチェックしたり書き直したりもしました。


その人の悪いクセは自分の子を必要以上にとっても自慢することでした。

いえいえ、ちょっとの自慢は良いんですよ。アメリカ人の大好きなことですから目をつぶりますよ。

でも,度をすぎると鼻につきます。

彼の子は、C君。
「Cはとっても野球がうまい。投手としてもあの年でとても早い球を投げる」
一回目は
「すごいですね」
もちろん心からいいますが、100回目位からは彼が一生懸命自慢している時は他のことを考えるようになっちゃいましたよ、私、。

ある年、C君は相手方のチームになりました。
Cのパパはアシスタントコーチになりました。

一回戦は私達が負けました。
「良い試合だったですね」

と試合の後に私がいうと、

「だから言ったでしょ?Cは上手だって!Cがいたら、うちのチームは負けたりしないんだ」


「、、、」



さあ大変、2回目の試合です。

彼の子供のチームは負けています。

よほど悔しかったのかCのパパの理性はどこかにすっ飛んで行ってしまったようです、、。



「へ~い,ちゃんと野球をしようぜ~、正々堂々としようぜ」
なんとヤジです。

彼は,こちらのダグアウトにも聞こえるような大声で吠えます。

なので,あまり野球を知らない親で,何でも文句を言いたいお母ちゃんが今がチャンスと喜んで後に続きます。
『そうよ~,子供がみているのよ~、恥ずかしいと思わないの~』

なんのこっちゃ、、。



彼のチームがとうとう負けてしまうと、『良い試合だったね』の挨拶も無く消え去りました。


デュークと私は本当に失望しました。
だって、Cのパパは、モンスターピアレンツと戦う私達をいつも励ましてくれていたのですから。

でも、、Cのパパ、お前もかって感じです。


でもそんな感じでチーム内でも自慢したのでしょう。
何人かの親と言い争いになって、Cのパパ、、アシスタントコーチをやめさせられてしまいました、、、。

アメリカ人は自慢は好きですが,聞くのは苦手のようです。


長男ピッチ中です。
  
IMG_0015_convert_20090428122124.jpg



この前道でばったり会ったので
「なんであんな言い方をしたのか」
と私もよせばいいのに問いつめました。

だって、あっちが勝った試合も、こっちが負けた試合の時も同じように野球をしたのになんでこちらが勝っている時だけ『正々堂々と』言われなければいけなかったのか、納得いかなかったからです。

そして、全く知らない相手だったらいいのですが、かりにも少し親しくしていただけに残念だったからです。


Cパパは言いました。
「謝ります、、、。つい、負けてしまってかっときちゃったの、、。僕は自分が恥ずかしい」

正直な人です。

この一言で私もデュークもちょっと嬉しくなりました。
やっぱり、陰でこそこそ言わずに、直接本人にぶつかって良かったと思いました。

でもね、相変わらず、会うとCの自慢はしますけど、、、。

これはもう直らないんでしょうね~。

続く




気分がアガればスタイリングも上手くいく♪華やかなピンクシャンパンの香り
メーク感覚で思いどおりのスタイリングができるよう開発されたヘアスタイリングシリーズです。

DHCオンラインショップ【個人サイト様向け】

テーマ : 国際結婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

タイトル見て来ちゃいましたぞ。

いや~、興味深いお話ですな。人種のるつぼ、言語も文化も違う国ですから、自分から主張しないと誰も聞いてくれない国だとは知っていましたが、日常での具他的な話ですとリアルですな。「推して知るべし」「沈黙は金」の日本とは本当に違いますなあ。

お主もか、か?

謙遜ゼロですね。
後で反省するところは好感が持てますが。
私はこういう親の元で育つ子供が心配です。
おごった人間になったり、親の期待が大きくてプッシャーに負けたりしないといいですけどね。

っつーか、大福写真館さん、
コメ見て私も来ちゃいましたぞ。

我が子の自慢はホント、ここってすごいですもんね~。
謙遜しようものなら、本当にそう思われちゃっうので、アメ人の前では謙遜をしないように、逆に気をつけてますもん。
Cさん、反省してよかったじゃないですか!
そうじゃなきゃ、友達に失望したまま終ってましたものね~。
私、このシリーズ好きですよ~。

訪問コメントありがとうございます。とてもうれしいです。
大福写真館サン、タイトル見て、来て下さって光栄です!謙遜が通じないので大変です。アメリカ人と日本人とではスイッチを切り替えないと誤解が浮かれてしまう世界なのですね。慣れるのに何年もかかってしまいました。
シンタさん、確かに、C君のプレッシャーは相当だと思いますよ。Cのパパ自慢さえ少し押さえれば良い人なんですが、、誰か止めてくれないかしらん、、。なんで奥さんは注意しないんだろうかと不思議です。
reeさん、謙遜できませんよね、ただの知り合いには。真に受けますからね~。スウィッチの切り替えですよね、いつも。
Cさん、謝ってくれて良かったです。これで悶々としなくて済みます(笑)わ~い,このシリーズ好きと言って下さって嬉しいです。もう止まらないです、私。沢山あるんですもん。じゃあ、調子に乗ってどんどん続きを書いちゃいます。又良かったら訪問してください。

Cさん、謝ってくれたんですね。そういうところは潔い、フェアなアメリカ人って感じ。
ドイツ人だったらどうかな?自分が絶対に正しいって主張するだろうな。とにかく止まっている車に自分から追突しても「あなたが急ブレーキかけたからよ。」って平気で言う人たちだから。
仲が良いと思っていた人も自分に損になる(=責任を取らなければならない)となると豹変しますよ。もちろん全員が全員そうではないと思うけれど、と言うか思いたい。(←まだ甘いかな、自分?)

pharyサン、ドイツ人はもっと手強そうですね。親しいからって油断できないのって、寂しいですよね。Cは,謝ったから良い方なんですね。
私も同じです。まだ甘いですよ、、。ちょっとの希望を持っていたいですよねやっぱり、、。
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード