国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 2017年08月

悲しい話 

家を買ったのが3年前。

この家は、2世帯住宅のようになっていて主が2階に,下は人に貸していました。

買う時に下の人達が動きたくないから家賃を払い続けるのでそれを引き受けるか?

と聞かれました。

私達は家を見た時に下の住人が、ライフル銃を持っている事と、留守なのに暖房をガンガン使っているし、使っていない部屋も暖房をいれていたし
ビールを自家製で作っていて,それ専用にも別に暖房を利用しているのを見ているので即座に拒否しました。

下の住人がでて行く事が買う条件としたのですが、怪しいのです。


足の手術をしたので、一日延ばしてほしい。
一日、家賃を払うから購入後も一日いさせてほしい、と。


ここで怪しいと気がつかない人はいないでしょう。

足の具合は一日で改善する訳ではありませんよね?

恐らく居座るつもりなのでしょう。
それにしても、幼稚な提案です。

当然却下して出て行ってもらいました。


先日,近所の人と立ち話の際,その話になりました。


なんとその下の住人は、家主に家賃を滞納し続けていたらしいのです。


それを知っているのにも関わらず私達にそれを隠して家をとにかく売ろうとしたのですよね。

というか、家賃を払い続けると嘘をついたのですね。


危ない所でした。

追い出すには裁判所に掛け合って最低6ヶ月はかかるそうです。

その間、光熱費(別々になっていないため)を払い続けなくては行けないし、人を追い出すにはストレスもかかるでしょう。


世の中、ひどい人ッているんですね。良心というものがないのでしょう。


分かっていながらも,実際そういうことを身近に感じるとやはりショックです。


手術して可哀想、、では住んでいても良いよと言うのを期待したのですよね?
人の親切につけ込もうとしたのですよね?


幸い、、、私達は社会経験を積んでいて寂しい事ですが知らない人を容易に信じては行けないと学んでいたので
災難を回避出来ました。

子供達にも良い勉強とさせてもらいました。

それにしても、恐ろしく悲しいことです。


将来は大統領かも?

私の友達が夏休みにサンディエゴから遊びにきてくれました。

彼女は高校の時にテニスをしていて,最近又復活したと言っていたので、お互いの子供も一緒にテニスを
する事にしました。

しばらくラリーを楽しんでいると小さな男の子がラケットを手にしてコートにすかすかと入って来たのです。

「君達と一緒にテニスをしたいんだけど,してくれる?」


わお〜!!

凄い度胸ですよね???


名前は?年は?とちょっとインタビューすると

9歳のクリス君。


もしかして、天才テニスプレーヤーかも??

ここはアメリカ、,あり得るあり得ると勝手に妄想する私。


「昨日ラケットを買ってもらったばかりだから,あまり上手くないんだ』


ああ、と現実に引き戻されました。


確かに、ど初心者

う〜ん、このこの親は一体どこにいるんだろう、、、こんな初心者の子供の相手をするなんて,,めんどくさいなあ
と性格の悪い私、、、。


でも無視するわけにはいかないので,,,やさしいボールを返してあげたりしました。


しばらくするとおじいさんが現れました。

クリス君

「僕のグランパ!」

と誇らし気に言いました。


ああそうか、、グランパはテニスをする感じではないので、クリス君は私達に頼んだのか,,,となんとなく納得。

私の中のめんどくさいなという意地悪な気持がふっとび、親切な気持がふつふつとわきだしました。

テニスをするうちにクリス君の性格が段々分かり始めました。

もの凄く前向きで、難しい事も挑戦するタイプ。

失敗も,糧にするタイプです。

話し方も,,,9歳とは思えない,,高校生のようです。

背筋がまっすぐで堂々としているのです。

ずっと可愛い笑顔でプレイをしたいたのですが、、
すべって転んでしまいました。

すると恥ずかしかったのか、、いきなりぷいっとコートから去ってしまったのです。

ああやっぱり9歳の子供なんだなあと言う感じで

なんだか安心していまいました。



するとグランパがクリス君に向かって
「ありがとうとちゃんと言わなくちゃ」

と教えていました。


「ありがとう」

と言って走って去っていきました。



もしかして,,,泣くのを我慢していたのでしょうか。


それにしても、私の子供達は9歳の時にクリス君ほどの行動力はなかったですね〜。
私の友達も彼女の子供達もここまでの行動力はなかったわと、、。


大人に話しかけるので際、なかなかしようとしない我が家の息子達でしたから
テニスをしようと持ちかけるなんてハイレベルすぎます。


ああ、クリス君、、、これからの人生きっとやりたい事を見つけたらきっととことんやり抜くんだろうな。
欲しいものがあったら,手にするんだろうな,,将来が楽しみな男の子でした。




sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード