国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 2016年10月

トランプ氏への女性の証言は本当??

大統領選も白熱しているこの頃ですね。

気になる記事がありました。



ニューヨーク・タイムズによると、元会社員のジェシカ・リーズ(Jessica Leeds)さん(74)は
30年余り前、航空機のファーストクラスでトランプ氏の隣の席となった。
離陸から45分ぐらいたった頃、トランプ氏がアームレストを上げてリーズさんの胸をまさぐり始め、スカートの中にも手を伸ばしてきたという。

とあります。

読んだ時に本当かなあ

と思いました。

国際線のファーストクラスに実際に乗った方なら分かるでしょう。

私?もちろんありません。

ファーストクラスの写真をみたことはあります。


でもラッキーなことにビジネスはあります。


ビジネスでさえ、お隣の方とは肩が触れ合うこともないし、アームレストだけでなく、肘がすっぽり休める
くらいの幅のあるテーブルがあります。

そのテーブルは動かせるものではなく固定されています。

もちろん、航空会社で多少の違いはあるでしょう。


でも、ファーストクラスは絶対に隣の人が手を伸ばしてチカンを出来るような距離には設定されているはずが無いのですよね。

国内線なら確かに可能性はあります。

でもプライベートジェットをもっている忙しいビジネスマンのトランプ氏が庶民のように国内線に乗るでしょうか?
チェックインして、セキュリティーを受けて搭乗口にいくのにはプライベートジェットで移動するよりもはるかに時間がかかります。

田舎のお金持ちでさえプライベートジョットをもっている人は国内線にはもう乗らないようです。
(車で2時間以上かかるところにはジェットでいくようです。例えば3時間の所を20分でいけるようです)





トランプ氏から名誉毀損で訴えられる覚悟はあるのでしょうか??



資産も無いような一庶民を訴えるようなことはないでしょうけど。


と思っていたら、この訴えを報道したNYタイムズを訴えたようですね。

タイムズはよく調べた後に記事にしたようです。

ラジオで聞いたのですが
女性から連絡があったのではなくタイムズから連絡を取ったらしいのです。

情報を得て、タイムズから連絡を絶ったのでこれは選挙を妨害する目的の虚偽でないことには自信があるとのことです。

その根拠として、この女性は訴える勇気はなかったがこの飛行機の経験を彼女の友人達に何年にも渡り話していたということらしいのですね。

精神的に症状があるかどうかチェックはしたのでしょうか?
その点はラジオではコメントがありませんでしたが。

ヒラリーの削除したメールが次々に暴かれているこの頃、なんでこの時期にトランプを4人の女性が訴え始めたのでしょう。

もちろんこの時期だからこそというのも分かるのですが、大統領選は前から始まっていました。

まるでヒラリーのメール問題から有権者の関心を反らすように仕組まれていると思ってしまうのは私だけでしょうか。

もし本当にそういう目にあったのなら気の毒ですが残念ながら証拠が無いようですね。

クリントン元大統領の事件のようにモニカ ルインスキーさんが 液がついたスカートを証拠としたように
なにか証拠がないと難しいでしょう。


アメリカの大統領選は長期にわたるので、色々と候補者の公私にわたる問題が表面化されまるでドラマのようです。

日本とは違いますね〜

ただ一ついえることは、ヒラリーの政党を支持するタイムズのように新聞会社にはそれぞれの思惑があるので何か情報を得たかったら少数の情報源ではなく多くの情報を集め参考にして自分の考えを出すようにと、昔から賢者がいうのは
正しいようですね。

アメリカの恐るべきホテルの対応

長男の野球の試合が家からかなり距離があり、二日続けてということもありホテルを予約しました。

旅行サービスのサイトを経由して,当然割引の率が良いサイトを選んだのですが、



これが災いになるとは、、。

長男はまだ17なので,チェックインが出来ないということで,事前に保護者のサインをファックスすることになり
手続きはバッチリ、、、


のはずだったのですが


試合が終わってホテルに向かう途中
長男に連絡が


「予約してある部屋を他のゲストに渡してしまった。なので部屋が無い」

とんでもないいいわけとして

「あなたがホテルに直接予約を取ったのではないから、こういう結果になってしまった」

と、まるで私達のせいでホテル側が迷惑したようないい方。


格安サイトをお客を集めるのに利用したのはホテル側。

それで恩恵も得ているのにこの言い方は本当に顧客に対して失礼もほどがあります。

長男が子供だから,こういう態度に出たのでしょうか?

すごすご引き下がってくれると思ったのでしょうか?



既に夜の10時を回っています。

次の日の試合の為に朝早く起きなくてはならないのに。


長男は当然、おたおた状態。

夫が電話で交渉して部屋をようやく確保しました。
クウィーンの部屋で長男と、3人のチームメイが125$に泊まるはずが

ダブルの部屋二つになり、なんと125$プラス70$余分にチャージ


こういう時は、あちらの手違いなのだから、いくら部屋が二つになろうが、125$の請求に留まるべきですよね??


マネージャーに連絡しようとしても、インドなまりのフロントは折り返すというばかりで、一度も折り返しも無く
ホームページに連絡がほしいと記録を残しても無視、、、。

こういうのを,暇な私は泣き寝入りしたくないので
あの手この手を考えもうやる気の無い支店は当てにならないので
本社のフェイスブックのメッセージにコメを残しました。

これは正解のようで、何と直ぐに,、そうですね,一時間後に返事がきました!

さすが本社はやる気が違います。


さっそく調査して報告をしてくれるようです。

そうさ、あの怠慢な支店のマネージャーを根本から叩き直して下さい。


はあ,,こういうことは日本ではまず起きないでしょうね。。。


sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード