国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 2015年12月

お隣のメリーさん こういう風に年を取りたい

引っ越して来た時に真っ先に挨拶に来てくれたメリーさんは
80歳。

素敵な隣人です。

私達がうっかりゴミを出し忘れた日(木曜日なので忘れ易いのです,,。前は月曜日だったから分かり易かったのに)は気を使って出していてくれたりするのです。

知れば知るほど驚くことばかり!

3回結婚して,子供が7人、孫が何と35人。
残念ながら夫は何年か前に亡くなっています。

自分の産んだ子供の他に,エリオピアとベトナムからの女の子を養女にして育てた彼女、、。

なるほど35人の孫がいるわけですね。

近くに住んでいる娘,キャンディーも女の子を養子にしました。


養女と言うことを子供が幼い時から隠さずに育てているのですね。
それには日本人の私はちょっと驚きました。


キャンディーさんはその女の子の妹も両方養女にしたかったのですが出来なかったそうです。

でもラッキーなことに妹の養子先も家が近いので休暇の度に姉妹の絆を深めようと両家が協力しているようです。

なので、メリーさんの家にもときどきこの姉妹が遊びにきます。

当然メリーさんは、自分の娘の養女だけでなく、養女の妹も孫として同じように接しているのですね。

Xマスカードとともに、孫と焼いたクッキーを我が家に届けにきてくれました。
この袋もかわいいですよね?

DSC00002_convert_20151225123723.jpg

もう,食べる前に写真を撮れば良かったのですがついつい子供達とお茶をした後の写真です。

7種類のクッキー,,,嬉しいプレゼントでした。

Xマスだけでなく、今までも沢山のクッキーやブラウニーやパウンドケーキをいただきました。


メリーさんは、週に一回ホームレスの人に食事を作るボランティアをしていたりして忙しく過ごしています。

毎日色々な人がメリーさんの家を訪ねてきています。


私もそのうちの一人ですが、私が遊びに行った時も何と彼氏がドーナツをお土産に訪ねて来ました。

メリーさん曰く、、「彼は私の姉のボーイフレンドなんだけど,私のボーイフレンドになりたがっているのよ」


わお〜!!

なんて楽しい老後でしょうね。

そして何と、先日は庭先で他の男の人がメリーさんにキスをしているのを夫が見て騒いでいました。
「メリーやるねえ〜」
ですって



でも、恋?をしているからでしょうか?

メリーさんは毎日とってもいきいきしています。

愛される人,,,メリーさんの為にあるような言葉、、


でも、メリーさんも沢山の愛を色々な人に注いでいるから沢山の愛を受けているのだろうなと,,思う私です。。

アメリカ人、日本語が出来ると言ったのに、なんで話せないの?

アメリカの高校で、週に一度日本語のクラスでボランティアをしているのですが、先日先生が急にお休みになりました。

アメリカの学校では、そういう場合代理教師がクラスを担当します。

彼女が私に自己紹介してくれました。
「私は3カ国語を話せるし,日本語も大学で専攻しているから知識はあるの。
今は代理教師だけれど隣の町で日本語の教師をサマークラスで募集があるから応募しようと思うの」


これだけ聞くともう素晴らしいですよね?


授業の始めにも生徒に向かって
「3カ国語が話せるから何の言葉を今話そうかしら」


って、、
今は日本語のクラスだから日本語を話すべきでしょうよ?

自慢してどうする??

と突っ込もうとしたのですが、、、
なぜか彼女は英語を話し始めました。

そしてテストを返すにあたって半分の子供が日本語で名前を一生懸命書いていました。

「私はカタカナが読めないから、あなたが読んで返してくれる?」

え?
大学で日本語を専攻して日本語教師が出来るってさっき言わなかったけ??

「使っていないとわすれますよね」

とやさしい私、、。

「そうなの!15年も前のことだから,,,もうすっかり忘れてしまって」
と開き直る彼女。

じゃあ、日本語の教師は無理よねえ,,と心の中でつぶやく私、、、。


そしてその時のクラスのレベルは1。つまり、ビギナーですね。
課題は,「私の家族」です。



私は生徒の手助けをする為に机を回っていると彼女が
「あの黒いジャケットを着ている子供が質問があるらしいの。見てやってくれる?」

レベル1なのに、応えられないの?

質問に答えられないのでは日本語教師は無理よねえ,と又思ってしまいました。

質問はなんてことない「そして」の使い方でした。。

彼女は一生懸命どれだけ自分が語学の能力があるのかを聞いてもいないのに私に話し始めました。

「隣の町では数学の先生の募集があったので連絡したら、なんと、ドイツ語の教師も募集していたの。数学,ドイツ語、日本語、、どうしようが迷っちゃうわ」


日本語は無理ですよ、きっとと言いたかったのですがそんな当たり前のこと私が言わなくてもいずれ分かること。。

ここは大人のやさしい私、、、
「是非頑張ってみて」

と笑顔で応対。

「ああ、夫が医者で忙しくって私のキャリアを育児で一時中断したから,これから再開したいのよね。
でも、上級の日本語のクラスは私はきっと無理だわ。
知識はあるのだけど,,発音がね。分かるでしょ?」
と彼女。

知識があると何度も言いたがる彼女。

気の毒に、相当の知識コンプレックスがあるようです。

「そうね、発音がきちんとできる自信があなたに無いのならしない方がいいでしょうね」

と柔らかく言いましたが,,,

この人、,レベル1でも対応できなかったのに?

カタカナも読めないのに?

日本語を教えようと思っているのでしょうか?

私に一言も日本語を話さないのによくも日本語教師になれる資格は持っているのと言えますよね??




こういう勘違い人間、アメリカ人に多いなあと思うこの頃です。

片言しか話せなくても「私は流暢に話せるの」とか平気で言っちゃうんだもの。


そのものすごい前向きな姿勢、感心します。

でも、かなり話せる人はアメリカ人でも謙遜する人が多いことも気がつきました。
彼らは上には上があることを知っているからなんでしょうね。
「まだまだです」
謙遜する傾向があります。


面白いですよね。


でも、友達になりたいのは謙遜する人ですね。
謙遜する人好きです。

私はやっぱり日本人!!

チアリーダーの彼女がお金持ちの彼をなぜ振ったのか

長男の友達は、2年越しの彼女がいました。

友達のおじいさんはたいそうな資産家で家族旅行やビジネスはプライベートジェットを使用するくらいの桁外れのお金持ちです。

家も、別荘を含めて5つくらいあるようです。

その恩恵を受けて、彼女は野球を見に行くデートも5万円位するシートだったり、フットボールの試合もVIPルームだったりと普通の高校生からかけ離れた世界を経験したようです。


彼女は彼よりも一つ年上で隣の州の大学に9月から行くようになり
大学の公式チアリーダーにもなり,青春まっただ中です。

そんな中、その彼の母親と話していた時にホームカムイングのパーティーの話になりました。

今年は私の息子はパーティーに行かないのよ。
彼女抜きだと、つまらないのかしら。
でも彼女は寛大で私がいなくてもシニア最後のホームカムイング、行きなよ,と息子に言ってくれたのにそれでも息子は行かないのよ〜。



彼女は一度,野球の試合の応援に来ていました。

本当に,,まばゆいくらいに美しいし,可愛いし,奥ゆかしい感じもするし女の私から見ても参った?
と言う感じです。

彼女のおばあさんは韓国人で所謂クウォーター。

黒い髪に黒い目、、自信もあるのでしょう、もうまぶしいくらいです。
さぞかしモテるだろうな。。
そんな感じです。


ブロンドの彼はそれはそれは彼女に夢中でした。

彼の両親からもたいそう気に入られ、母親は携帯に彼女のチアリーダーのユニホーム姿の写真を保存して私に見せてくれるくらいでした。

「ね、彼女ゴージャスでしょう?息子はもう車を飛ばして今週末に会いに行ったわよ
今月はもう2回も」。


片道6時間もするのに、、、愛があれば遠距離なんて、、でしょうか。

彼女の両親も次男の野球を通じて知っているのですが
「娘のBFは00(彼の名前)なの」。

と、とても二人の交際を喜んでいました。




ところが、長男が先日「そういえば、あの二人別れたんだよね」
と問題発言。


え??
(なぜ私が驚くんだろう。。)

まだ大学に入ってまだ間もない頃でした。(すみません、ちょとこれを書くのが遅くなってしまいました)


なんで??

「詳しいことは本人言わなかったけど,ふられたんだよね。まあ、皆分かっていたことだけど」。

「分かっていたとはどういうことよ?」

なんと周りは心配していたようです。


あの美貌と容姿では大学のフットボール部の男の子達がほっておかないでしょうって。

確かに、何時も会っていたのが会えなくなる、、それを後4年間貫くのは難しいでしょうね。
10代の遠距離恋愛は難しいでしょうねえ。。

でもこんなに早くふっちゃうなんて。。

早過ぎ!!


余計なお世話ですが
今の時代はソーシャルメディアが発達しているから別れても中々吹っ切れるのも難しいでしょうね。

フェイスブックとかで相手をチェックしてしまったり、、未練が会ったりした場合は吹っ切るのが大変だろうなあ、、。


彼はとても謙虚で誠実で弟思いのやさしい男の子。


結婚したら妻を大事にするようなタイプです。(勝手な想像ですが、長男や他の子供達の話からも大体想像できちゃう)
しかも大金持ちだから,,もったいない!!
とつい全く関係無い私は思ってしまったのです。


まあ、大学を卒業して同窓会でばったりとかで復活するかもしれませんが、、

私は長男の友達の彼も,両親も、彼女の両親も皆好きだったのでなんだかとてもショックなのでした。

sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード