国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 2015年10月

なぜ彼は浮気をしないのか?!


5代目ジェームズ・ボンド俳優で知られるピアース・ブロスナン(62)皆さんもご存知ですよね。

彼は、巨大化(いいすぎですよねえ)する妻の脂肪吸引願望を却下したと言う記事を目にしました。


実は私、歴代のボンドのなかでも彼が断トツ好きなんです。。


371681_88.jpg


その彼の妻に対する愛情を知って、もう株が急上昇です。

「2001年にキリー・シェイ・スミス(52)と結婚。
それからというもの、ハンサムガイでありながら浮いた話は一つもなく、妻一筋を貫いてきた。
しかしふたりの姿がメディアに登場するたびに、巨大化していくキリーの姿に話題が集まっており、「なぜあんなかっこいいピアースに、巨漢妻?ありえない」といった誹謗中傷の声も多い。」

この記事。。

371676_88.jpg


ありえますよね。

彼は、彼女の中身を愛しているからに決まっているじゃないの。

彼は他人がどうのこうと言うことは気にしないほど自分を持っていて、いわゆる外見が華やかなトロフィーワイフを求める必要がないのです。
きっと。


俺様の隣に並ぶ女が太っているなんてあり得ない.
俺様の隣には誰もが羨む美女じゃないと。

俺様は皆に羨ましがられたい!!

自慢したい!!

誰もが羨む美女を獲得できる男と思われなくては!!




という願望が全くないのですね。

彼自身が自分の人生に満足している証拠でしょう。


なんてカッコいい。


「彼は俳優なので、キリーは彼が若い女優と共演したりすることに不安を覚えています。
どうにか体重を減らしたいというプレッシャーは日に日に強くなっており、脂肪吸引が手っ取り早い方法と考えたのです。しかしピアースは、ボトックスや美容整形をはじめとして体にメスを入れることに反対で、キリーにはそのままでいてほしいようです。
脂肪吸引をしたら、離婚するとまで言っているそうです。
ピアースは、ハリウッドのやせ志向と逆行するキリーが、世の中の良いロールモデルになると考えています」

と関係者がナショナル・エンクワイラー紙に語ったそうです。



こういうナイスガイに体型が変わっても愛される妻は本当に幸せでしょう。

それだけ、この彼女は内面も素敵な人なのでしょうね。



確かに太りすぎは健康に悪いですが、


外見,,,色々な見方があって当然。


知り合いに、胃を小さくする手術をしてせっかく痩せたのに,,,5年後又同じように太った人がいます。

懲りずに又手術をするのでしょうか?

食生活を変えなければ根本的解決にならないのにね。。

哀れです。

病んでるアメリカ 私はスーパーで見た

アメリカには、低所得者に食料品購入補助制度「フードスタンプ」をあたえています。

州によって基準は異なるのですが、目安は4人家族で月収入2500ドルとされ、月100ドルが支給されるらしいのです。
この生活保護費が振り込まれるのがEBTカードというものなのですが、フロリダ州議会が条例で禁じたのは、ストリップやカジノなどの遊興費、ビールなどのアルコール類、タバコなどの購入にこのカードを使うことでした。

これって、もともと使用禁止でなかったことに驚いた私ですが低所得者の人にも人生を楽しむ?権利があるということでしょうか。

制限が無い州もまだ沢山あるようです。


先日スーパーでレジに並んでいる際に、私達の前の若い男の人が1$くらいのキャンディーを買って
「残ったお金を現金で渡してほしい」

とレジの人に言いました。

レジの女性は
「キャンディー一つ買って、、、あとの50ドル近くを現金に?」


「プリーズ」

レジの女性
深い溜め息「は〜、、、」

そして現金を渡していました。

なぜ現金に変えるのか?

夫がすかさず私に耳打ち、、
「フードスタンプカードを現金に換えて、後でドラッグを買う(あくまでも推測ですが)という、まさに今社会問題になっていることを目の前で見てしまったね」



そうなんだ。。。


一生懸命働いて稼いだお金から取られる税金。

世の中のためになるなら良いのですが、こういうことに流れるとはなんとも腹立たしいではないですか。

さらに腹が立つ事件が
ある日、夫が怒りながら帰って来ました。

ガスステーションでコーヒーを買ったら、、前の人がなんとロットリーの券をそのフードクーポンの残りで買っていたんだよ。

なんと30$!!

ロットリー買うお金があるのなら、フードクーポン返上しろと言いたい。

それで大金が当たったら、社会に恩返しすると思います??

しないでしょうね



それから
夫曰く
若くてホームレスと言って道でお金を恵んでもらおうとしている奴らはほとんどがドラッグを買うためにいるから僕は絶対にお金を恵まないんだ。
もう充分に税金でもっていかれているんだから。

はあ〜この田舎にも、毎日若いカップルが芝生に座って「ホームレス、なんでもいいから寄付して」
という段ボールのはし切れに書いたものを掲げて交代で道の角に立っています。

時折、人がお金をあげています。
私達夫婦は冗談で、「あ、今日もこの二人、出勤してお仕事しているぜい」
と言って飽きれています。

かたや、モールでは髪の毛が真っ白で腰も曲がっている高齢の方が床を掃除していました。
私、心から尊敬します。
働くあなたは美しい。

地元のスーパーでも、床磨きをしている若い女性をふとしたことから会話をしました。
「私は,5年前に脳の手術をして完全に機能が回復したのではないけれど、やさしい夫もいるしこうして仕事もできる。
私はこの仕事が大好きなの。やさしいお客さんは私の名前を覚えてくれて,声を掛けてくれるしそういうお客さんに会うのはとても楽しいの」

本当に笑顔が美しい人です。
私もこのスーパーで彼女に会うのが楽しみなんですね。




話は戻りますが
ドラッグ、、、地元から10分くらいの待ちで、薬の運び屋が逮捕されたのですが、驚いたのがなんと普通の住宅地に住む幼いこともが二人いる30代の夫婦でした。


運び屋と言ったら、、、独身で、怪しい地域に住んでいる人達の印象があったのに、、どこにでもいる中流階級の夫婦です。

子供のスポーツの試合に仲良く応援に来るような夫婦が、、、それを仕事にしていたなんて。



世の中本当に変わって来ていますね。


恐るべしアメリカ。。。

カレッジスポーツ推薦スカウトからの提示

今日の記事は、アメリカの大学のスポーツ推薦に興味のある方にお役に立てればと思います。

前からの記事ですが、あれからスタンフォードのコーチと連絡を取って、来週アリゾナのトーナメントに長男がでることを伝えたのですが、特に奨学金の話はでませんでした。


社交辞令で前回メールを送ってきたのでしょうか。
それにしても期待させる内容でした。

やはり、天下のスタンホード、敷居が高い感じです。

GPAやテストが満点でもハーバードに落ちた中国人の子供の親が差別だと訴訟を起こしたらしいですが、、大学は頭でっかちは取りたくないと言うことなんでしょうね。

そして、前はユダヤの人の差別がアイビーリーグではあったらしいのですがこの頃はアジア人が増えすぎるのでアジア人の入学枠が狭くなっているのは事実なようです。

我が家のようなミックスはどうなのでしょうねえ??

スカウトからの電話があった大学の一つは、アラバマ州立なのですが、長男、南部には行きたくないようです。ディビジョン1の学校にも関わらずいきたくないようです。
コロラドからも誘いがあったのですが、標高が高いのでピッチャーとしてやりにくいからここも嫌なようです。
ディビジョン2、や3からもメールが有ったのですが、そこにいくのならジュニアカレッジのほうに行きたいようです。

もう一つ、オハイオの大学のディビジョン1の大学は、スタンホードと大違い、アカデミックの程度は低いのです。

そのかわり、GPA 3、7以上、SATの2教科合計1200点ならばなんと寮費
が全額ただです!
長男、これにあてはまるんですね。
しかも、書籍代が月に350$の支給付きです。
本当に成績を常に良く保つと、こういうご褒美があるわけです。

コーチから実際に年額100万の奨学金の提示がありました。
そして一年目からスタメンでピッチャーと外野のポジションを用意してくれるというかなり嬉しい提示です。


ディビジョン1は、選手が35人ほどでチームに11、7人分の奨学金が当てられていて、それを皆で分けるらしいのです。コーチによっては実力で選手によって率を変えることもあるようです。



ここはディビジョン1でも野球の実力はそこそこ、、。
学力程度も誇れる程度ではありません。
鉄で栄えた町で,今はかなり衰退していて治安が全米でも悪い方なのでいくら無料でも親として,長男を送りたくないのですね。
はっきりいって、聞いたことのない名前だし。

ほとんど無料で行けそうなのがの魅力なのですが。

もう一つ、西海岸のディビジョン1のお誘いもあるのですが、学力的、野球ともにそこそこです。
でも西海岸なので、授業料が高い!
スタンホードなら、いくらだって払う価値があるかもしれないのですが、
そこそこの大学に4年で2500万は出せません。(奨学金が40パーセントだと、それでもかなりの額です)


なので、本気で地元のジュニアカレッジを考えている長男。

そこで、一年体を鍛えて他の4年生に移るというパターンを考えているようです。
あああ、まさにそこは勉学ではなく野球だけの為の一年を送るのでしょう。
(もちろん学業はそこでオールAを取ることが前提です。すると移る時により良い奨学金がもらえる可能性が高いのです。)

まあ、野球での挑戦は若いうちしかできないのでやりたい所までやらせるのが親の愛ですかねえ。

ネイビーアカデミーに行っても本人が何十年後に夢を諦めた自分を後悔することだけは親としてさせたくありませんから、ここは黙っているしかないのでしょう。

ということで、このカレッジのコーチに会いに先週いって来ました。
家から近いと言うのも魅力です。

年間45万のうち、10万の奨学金です。
ちっ、それだけかと思う私は欲張りさん

野球の強いジュニアカレッジなので、80%の選手が、1年、もしくは2年後にディビジョン1の大学にかなり良い率の初学金をもらって転校する実績もあります。

基本的に皆スカウトで集めた選手ばかりのようです。
実績があると、良い選手を選べるんだそうです。

ヘッドコーチは日系と言うのも良いですね。
二〇年ちかくコーチをしているので、全米にコネクションがあるようです。

ディビジョン1の大学はジュニアカレッジである程度実績を積んでいる選手が欲しいと言う需要があるようです。
意外にもアメリカでも投手の投げすぎと言うのが問題になっているようです。
なぜかというと
日本と違って,アメリカは一人で色々なチームに属すことが一般的です。高校や、夏のリーグで投げて、トラベルチームで投げて、個人で行くショウケースや、選抜のトーナメントで投げてと、自己管理をしていないと肩を壊すのですね。

大学推薦で入っても,投げられなくなる投手が続出するらしいです。
なんと、このジュニアカレッジでも12人のピッチャーのうちシーズンを
投げ切れたのは7人のみだったようです。

燃え尽きたり、結婚したりとせっかくスカウトしても良い選手が足りなくなるようです。

そこで4年生の大学はジュニアカレッジから即戦力になる選手をスカウトするというルートが成り立っているようです。

ここのコーチは、高校の試合も何度も足を運んでくれていて長男のことをとても気に入ってくれています。
長男のチームの昨年の選手がここでプレイして、同じチームメイトのピッチャーも進学を決めていることからかなり気持が動いています。
まだ16歳なので(一年飛び級しているので)家から近い所で、気心知れている仲間がいるジュニアカレッジに行きたいと言う気持はよく分かります。

ヘッドコーチとアシスタントコーチは3時間も時間を裂いて,学校内を案内してくれ色々と情報をくれたことに関してとても良い印象を持ちました。
感謝です。

マイクロソフトのお膝元なので、
コンピューターシステムはおそらく全米一を誇ると言っていました。
全部を継続的に寄付してくれるようです。

ネイビーアカデミーにそでを振ってジュニアカレッジ、、常識からはありえない決断ですがそれも我が家ならあり得るのですね。

どうなることやら、11月までにははっきりとすることでしょう。
何か動きがあれば、又ご報告します。

sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード