国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 2015年04月

寂しい出来事 それでも友達でしょうか?

先日、スーパーで夫は夫の元同僚に偶然会いました。

そうです、日本で同じ部署にいた人です。

大して友達でもなかったので連絡などとっていなかったので、お互いが今アメリカにいるということで驚きの再会でした。

そして、お互い新しい土地で知り合いも余りいないということもあり、連絡先を交換したのですね。


そして、判明したのが先頃元同僚はガンになり、治療中で娘一家にお世話になっているようです。

車もまだ持っていないので、元同僚は彼の娘と一緒に買い物にきていました。



そこで、夫がもし病院に通院する時に娘さんが忙しかったら僕に連絡するといいよ。

と優しい言葉をかけました。

そして、何回か彼を地元の病院に連れて行ってあげました。

私としては、仲の良い友達だったのなら分かるのですが、ただの同僚だった彼になんとも親切な行いだわと
感心していました。


そして先日は1時間半くらい離れている所に行くことに。

その際に「ガソリン代を出すから連れて行ってくれ」

とお願いされたようです。
(途中に橋があり、通行料が往復で6ドルかかります)


夫としては、家から20分くらいの病院なら何時でもと思っていたのですが往復3時間、、、しかも治療の際(2時間くらい)はずっと待っていなくてはなりません。

しかも朝6時半には家を出て15分離れている彼の家までいかなくれはなりません。

ただの同僚に対して、これはかなり負担ですよね。
と心の狭い私は思ってしまいました。

でも、ガン治療をしている彼の役に立つのならと快く承諾。


ところが


その日家に戻って来た夫は、なんだかがっかりしていたので、理由を聞いてみると

「ガソリン代を払うなんていうそぶりも無く、橋の利用料も僕が払ったよ。(私だったらお金を友達に払わせないでしょう)
待ち時間も含めて約3時間の治療が終わって彼はお腹がすいたからランチにマック(50代の良い年をしてランチにマックは寂しいですよねえ。私だったら、ある程度ゆっくり出来るレストランを選びます)によりたいというのでよったんだ。
僕が注文している時に彼はトイレに行って、僕が払い終わったら戻って来て「ランチくらい僕が払ったのに」と言っただけ。(後からでも夫に払えるのにね。別にフロントのスタッフにしか払えないわけではないのに)
家まで送り届けたら家のちょっと前で彼は「ああ、トイレに行きたい」と言い出し、車を彼の家の前につけたら「じゃあな、今日はありがとう」と言って一目散に家の中に入って行ったよ。(私だったらちょっと寄って行かないか?お昼をごちそうし損ねた?ならなおのことお茶やコーヒーでもせめて出したいと思います)
なんか僕は友達というより、運転手だけのようだった気がする」



そのうえ、高速で小石がフロントドアにぶつかり、なんとその修理代に後々300$かかってしまったのです。



なんて運の無い!!

車の免許を取って、フロントガラスが割れるなんて今まで初めてだよ,と夫はもう怒りをこえて笑っていました。


その後、ありがとうのメールはさすがに来ましたが、フロントガラスはどうなったの?
などの会話はまるで無かったようです。

せめて、自分の為に病院に行ってくれた際に小石が当たってしまってフロントガラスにヒビが入ってしまった夫の不運を慰めてくれるような配慮が元同僚にあったら、さぞ夫の気持は軽くなるのに。


人間ッてそういうものではありませんか


もちろん、夫は心から彼の役に立ちたいと思い申し出たことなので(遠方は元同僚の頼みでしたが)何の見返りも期待したわけではありませんが友情ッて、一方通行では長く続かないですよね。


う〜ん、私はこういう人とはもう関わりたくないですね。

ただの知り合いで充分です。

夫も同感でした。

長男の彼女 青春まっただ中のハイスクール


長男は、高校のジュニアです。

青春まっただ中

ジュニアにもなれば、友達の中にも彼女がいる人も多くなりました。



アメリかに引っ越してからというものの、長男に彼女がいる兆しはまるで無し。

まあ、私達両親は、高校生の間は、女の子との一対一の付き合いよりも男の子や女の子の沢山友達と過ごしてほしいという希望があるので、これでいいのです。


先日、野球の試合が終わった後、私達夫婦は車の中にいました。

すると、一人の女の子が小走りに野球チームの男の子の後を追いかけ始めました。

女の子は、アジア系の子です。

私は夫にすかさず

「みてみて、あの女の子、誰かあの中の男の子を追いかけてるよ。だれだろうね!」
と言って、興味津々にみていると



なんと



長男に話しかけて

しばらく二人きりで何か話しているではありませんか


あやしい


あまりにも、私達夫婦が強烈な熱い視線を送ってしまったのでしょうか?

急に、二人がこちらを見つめているではありませんか?!


どうやら

車の中から見ている私達に気がついてしまったようです。


もっと上手くスパイできれば良かったのに、間抜けな夫婦。


それはともかく、後から長男に聞いたのですが、
「つき合っているわけでもなく、普通の友達」

とのことでした。


我が子を疑うつもりではないのですが、先日暇な私は長男を迎えにきてくれたD君にさっそく質問を。

「あの女の子は一体誰??彼女ではないの?」

長男の友達D君は

「あの子は、僕の彼女の友達なんだけど、00(長男)が好きで彼女なりにアタックしているみたいだけど,今の所効果ないみたいです」


へ〜好みではないようです



そういえば、日本にいる時に長男と両思いだったという噂の女の子は控えめな感じの女の子でした。
彼女のお母さんも日本人だったんですね。

どんな女の子が好みなんだろう。。(妄想にふける母でした)

ああ、いつか彼女を家に連れて来る日が来るのでしょうか。

楽しみなようでちょっと寂しいような複雑な気持になるのでしょうか???

クラブチームの野球のコーチは、
「彼女は今作らない方が良い」と常にチームの子ども達に行っているようですが、、、。

長男又テレビに映る 歴史的瞬間と友達の悲劇

春休みに入ったので長男は10人ほどの高校の野球部の友達と、メジャーリーグを見に行きました。

そこで又、ナショナルテレビで大写しで3回も写ったのです

でも悲劇が。。。

記念ホームランの場面です。

これで、兄弟それぞれ野球観戦に行った時に2回テレビに写ったことになります。
(一回目は、二人一緒、次男の二回目は福岡ドームで夫と一緒に。そして今回は長男の2回目)

野球観戦に行っても、そうそう写りませんよねえ?


強運の持ち主です


どんな場面だったかと言うと
 
我が国誇る、岩隈選手が投手。


しかし、、、

Albert Pujols に打たれてしまいます。


521本、歴代のホームラン18位に並んだ記念ボール!!

image1_convert_20150410034428_convert_20150410050943.jpeg


友達がナイスキャッチ!!
前席の真ん中の男の子がボールを握りしめています。
隣の友達も興奮して手を握りしめています。
実はこの真ん中の子が前の記事で紹介したN君

素敵な女性はこういう人
そして、隣でN君のボールを持っている手を思わず握りしめているのがK君です。
う〜ん、なんと言うタイミングでしょう


なんと、N君素手でとったようで、アナウンサーもクリーンキャッチと褒めていたようです。
さすが、ディビジョン1の大学に野球推薦で行くアスリートです。

後ろが長男です。
「あなたも取れたんじゃないの?」
という私に
「知らない人だったら、争ったかも知れないけど友達だったから手を伸ばさなかった」とのこと。
う〜ん、納得。



春休みなので、友達の家で野球を観戦していた次男は長男やその友達が突然テレビに写ってものすごく驚いたそうです。

そして、すかさずテレビの画面を写真に撮りました。

でかした次男よ!!

一般市民は中々テレビには写りませんからね!

え?私建ち夫婦はって?
家で観戦しようと思ったのですが、なぜかマリナーズの番組はブロックされていて他のチームの試合を見ていたと言う、、どんくさい夫婦でした

でもでも
この記念ボールをもって、ロッカー室を訪れればきっとスタッフは Albert  Pujols に会わせてくれたかもしれません!!


なのに、、、

ここで悲劇が!!

アメリかでは、ビジターチームのホームランボールは、ホームチームのファンが掴んだ場合、点を取られて悔しいのでフィールドに投げ返す習慣があります。

日本ではどうでしょうか?

マリナーズであふれていた彼らの席のまわりの人達は、ボールをフィールドに投げ返せ〜と言ったものですから
なんと、彼は素直に投げ返してしまったのですね。。


その後に、実は歴代18位タイのホームランとアナウンスがあり、、


かなりショックを受けていたそうです


Albert Pujolsといえば、その辺のルーキーとはわけが違います。

野球殿堂入り間違いない偉大なホームラン王です



ああ、、こんな機会は二度とないでしょう。。。。


でも、ものすごい思い出になりますよね??
一生忘れないかも

長男いわく、、僕だったら絶対に投げ返さなかっただろうなあ。。。と友達に深く同情していました。

素敵な女性はこういう人

我が家の桜、満開です。DSC01258_convert_20150403034903.jpg
こちらに参加しています

みんなでお花見2015 -ブロ友交友録


私達家族は、アメリカに引っ越して来て一年経とうとしています。

ハイスクールの息子二人は色々なスポーツを経て(サッカー,アメフト、バスケ、テニス、柔道)野球が一番好きになったようです。


そこでこちらでも学校の野球チームと、学校外の野球のクラブチームに入部しました。

今は,高校の野球のシーズンになり試合の応援に行くと沢山の親が応援に来ています。



子供の口から、何人かの子供の名前を聞いていましたが,誰が親なのかさっぱり分からない状態。



どこのチームにも,スター性のある子供がいますよね。

高校野球チームにも目立つ子供がいました。

立っているだけで自身がみなぎっているのが伝わるのです。

一人は、K君。

野球よりもフットボールで大学に行くようです。

もう一人はN君。

なんとフレッシュマンの時からVarsity(一軍のようなものです)で2年生の時にはすでに州のディビジョン1(人数が多く野球のレベルが高い)大学の推薦が口頭の約束で決まっていたというアスリートです。


二人とも,長男の所属する地元の野球クラブにいました。


それぞれのお母さんは誰だか分からなかったのですが
先週K君のママがわざわざ遠くから私達を見つけ自己紹介してくれました。

「あなたはもしかして00(息子)のお母さん?00は〜〜(色々と褒めてくれました)なのよ〜。何年もメンバーが一緒のメンツの中に途中から入って行くのはとても難しいとこもあるけど00はすっと入り込んですごくよくフィットしていると思うの。」

そして今週はN君のママが同じように「もしかしてあなたは00のお母さん?」と私に確認してから自己紹介してくれました。

15人ほどのメンバーで同じ数の親がいるのですがたまたま隣に座った時に自己紹介は何人かとしていましたがほとんど知らない人ばかりだった時に、あちらから声をかけてくれるのは本当に嬉しい出来事でした。

いつもどんな人が両親なんだろうと思っていたからですね。

二人に共通しているのは笑顔がとても素敵で、女の私からしてもときめいてしまいます。

誰か新しい人が入って来た時に、私も自分から挨拶するような素敵な人になりたいですね。

この頃気がついたことなのですが私の名前は日本ではごく普通の名前なのですが、アメリカ人にとっては覚えにくいようで自己紹介しても中には最初から覚える気がない人もいます。

なんで分かるかって?

覚えようとしてくれる人は必ずその場で復唱してくれて、スペルの確認もして次回会った時には名前をちゃんとよんでくれます。


覚える気がない人は、何度会ってもたとえ私がその人の名前を覚えていて呼んでも決して私の名前を口に出さないのですねえ。



自分の名前を覚えてくれると言うのはとても嬉しいものです。

私はアメリカ人の名前を覚えるのがとても苦手なので必ず自己紹介した時には、相手の名前のスペルを聞いてメモにすかさず書き留めるようにしています。(何々君のママ、パパと追加するのもポイント)

そうしないと、次に会った時に直ぐにでて来ないんです。。


しかも、新しい土地で一度に何人もの人達に会った場合に日本の名前のようにすぐに覚えるなんて到底出来ないのですね。


私の場合、なぜか脳にアメリカの名前がしみ込んでくれないのです。


私が思う素敵な女性は一度会ったらちゃんと名前を覚えてくれる人です。
(何回も顔を合わせるのに、一度も名前を呼んでくれない人は私に全然興味がないんだなあと判断できて分かり易いですよね。そしてそれってちょっと悲しいですよねえ??良いバロメーターです)


名前を覚えるのは、たいした労力がかかるわけではない割に、ものすごく人間関係にプラスを及ぼすと思います。


名前は一度自己紹介したら忘れずにいたいものですね。



話は変わりますが昨日の試合でなんとフレッシュマンの次男がVarsityに2イニングだけですが守備とバットの両方のデビューをしました。

セカンドに次男,ライトに長男,滅多に無いと思うのですかさず撮ってしまいました。
う〜ん、なんとも写りが悪い写真、,ブロガー失格!!
DSC01253_convert_20150402041952.jpg


17対2という大差で勝っていたので、体験ということで出してくれたのでしょう.感謝です。
まだまだ体が小さいので,大きくな〜れっていう感じでしょうか。




sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード