国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 2015年03月

現実の世界は厳しい

高校野球でVarsity、JRVarsity、それからCチームが決まりました。


DSC01198_convert_20150325040024.jpg

日本でいえば,一軍、2軍、3軍のようなものです。


ジュニアの長男は、昨年もVarsityだったのですがめでたく今年もそうでした。

フレッシュマンの次男はJR.Varsityでした。

Cチームは半分がフレッシュマン,一年生で半分が2年生のようです。



名前と,学年を見たのですがJRVarsity中にはなんと長男の親友のD君の名前が。。

可哀想に,D君、8名いるジュニアの中で一人だけVarsityにはいれませんでした。

これッてきついですよね。


高校野球はやはり厳しく実力主義なのですね。

これは日本の高校と同じでしょう。



でも、一人だけ,,というのはかなりきついでしょうね。

D君のことを思うとちょっと胸が痛みます。


彼は野球が大好きなのですが,今年は今までいたクラブチームを辞めなくてはいけなくなりました。

両親がクラブチームの年間20万を払うことを拒否したらしいのです。

お金がないのではなく、それだけする価値がないからということで。

バイトをしてお金を集めようとしたのですが、追いつかなかったようです。

確かに、アメリカは色々な家庭があります。

我が家の息子達のように好きな野球を高校やクラブチームでもできることを常に当たり前と思わず感謝する気持を忘れずにいてほしいものです。

そうそう、例の3男君、


お金の踏み倒し

Cチームになりました。

JR.Varsityに食い込めるか、ここは頑張りどころですね。


それから、驚いたことに,
試合が終わって汚れたユニホームを家に持って帰らない子供達。。


なんと学校で洗濯を請け負ってくれているのです。

プロ野球並みではないですか!

家で洗わなくても良いんですね???

これは州の税金から??

日本ではありえないでしょう??

下洗いは子供達に何時も自分でさせていたのですが、なんといっても二人分の砂でドロドロの靴下と、汗でものすごく臭い野球のユニホームの洗濯は楽しい物ではなかったですからね。


それから私は解放されたのですか??


なんで??


子供が試合にユニホームを忘れない為に?

親が洗うのが嫌だから??

それともコーチが潔癖性で一点の汚れも無いユニホームを希望しているとか?

アメリカの高校のスポーツってどこでもそうですか?


ちなみに,公立高校です。

スーパーでのロイヤルカップル


先日,地元のスーパーでの出来事です。


私達の前に,スーパーのスタッフがショッピングカートを押しながら,二人の老人夫婦と並んで店の出口をでていました。


確かに夫婦は老人ですが、普通にサクサク歩いています。



気がついた夫が
「なんで自分でカートを押さないんだろうね」

確かに。



「きっとものすごく重いもの物を買って、カートから持ち上げられないんじゃないかな」


「そうだね。なにか理由があるんだろうね」


たまたま二人は私達の車の隣でした。


なので、ちらちらと隣を観察する私。



車の後ろのドアを開けるおじいさん。

するとスタッフの人がひと袋づつ、車に入れ始めます。

隣で何もしないで見守るだけの夫婦。


腰でも悪いのでしょうか??



でも自分の家に付いたら誰が車から買い物した沢山の物を家の中に運ぶのでしょうね。
(余計な心配)


買った物はとりわけ重そうな物は何一つありませんでした。



最後の袋だけおじいさんがひょいと取って車の中に。



チップをはずめばまあ許してやるか(私が許してどうする)と思いながら見ていたのですが(我ながら私ッて暇よねと思う)



チップ無しですか
(私が怒ってどうする)


そして空のショッピングカートを押して戻るスタッフの人。


心なしかスタッフの後ろ姿が寂し気と思ったのは私だけでしょうか。



カートを戻しに行くのがめんどくさかったからスタッフを利用したのでしょうか??

う〜ん気分はロイヤル、、


いえいえ
イギリスのプリンセスも自分で買い物に行った時はカートを自分で戻していましたっけ。



ああ〜もう、でもチップは渡さないとねえ。

ここはアメリカですもん。


それにしても、駐車場のショッピングカート置き場にカートを戻さない人ッてどんだけ我がままなんだろうと思ってしまう今日この頃です。


空いていると思った駐車場にカートがド〜ンと置いたままになっているのを見て腹が立つのは私だけでしょうか。

1分もかからないことなのに、戻すだけで皆が気持良く利用できるのに、、、


スタッフもあたふたと集めなければいけなくなりよけいな仕事が増えてお気の毒です


こういうことをきちんとできない大人ッて結構いるのですね。


意外に厳しいアメリカの高校スポーツの世界



高校野球のトライアウトの結果が発表されました。


60名参加のうち,36名が残りました。


24人も落されるとは驚きました。



日本の学校はどうなんでしょうか。


公立なのに、野球をしたくてもできないのはちょっと可哀想ですよね。


それまでは、クラブチームで皆平等とか、お金を払っているんだからスタメンにしろとか言っていた親は驚いているでしょう。


昨年チームにいた2年生,3年生も落されたようです。


一年生は、可能性があるからと言うことで全員合格。


高校野球は厳しいですね。



コーチに前もって理由をいわずに遅刻した場合は、3回目で退部です。


チームの決まり事と言う紙を渡されて読んだのですが、シーズンが終わるまでクラブチームの参加は自粛、
他のスポーツの禁止、物を投げたりしない、
ソーシャルメディアで、コーチ,チームメイトについて悪口を書き込んでいはいけない、
春休みは毎日練習があるので旅行の計画を立てるな、などなど


クラブチームとはえらい違いです。

練習も毎日午後3時から6時まで、土曜日は3時間半の練習。

36名なので、1,2、3、軍とチームを作るようです。

これっていいですよね。

一年生も試合ができるのは励みになります。




そうそう、覚えていますか?

  

お金の踏み倒し



この子も次男と同じ1年生ですが、なんとしょっぱなからコーチにいわずに30分遅刻。

練習後に走らされていました。




これで親は、前のチームのコーチに対してしたように高校のコーチにも文句を言うでしょうか??


言わないでしょうねえ〜。



そうです、悪いのは自分の息子です。

これをきっかけに自覚してもらいたいものです。



土曜日に練習があったのですが、二人とも練習の30分前に行きたいと言いました。


日本の野球のおかげですね。

ギリギリに行くのではなく,余裕を持って早めに行きグランド整備とかを率先してやることはとても大事。


グランドを使うのだから一年生も,エースもそれは関係無いよね,と家でも言っていることが無駄にならずに良かったです。



日本では当たりまえのことなのですが、

練習後にぶらぶらしている子供が何人かいる中、率先してトンボを持って整備している二人を見るのはとても誇らしいものでした。

家庭内暴力


日本で住んでいた家をアメリカの基地に勤めている人に貸していました。



家を貸していることで間接的に色々な人の暮らしぶりが分かることもあります。



今回住んでいた人達がアメリカに帰るというので、頼んでいた不動産会社の人が家の中を一通り報告して写真を貼付してくれました。


写真をみてびっくり。


10ヶ月しか住んでいないのに

階段のところ,和室、子供部屋、ドアと何と4カ所も壁が壊れていました。



そして床にも大きなキズが。。。



私達はその家に約7年住んだのですが、育ち盛りの男の子が二人いても、一カ所も壊れるようなことは無かったのですね。



確かに、子供が,7歳から13歳までの4人いたらしいのですがそれにしても凄いなあと思いました。




どういう暮らしをしていたのだろうと想像します。



父親と母親が再婚同士で,お互いが二人の子供を連れていたという家族構成と聞いていました。



ああ、難しそうだなあと思っていたのですが、それとこの家の住み方は何か関係しているのだろうかと私はつい想像してしまいましたよ。


和室の障子も割れにくいプラスティックのに張り替えておいたのに,何とそれも2カ所も破けていたようです。


どのくらい強いかというと,私が軽くパンチしても、人差し指で強めにつついても,破けない強度をもっていました。


どうやって破いたんだろう。


はっきりいって、10ヶ月で出て行ってもらって良かった。


修繕費は当然もらいましたが、こんな人達に何年も貸していたら,家がぼろぼろになりそうです。


いままでも、何人かの家族に貸していたのですが男の人の拳大の穴が壁にあいたこともありました。

まあ奥さんや子供を殴るよりは良いですけど,そういう人と暮らすのッて怖いですよね。



映画で,怒った人が壁を叩いて壊しているシーンを見たことがありますが本当にあるんですね。

いくら頭に来ても、壁を叩いたら自分の手が痛いじゃないですかね。


家庭内暴力とは違いますが、思い出したのが

昔,ジャイアンツの投手であまり良いピッチングができずベンチに下げられた時に自分に腹が立ち大事な投げる方の手を壁にぶつけて骨折した人がいましたっけ。

その投手、大事な先発の一人だったので何と球団から罰金の罰が下りました。

骨折して当分投げられなくなるは、罰金を払うことになるはで、踏んだり蹴ったりとはこのことですね。

メジャーでは、バットを壁に投げたら折れたバットが跳ね返って本人の顔に直撃というのもありましたっけ。


大人になったら物や人に八つ当たりをしないようにしたいものですねえ。



世の中色々な人がいるんだなあと改めて思った事例でした。

sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード