国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 2014年08月

女の子からこんな素敵なギフト次男は幸せ者です

こちらはまだ夏休みなのですが

後少しで新学期です。

次男はハイスクールに行きます。

ジュニアハイからほとんど同じ生徒がハイスクールにあがるのですが,残念なことに何人かは違うハイスクールに。


DSC01085_convert_20140829023522.jpg


写真では分かりにくいのですが、両手でもてるくらいの大きい鶴です。



次男の机に飾ってあったので何となく見ると、つばさの裏側にメールのアドレスが書いてありました。



次男にだれから?
女の子?
同じ学年?
なんでくれたの?

根掘り葉掘り聞く母

「彼女は違うハイスクールに行くんだ」。

「同じ教科があったの?」

「うん,バンドのクラス」

そうか〜。
だからメールアドが書いてあるのね。

「何人かあなた以外にも、もらった人はいるの?」
これは大事なポイント


「ううん、僕だけ」



次男が日本から来たことをもちろん知っているのでしょう。


なんて粋な贈り物なんでしょう。

次男はともかく,私の心にストライクです。

さっそく、次男のフェイスブックに行きこの女の子をチェック。
(なんて暇な人なの)


ブロンドの素敵な子でした。
デモきっと、次男より背が高い感じ、、。

このころッて,女の子の成長の方が早いですもんね。

青春ですね〜!

16歳で深夜のドライブデート

長男の野球の試合のスケジュールは,働くサラリーマンもびっくりの忙しさ。

毎日のように試合がありました。



開始時間が夕方の6時とか,8時とか。

平日の昼間の11時とか。

普通の人は働いている時間なのに,家から1時間も離れたところに行かなくてはならないのです。

長男の所属するチームは皆16歳、17歳.そうです,自分で運転できるのですね〜!

それでも、親はフリーウェイで運転できるとはいえ子供を一時間以上も運転させるのはいやなようで,仕事を休んだりして試合に駆けつけていました。

今は、シーズンが終わりほっと一息なのですが思い出したことがあります。


ある日の試合が夜の10時半に終わった時に、チームメイトの運転する車が駐車場を出たところを見かけたのですが

運転席に、K君とその隣にガールフレンド,後ろの席には同じくチームメイトのM君とその隣はそのガールフレンドが乗っていました。

ガールフレンド,,アメリカの高校生って、体つきも大人ですよね。
その子達は、高校生らしいのです。

アジア人なら何となく分かるのですが、白人だともう年が分かりません。
メーキャップもバッチリだと彼女達が25歳と言っても私は騙されるでしょう。

へえ〜凄いな,16、17歳にしてもう夜のフリーウェイで一時間以上も運転して帰るんだ〜。

と感心する私。


ちょっとまてよ、
家に真っすぐ帰っても11時半ですよね。

親は,娘がそんな遅くまで彼氏と来るまでどっかに行っていたら心配ではないのでしょうか??


長男は,まだ15歳。運転免許もないしガールフレンドもいないので一安心ですが

「あなたが将来好きな女の子が出来て,デートに行った時に,まだ高校生で夜中までうろうろする女の子だったらママは嫌だなあ」

と、釘をさしておきました。

「うん」


と返事はしていましたが、さあどうなるのでしょう。

男の子の親でも,やっぱり心配ですよねえ。


それにしてもさすがアメリカ。

16?17歳にして車で深夜のデートですもん。

いじめに会った時の対処法

夫が,次男のチームのコーチと飲みに行った時の話です。

コーチの息子が学校でチームメイトのSから,皆の前でズボンを下ろされたそうなんです。

夏休み前の話なのですが。。

コーチの息子は当然頭に来てSの顔をパンチしたそうです。

すると、S君のお母さんからコーチに電話が。

謝りの電話ではなくて、なぜか抗議の電話です

「Sは、友達が1$やるから、あいつのパンツを下げてみてろ,と言われたからしただけなの。ふざけただけなのにパンチするなんてあんまりだわ。暴力はいけないとあなたの息子に教育してほしい」

驚いたコーチは
「ふざけた?やられた方はそうとらないですよ。いじめですよこれは。Sがそういうことをしなかったら、息子はパンチしなくてすんだんですよ。Sにそう言うことはしてはいけないと教育したらどうですか?」

と言い返したらしいのです。

しかも
「実は息子から相談があった。学校でパンツ下げが流行っていて,自分がされたらどうしようと。僕は,顔面パンチしてやれと教えたばかりだったんだから」
と。


するとSの母は「息子は,私が離婚して,その後再婚して妹が出来て,とても難しい環境で育ったの。大目に見てやってほしい」

(だからといって、クラスメート、しかもチームメイとのパンツを皆の前で下げても良いのでしょうか?)

そんなやり取りをしたそうです。

キンダー(幼稚園)ならまだふざけたでとおるかもしれませんが
13歳ですよ.中学生です。

分別があってしかるべき年頃。

しかもそのお母さん、大学で講座ももっているインテリです。

初めてチームに入った時に挨拶を先にしてきてくれた本当に感じの良い人で私は大好きだったのに,驚きました。

インテリだから、常識があるとは限らない例でしたね。

息子にこの話をして,あなただったらどうする?と聞きました。
「僕も顔面パンチする」
でした。

私?全面的にサポートです!!



理由はともあれ暴力はいけないッて?
それはそうですよね。あの素晴らしいガンジーのやり方に反します。

言葉で「やめろ」
といッて収まるのなら、暴力はいけませんと言うでしょう。
でも、子供の世界はそうじゃないですよね。
子供ッて単純。
力のある子はいじめられないのですから。

なので私のアドバイスは「パンツを下げ返してやれ」
でしょうか。

 優勝してもらったものは,驚きのものでした。

先日の週末で長男次男のそれぞれの野球クラブのシーズンが終わりました。




長男のクラブは,2つのリーグに所属して(21チーム)上位8チームがプレイオフとなりました。

残念ながらどちらもチャンピオンシップまでいかなかったです。

次男のチームは,一つのトーナメントで優勝,もう一つは準優勝でした。

優勝はゴールド,準優勝はシルバーの指輪を選手がひとつづつもらうことが出来ました。

指輪なんて,アメリからしいですよね。

13歳の男の子に指輪、、ませていますよね??

日本では、メダルとか、トロヒィーでしたね。

DSC01076_convert_20140730065835.jpg

無邪気な13歳の子供達は,これッて本物のゴールドかな?
とかいって、はしゃいでいました。

かわいいですよね!

先日、長男は今のクラブのコーチからの推薦でトラベルチームに参加。空港まで送って行きました。



皆、180センチ以上の爽やかな15人です。
青いポロシャツを着て集合でした。
長男,奥の方でバックパックを背負っています。(みづらいですね)
今シーズンのリーグで参加していた21チームのなかで、バッティングアベレージが5割以上のジェイコブ君もいました。

ライバルだった他のチームのメンバーと一つのチームになって、他の州のチームと野球をするこの機会は長男にとって、素晴らしい経験になるでしょう。

いいなあ。。DSC01077_convert_20140803042315.jpg
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード