国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 2014年06月

体に良くない肉?!

スーパーの肉売り場でのことです。

おばさんが、肉売り場の係の人に色々と質問をしていました。

オーガニックと普通の肉との違いッて?

オーストラリアからの肉とアメリか産とどう違うのかしら?


ホルモン剤を使って育ッた肉は嫌なの。

安い肉は信用できないわ。

味にはちょっとこだわりがあるのよね。


苦笑いしながら売り場の係の人が
「この肉はシチューにいいですよ」

というと


「私は食べられないの。肉はあまり人間の健康に良くないから.私の犬に食べさせる肉を選んでいるのよ」


そうだったのね!

もちろん犬は,家族とおなじように大事な存在。


食べ物にも注意をはらいたいのはもちろん分かります。


でも、スーパーの売り場の係の人は,肉は健康に良くないと言われたあかつきには


面白くないですよね〜

人間様相手に肉を売っている人は、それなりに自分の仕事に誇りを持っているでしょうから。


こういうおばさん、健康マニアになって100歳以上生きるんでしょうか?


人間の体に良くないと言い切ってしまうおばさん、愛犬に肉食べさせても良いのでしょうか?

一緒にサラダでも食べれば良いのに


でもその昔、TVでみたんですけど愛犬に一本1万円もする日本産の松茸をポ〜ンと犬のご飯にのせて自慢したおばさんの方が貧乏性の私にはカチンときましたけど。



プリンセス?人を使う女子高校生

長男の野球の試合を見ていた時のことです。

急に天候が悪くなり雨に。


すると、スタンドに座っていた高校生の女の子が、他の高校生の男の子に猫なで声で言いました。

「ねえ。。私の車から傘を持って来てくれない?」

と鍵をちらつかせて、二人の男の子の方に向かって言いました。


すると、男の子はちょっととまどいながらも

「いいよ」

と言って何と鍵をもらって取りに行ったのですね。


(もしかして俺のこと好きなのかな?とでも思っているのでしょうか)

はあ〜?傘くらい自分で取りに行ったらいいのに!!

そのプリンセス態度きにくわないわ


さすがにそそくさと,使われている男の子が傘を取りに言っている間に「あの子便利ね〜」などとささやいてはいませんでしたが。



息子がそんなふうに使われたら本当に嫌。



さっそくこのことを家に帰って来た息子に話しました。


「ねえ、あなただったらどうする?」


「取りに行かないよ。自分でいけよ,って言う」


良かった。


そうです。


私だって過去女子高校生だったのですから、よく分かります。



選んでいるんです。


ほいほい言うことを聞く男の子なんて、尊敬していないし、眼中にないのです。

彼氏にしたいと思うカッコいい男の子には絶対に頼まないのです。

(少なくても私の時代では。え?私はそんなことしませんでした.自分のものは自分で取りに行っていましたから〜!!)

そういう怠け者の女の子はどうでもいい男の子に頼むのです!!

映画にでてくような意地悪な少年

次男のベーブルースリーグの時の出来事です。

ブロンドで目の青い、爽やかな少年P君が話しかけて来ました。

「君達のチームと,僕たちのチーム,今度試合をするんだよ.その時は僕が投げる予定だ」


と、私と,チームの子供4,5人の前でそう言いました。

「そうなの、よろしくね。今日は試合どうだったの?」

と聞くと

「僕は14三振取ったんだけど、守りが下手で12対8で負けたんだ。エラーだらけさ。それにこいつが,後から投げて,8人にフォアボールをあたえちゃったんだから」

と、自分の自慢の後に隣にいるチームメイトの悪口を言いました。

気が弱そうなチームメイとの男の子は隣で苦笑い。。

「まあ,野球はチームプレーだから,一人では勝てないということよね」
というと

「まあね。」

そんな会話の後でしたから
「あそこのチームには勝ちたいね」と私達は思っていました。

試合の日,,,本当にその子P君が投げたのですが確かに守りがわるく,ゴロに打ち取ってもセーフになってしまいます。

そのたんびに「なにやっているんだよ!!ちゃんと腰落してグラブを前に出せよ!」

とか

「早くしろよ!」

「ぐづぐづするな」

「ちゃんとベースに付け」

一人で怒っています。

打たれてしまったら,とてもドラマチックにマウンド場で膝を落してがっかりします。

ものすごく驚いたのが

3塁からホームにすべって来たうちのチームの子供が、そのピッチャーP君とホームで交差してしまったのですが,その時
そのピッチャーのスパイクでランナーが足をけがしてしまったんです。

倒れて動けないでいると
「大丈夫?」

の言葉の変わりに
「足どけろよ!!」


でした。
ピッチャーのP君の足の上に乗ってしまったからなのですが。


もう映画にこういう悪役いますよね?

カッコいいけど,性格悪い男の子,,,,まさにそんな感じでした。

チームのコーチや保護者、,誰も注意しないのでしょうか?


試合の後に夫が相手チームのコーチと話す機会があったので、「あの子は何でチームメイトをあそこまでけなすんだろう。チームワークもあったものじゃない」

というと
「彼は誰よりも野球のルールを知っているし,野球が出来るから,ストレスがたまってしまうんだ.他の子供よりも遥かに上手だからね」


はあ〜??コーチ?

野球が出来ればそれでいいのですか??

スポーツを通して健全な精神を養うことが少年野球では最優先ではないのですね〜?


もうぶったまげました。

ウ〜ンP君。。。
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード