国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 2014年03月

マネージャー出せの怒りの事件です

ホテル暮らしといっても、初めの一ヶ月と終わりの一ヶ月がホテルで真ん中の一か月はキッチン付きのアパートでした。
 
今日の事件?があった最後のホテルは子供達の学校に近いホテルで、ウォーターフロントでした。
フレンチドアからそのまま外に出ることが出来ます。

DSC00803_convert_20140326005152.jpg

かもが沢山遊びに来ます。
DSC00808_convert_20140326004831.jpg


朝食も海を見ながら食べ放題。

その後温水プールに行って軽く泳ぐのが日課でした。

こんな立派なプールは何時も誰もいなく,プライベートの貸し切り状態でした。
DSC00791_convert_20140326004317.jpg



しかし、子ども達の部屋と私達の部屋は隣同士だったのですが、電話がつながらない。。

フロントにやさしく頼みました。

「緊急ではないけれど直してね」と

しかし、2、3日たっても直っていないではありませんか。

ちょっと強気で「一体いつ直すつもりでしょうか」

それでも2日経っても来ない。。

アメリカではやさしくものを言ってもことは運ばないのでしょうか。

今回はとても強気で「急がないとはいったものの、2日も待つなんていっていないぜっ」

直ぐに人を送って来ましたが、何とその彼、直せない。


すごすごと帰って行きました。

当然他の人が来ると思いますよね??

思いますよね??!

ところが、二日経っても誰も来ないではありませんか

今度という今度は本当に「一体どういうことでしょう」

と文句を言うと驚いたことに
直せなかった役立たずの彼ったら、そのままなにも行動せずに放置したことが発覚。

フロントも申しわけないと、明日直ぐに人を送ると約束。

又誰も来ないではありませんか?!

もう私は飽きれましたよ。

「電話一つも直せないなんて、直すと言っていてそのまま何日も放置はありえない。何度頼めばいいのさっ!もうマネージャーだしてちょうだい」

そうです。直訴です
やさしい私も永遠にやさしいわけではないのです。

おちょくるのもいい加減にしろッて感じでしょうか!!
ここまで来ると,わざと無視していると感じてしまうではありませんかっっ

遠慮して(今思えばお客の私がなに遠慮していたんだろうと腹立ちます)頼んだあとは何時もおとなしく二日もまっていた私は馬鹿だった

直すまで,電話をかけまくれば良かったのだわ。

このホテル、どうやら電話を直せる人がいないようです。
あの電話,一生意地でも??直すつもりがないのでしょう。

とうとう私達は、アップグレードの部屋に移動となりました。

電話を直せる人がいないおかげで、後の滞在はとても快適でしたけど。

こんなことならもっと早くマネージャー出せと言えば良かった。。。

ウ〜ン、アメリカ、、、大丈夫かしらん。。

ファーストフードで貧乏くさい注文の仕方


3ヶ月の仮住まいの中、毎日レストランに行くのは,不経済な上めんどくさくなり,ファーストフードやスーパーのお惣菜を食べるという生活が続きました。

そんなある日、バーガーキングによったときのことです。

バーガー大好きな夫も,この時はもう食べたくなかったようで

お店のお姉ちゃんが、3つ?(私と二人の子供を見て)誰か食べないのかしら?

と聞くので

(そうです。ここはアメリカ。皆お話が大好きで、スーパーのレジでもファーストフードのおねえちゃんでも何かと会話してくれるのですね)

「ええ、今日は僕は食べないんだ」

とデューク(夫)が言うと

「わお!大抵女の人の方が我慢するんだけどね」

??

「私はよく皆の為に食べないで我慢したわ。お金があまりないときでも、友達がお金をもっていなかったら、友達に食べ物を買ってあげたりしたのよ」

??その割にはあなたが肥えているのはなぜ?なんちゃって

「あなたはナイスガイね!」

と夫を褒めたのでした。

予期せず会話に夫はとても戸惑い
「あの、、、」

と何か言おうとしたのですが、何だか彼女が切なくなって私も夫も苦笑いしました。




もしかして私達貧乏臭かったかしら???


(ちなみにファーストフードに行くと私達はセットを頼まず、ドリンクは無料のお水をもらいました。炭酸ソーダはあまり体に良くないので大抵そうしています。そのうえ、フライドポテトは、沢山食べ過ぎたら嫌なのでLを一つ注文して子供達二人で分けて食べます)

かなり貧乏臭い注文をしたのだと思われたのでしょう


家族4人で顔が引きつったのは言うまでもありません。。。


でも,日本では絶対にというかほとんどなじみでないお客に話しかけて来る定員はいないですから、このアメリカのフレンドリーぶりには初めはおどろいていました。

でも慣れて来ると、結構いいものですね

人生を考えてしまったきっかけ

昨日、こちらは夏時間になりました。

こういう経験は初めてだったので戸惑う私。

子供達に聞かれても
「え??本当?」
と答える間抜けさ。

夫に聞いても又、外国人の振りをして
「アメリカに長く住んでいなかったから、どうするんだったけ?」

ととぼけ、親の威厳はさっぱり。


でも9日に、私達の心配はよそにPCは勝手に時間を合せてくれました

素晴らしいテクノロジーですよね。

壁にかけてある時計はそのままゴーイングマイウエイでした。(あたりまえね)

でも、不思議に思ったことはありませんか?

なんで、電源も切っているのにPCは時間を合わせられるの??

PCってどれだけすごいのさって?!


で、調べて分かったことなのですが、電源を切ってもPCの中には小さなバッテリーが入っていてそれで対応してくれるそうです。

そうか〜

だから、昔ビデオの電源を切ってもそのまま時間は狂わずに進んでくれていたし、録音だって勝手に始めてくれていたのねと、

この年になって分かりました。

いままでは、魔法のようだわと感心だけしていたのですが。

隣で直ぐに調べてくれた長男、、あなたのおかげです。

疑問をもったら直ぐに調べる,,,これをしていたらもっと前に知ることが出来たでしょう。


そしたら私の人生もう少し違っていたかも??

色々考えてしまいました。

何だか一人で反省してしまいましたよ。

夏時間のせいでせっかくおきる時間に外が明るくなったと喜んでいたのに、又暗くなってしまった。

そうです、6時半が先週だったらまだ5時半のはずだったのですね。

今はPCが有るから便利だけど、昔は,時間を合せるのをわすれて学校に遅れてしまったおっちょこちょいの子供がいただろうなあと、想像します。

しかし、これからの人生積極的に生きて行こうとちょっと今更ながら思った私です。いひひ

レベルアップの生活は意外にストレス??

私達は、今まで2年おきにアメリカに帰るかもと言う計画があったため、何と7年も軽自動車一台で生活していました。

勤務先も歩いて行ける便利な所に住んでいたおかげなのですが。

え?夫婦だけなら全く問題ないですよね。

市内だけ移動するとかなら経済的ですよね?

しかし、育ち盛りの子供は7年のうちにどんどん大きくなり、野球の道具をいれるのもままならない状態。

その上、遠征には3時間かけて軽で80キロで高速利用していたので、偉いめんどくさかったのです。

車の中がえらく狭くなって、酸素不足にも。

しかし


アメリカに引っ越し、しばらくは住むことになり、何と人生初めて新車購入

現代(トヨタです)の車は素晴らしいのですね。

魔法のようです。

荷物を両手に抱えても、鍵探さなくても近寄るだけでドアが開くなんて!

しかも、エンジン掛けるときも鍵を差し込まなくてもボタン一つでオッケー〜!

これが噂で聞いていた現代の車なのですね!!

魔法のボタン
  
DSC00820_convert_20140302042048.jpg


なので、鍵を車の中に入れ忘れて締めてしまっても焦る必要は無くなりました。

しかも、100キロでしばらく走るときはクルーズコントロールといって、同じ速度で走ってくれます。

足はアクセルから離しても車は走ってくれるのですね。

そんな、便利なセンサー付きの鍵は、もちろん、洗濯機に入れてジーンズと一緒に洗ってはいけないことはお分かりですね〜?

車購入の際に、「鍵の保険」を勧められました。

さすが、魔法のような鍵ですから

一つの鍵になんと7万もするのです。

「無くした時だけでなく、先日も、洗濯してしまって鍵が使えなくなったお客様がいらしてねえ〜。保険にはいっていたらよかったのに、と8年もお客なのだからただでなおしてと泣きつかれたけど,,駄目なものは駄目なんですよねえ」



「おほほ、私達はそんなおっちょこちょいのわけないじゃありませんかっ」

おお見栄をはり、保険購入しなかったのは言うまでもありません





ある日、夫が、「僕の鍵知らない?」

何時も同じ所におけば良いのに、人生のうちの10%は何時も鍵を探している人間なのですね、この人は。

ところが今回は探しても探しても鍵が見つからないではありませんか!!

ふと、2時間前に夫が洗濯していたのを思い出しました。

この人洗濯大すきで、人生のうちの10%は洗濯しているかもしれません。

「まさか、この洗ってあるジーンズのポケットには入っている分けないよね〜」
と、

ちょっとわたくしは顔を引きつりながらも笑顔でポケットに手を、、


鍵があるではありませんか


あなた、鍵洗いましたね?!


慣れないものを持つべきではありません。

私達には、原始的な普通の鍵で充分に良かった。


こういう時?

私はやさしいですよ。

わめいても怒鳴っても過去に戻れないのですがら

ああ〜とだけ言って。夫に濡れた鍵を渡しましたさ。


ネバーギブアップの夫。


なんと鍵を開け綿棒で水気を取り始めているではないですか!!

そして祈るような気持で再度ボタンを押すと、、、、

明かりが!!

その勢いで車に行き、動くのを確認すると

夫婦で手を取り合って喜んだ次第です。

ここで,アドバイスです。
まほうの鍵のある車を購入した方、鍵は洗濯しないようにしましょう。。。

間違って洗ってしまったら,,綿棒です。






sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード