国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 2011年08月

悲しい出来事

この傷、見て下さい。
深く噛まれて、回りが痣になっているんです。


IMG_8284_convert_20110817143017.jpg

長男が犬にかまれた写真です。
同時に腕も噛まれたのですが腕は幸い深くなかったんですね。

今日は余にも醜い話なので、こう言う話を期待していない方はどうぞパスして下さいね。

野球の練習に出かけた時のこと。

卒業生の一人、J(15歳のくせに)が、彼女の犬を預かっていたらしく、野球場に連れて来て、外の炎天下のコンクリートの上につなぎました。

その犬は、知らない所に連れて来られ、暑い中、Jの姿も見えずに心配だった為か、4時間吠えまくりでした。

つないだ所は、二つの出口に近い所でした。


長男は通りかかっただけなのに,思いっきり噛まれてしまったんですね。

それを後から知ったJは、「大丈夫?」の一言も無く、「お前が近くに行き過ぎたから悪いんだ」
と状況を確認しようとしたデューク(夫に)言い訳をしました。

頭に来たデュークは迎えにきたJの父親(アメリカ人)に、長男が噛まれたことを見せて
「こんなアグレッシブな犬は野球場に連れてくるべきじゃない」
と言いました。

「そうか、あの犬はフレンドリーじゃないからなあ。人間嫌いなんだ。君の息子は近寄り過ぎたんじゃないか」

「大丈夫?」の一言?

ありませんでした。


「息子を病院に連れて行かなくては行けないから、必要なことがあったら、君の家に電話する!」
というと、Jとそのパパは、なぜか逃げるようにして帰って行きました。


引っ越しが多いので、私達は犬を飼ったことがありません.長男は,犬を見ると駆け寄ってなでることは決してしないんですね。犬との経験が無いので何時も遠巻きにしてみるだけなんです。

しかもその犬は,ゴールデンリトルリバーくらいの大型犬。

家にデュークと息子が戻ると、なんとそのJの母親(日本人)から電話です。

デュークが電話にでました。
「ハロー、や大丈夫?」の一言もなかったとのことです。

「奥さんにかわって。あなたの息子がどのくらいくさりに繋がれた犬に近寄ったのか知りたいの」
「妻は、その場に居なかったんだから,なにも知らない。事情を知りたかったら僕に聞け」
とデュークがいうと
「あなたはそこにいなかったんでしょう?」
「一日中いたさ」
「でも、噛まれた瞬間は見ていないんでしょう?」
「君だって見ていないはずだ。それに、今回は他の子供のお父さんも噛まれているんだから、犬にちかづき過ぎた息子が悪いという考えは通用しないですよ」

本当にそのお父さんのパンツは破れて.お尻が赤くなってしまったのですね。

それなに、彼女はその場に居なかったくせに
「そんなはず無いわ!あの子(犬のこと)が人を理由も無く噛むわけが無い!」

はあ、、。

ようするに、預かっていた犬の責任が彼らにあるわけで、飼い主に向ける顔がないと、自分達の立場ばかり心配しているんですね。

アグレッシブな犬と分かっていて,なんで,連れて来たんでしょう?
人通りが多い所になんで4時間もつないだんでしょう。
もっと、日陰でJの姿が見える所で人が通らない所に繋ぐことも出来たのに!
なんで一言,危ないから犬に近寄らないようにと言わなかったんでしょう。
何で大丈夫の一言がないんじゃ!!

ただの知り合いならともかく
祝日の時にお互いの家を行き来していた家族からの余にも驚くべき言葉に私達は言葉を失いました。(と言っても,一回ずつでした)

ただ、そんな中でも心のつながりはなかったので,やっぱりそういう人達だったのかと妙に納得してしまったのがちょっと笑える話です。

なんとなく、前から感覚が違うなと,私は思っていたんですね。


でも人ッて,いざという時に本性がでるんですね。

余にも,このままだと腹が立つので,もちろん、治療費と噛まれたお父さんのパンツ代くらい,支払わせてやろうと手続きを踏んでいます。


あの時
「大丈夫?ごめんなさい」
などの言葉があれば、私達は本当にそれで良かったのに。
でもここまで子供が子供なら親も親の発言(さすが,似た者親子に夫婦,同じ発言には感動ものです)にぶち切れた私達。


息子?抗生剤を10日も飲むはめになりました。


はらわたが煮えくり返るとはこう言うことね,と怒りが収まりません

読んで下さった方,心から感謝です.すみません,すべて私の怒りをここにぶつけてしまいました。


あの後、その日本人のお母さんとどうなったかって?
あえて電話しませんでした。
電話先で、ののしり合うようなことはしたくなかった。

でも今度道で偶然に出会ったら、「息子のけがに対して、何の言葉もないの?」
と言ってみようと思います。


いえいえ、そういう人はもう無視した方が良いと思いますか?
デュークはそう言います。。。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
にほんブログ村
FC2Blog Ranking


マウスコンピューター/G-Tune
デル株式会社
楽天トラベル株式会社



今時の小学生の恋愛事情パート2

我が家に,初めての日本人の友達がお泊まりにきてくれました。

野球チームの6年生のキャプテンです。

今までは,アメリカンスクールの子供達ばかりだったので,私はなんだかわくわくしちゃいました。


色々,疑問に思っていたことをさんざん聞いてしまおう!!


ということで、


もう彼女がいると公言しているK君に,どうやってつき合い始めたのか,根掘り葉掘り聞いちゃいました。

(エへ,もう我が家には泊まりにきてくれなくなっちゃうかしらん)


素直なK君、すべて正直に告白してくれます。

「みなちゃんが、告白してくれたんだ」
「え?学校の校舎の裏庭に呼び出されたの?」(すごい、ステレオタイプな質問よね、、)
「いいえ、放課後の校庭でした」
「ミナちゃんは一人であなたを呼び出したの?」
「友だち、5人一緒だった」

え~??じゃあ,囲まれて告白されたんだ~!!

「はい」

ふ~ん、凄いプレッシャーよね。

「で?初めて告白されたの?」

「いいえ、僕,2年生くらいの時から,結構告白されてんですよね」
(まあ~羨ましい)

「もしかして何時も,女の子は友だち引き連れて来るの?」

「はい、何時もそうでした」

ふ~ん、これッて面白いですよね。
告白には勇気がイルから,友だち全員引き連れて来るんだ~。

「で?K君は何でつき合うことにしたの?」

「2年からずっと告白されていて,,実はめんどくさいから全部断って来たんだけど、みなちゃんこのことは,実は最初から好きだったんです」
へ~。

小学生で4年越しの恋か~。

小学生の頃の私なんて,誰にも言わなかったけど、学期が変わる度にいいなと思う男の子が変わっていて,自分のタイプなんてさっぱり分からなかったのに。。

みなちゃんと、K君にやられたって感じでっす(やられたって、、なにがって?)

青春だな~。羨ましいったら~!
もう一瞬,目が泳いでしまったわ、、、。

ねえ?
小学生で4年越しの恋、、素敵ですよね?
羨ましいですよね??


ポチット感謝です。もうランク下がりまくって、自分のブログ探すの大変~
あ、更新さぼってるからって?
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
にほんブログ村
FC2Blog Ranking


月額見放題1,000円開始キャンペーンバナー(画像ありver)
デル株式会社
楽天トラベル株式会社

ショップチャンネル
【CPN用特定バナー】-JALショッピング

アメリカ人が嫌い

今日は66回目の長崎原爆 の日です。11時2分に黙祷のサイレンが鳴りました。

先日
デューク(夫)が公園で本を読んでいた時身なりのいい60代くらいの男性が近寄って来て話しかけて来ました。

「僕は前に海軍にいたんです」
この年齢からして戦後生まれだったら自衛隊にいたということでしょうか?

「でも今はお金が無くって,,お金を下さい」

デューク
「お金に困っているのなら市役所に行ったらどうですか?相談に乗ってくれますよ」

突然狂う親父
「FXXk You! FXXk You! FXXk You! FXXk You!」

と連呼し始めました。
ウ~ン,一体どうしたんでしょう..病気なんでしょうか。
身なりが良いのに,お金がないッて??

さすがに頭に来たデューク
「あっちに行って下さい」
何度も言ったそうです。

それでも狂った親父
「FXXk You!」

壊れたレコードのように繰り返し,終いにはなぜかデュークに顔を近づけて来たようです

ここで相手に触れたら外国人である自分は不利になると分かっているのでデュークは
「警察に行きますよ」

と言いました。


すると狂った親父いきなりデュークの胸ぐらを掴んできて(殴るのかと思いきや)
「ノーノー I am sorry」
と言いながら逃げて行ったそうです。

デュークは何時も言います
「この町はアメリカ人が好きではない人が多い」



確かに、野球のチームのママの一人がこんな話をしました。
彼女は36歳。長崎出身です。
「私の育った町ではね、幼稚園から毎年映画を見せられるの。原爆の映画とか戦争の映画とか。アメリカ人がとてもひどく描かれているの。だから私と妹が初めてアメリカ人(その時は白人だったからアメリカ人と思ったそうです)をデパートで見た時怖くて逃げたのよ。」

「そしたら、その人,何で逃げる?ッて日本語で言いながら追いかけて来て凄く怖かった」
(気持はわかるけど、なにも追いかけなくてもねえ、、、。)

と彼女は話し続けてくれました。
「そういう教育ッて、、余小さい頃は意味が無いと思うんだよね。私の子供なんて、その映画を見せられて怖くて夜中にうならされて、おねしょもしちゃったの。
それからは、学校に手紙を書いて子供の参加を高学年になるまで辞めさせたのよ。」



戦争体験を伝えるのはとても大事なこと。

でも、小さい子供は,人が死ぬということはまだ分からない。
自分のおじいちゃんやおばあちゃんが死んでしまうと言うことはもう会えなくなるとかそう言う次元では理解出来るけれど,サンタクロースを信じている幼い心に殺しあいの戦争の話しは早いと思うんです。

戦争になったら,食べ物がなくなるとか大事な家族がかえって来なくなるとか、そういう話しはしてもいいと思います。
というより、親から子へとかたり続けたい話しです。

でも虐00とか,レ00とか、黒こげの、、(読みにくくてすみません.しっかり書くと送信出来なくて、、)そう言うことは小学校の高学年頃からでもいいんじゃあないかと私もそのお母さんの意見に賛成です。


ちなみに,私が育った東京では,母に連れられて地元の映画館で裸足のゲンを見た記憶がありますが学校ではそもそも戦争を語られなかったような気がします。

中学になって,先生がご自身の体験を話してくれたのは覚えています。

私は子供に母から聞いた話を伝えるようにしていますが,私の子供が親になるころは、どうなるんだろう。
やっぱり学校で教科の一部に組み込まれているといいんだろうなと思います。




月額見放題1,000円開始キャンペーンバナー(画像ありver)

デル株式会社
楽天トラベル株式会社
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
にほんブログ村
FC2Blog Ranking


ショップチャンネル
【CPN用特定バナー】-JALショッピング
sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード