国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人 アメリカハイスクール

アメリカの現実なのでしょうか

前回のブログでも書いたようにKちゃんは今、学校の近くの家から通うことが出来る様になりました。


先日、Kちゃんと話をしていたらKちゃんのクラスメートMが話に入って来ました。

Mちゃん「私も自分のお母親とは暮らしていないの。父親も近くにいるけど私とは暮らせないんだ」

私「誰と暮らしているの?」

Mちゃん
「お母さんの妹」

私「そうなの、、、」

Mちゃん
「おばさんはとても良くしてくれるから、私はラッキーなの。実はね母親は私のことが嫌いなの」


私「あなたを嫌いだなんて、、それは悲しいね。なんでなの?」

Mちゃん
「ううん平気なの。私はゲイなの。お母さんはそれが理解できないんだって。ゆるせないって。でも、あの人ね、薬ばっかりしているから私はお母さんと暮らさない方がいいのよ。あの人、(お母さんとは言いませんでした)私のことなんて気にしてないのよ。だから私もあの人のこと全然気にしないの。
関係無いの」

16歳でゲイ、、、と公言する彼女に私はただただ驚いてしまいました。
お母さんのこと、関係無い、、。強がりを言っているんでしょう。
切ないです。


私「ああ、、、、あたなを大事にしてくれるおばさんがいるのは本当にありがたいわね」

それしか言えませんでした。


はっきり言って絶句しました、、、、、。

彼女は前にボーイフレンドがいるとも言っていたのに??

ゲイ??両方??
分からない〜!!


そして、同じ週に近所のDちゃんと立ち話。

Dちゃん
「この頃、よくあなたの子、Fと一緒の時間になって朝学校に行っているんだ.知ってる?」

私「そうなの?」

Dちゃん
「うん、いいなあ、あなたが作った昨日の食事、シェフのようだわ(大したことないのです。中華料理ですけど)F君、ラッキーだなあ。私なんて,,,ピザばっかり」

私「ピザ?悪くないわよ、ピザ私好きだわ」

Dちゃん「でも沢山食べると飽きるよね。昨日は作りたくなかったの」

私「あなたが料理何時もするの?」

Dちゃん
「そう。おばあちゃんと住んでいるの。お父さんは再婚して、ここから10分くらいのところに6ベッドルームの、プールやジャグジーがある家に新しい奥さんと子供二人だけで住んでいるんだよ.贅沢だよね」

私「プールにジャグジー?いいわね。あなたもそこに遊びに行ってりできるんでしょう?」

Dちゃん
「ううん、その家にはいけないの。お父さんは私が好きではないの」

!!!


一体、どうなっているんでしょう。

この何週間で3人の子供達の話を偶然聞いただけなのに,,,3人の子供が自分の親がら嫌われているって
さほど親しくもない私に言うなんて!!!


どういうこと???


この子達、話をきいてくれる大人がほしいのでしょう。

あまり親しくもない私にこういうプライベートのことを話すと言うのは、、。

聞いてくれる人が必要なのでしょう。


心が痛むこの頃です。


もうしっかりしてよ、色々な事情があるのでしょうけど、

自分の子供は責任もッて愛情を持って育てようよ〜

貧乏だって障害があったって一生懸命育てている親は世の中沢山いるんだから。


親から嫌われているのと、他の大人に話す子供達、本当に可哀想

溜め息です。

傷つく前に別れる

長男の友達の恋愛パターンが見えて来たような気がします。

といっても、4人だけなので何の説得力もないのですが。
(人は暇だとよけいなことも考えるようになるんですね)

4人のうちの3人は,シニアなので来年いく大学が決まっています。

それぞれつき合っていた彼女とは別々の大学です。

それでお互い平和に話し合ったと言うのです。

恐らく大学に入ったら交友関係も変わって来て今までのようにつき合うのは難しくなるだろうから、今ただの友達に戻ろう,と言うことらしいのですね。


今から?もう先のことを心配してません?


ドライではありませんか?

まあ,これは別れる口実に過ぎなかったのではと思うのですが、3カップルもみじかに起きたので??ですね。


猛烈に好きではなかったと言うことですよね。

それとももう飽きて来たので別れるタイミングを見ていたのでしょうか?

大学の出会いにものすごく期待しているのでしょうか?


私の妄想は勝手に膨らみます。


一つのカップルは、彼女が一つ上で大学に入ったとたんに
友達に戻ろう宣言が下されたわけですね。


詳しくはこちらに書きました

チアリーダーの彼女がお金持ちの彼をなぜ振ったのか


先日彼のお母さんとスーパーでばったり会った時になぜか一気にその話になり

「息子はとても落ち込んだけど、縁があったら又一緒になるわと,励ましたのよ。
たとえ縁が無くてもそれはそれで、新しい出会いがあるはずよ。
私がもし高校時代の彼氏と結婚していたら,今あなたはここにいないのだから,と言ったわ。
今は大部落ち着いて、もう彼女の心配をしなくて良くなったから気が楽になった,と言っているわ」


それでも、友情は続いているようで先日も野球の試合に彼女が応援に来ていました。


(大学の春休みらしいですね)
それが影響したのか,,,,


何時もエラーをしない彼がなんと2つのエラー、、、、



精神的に動揺??



なんとなく、男の子の方が,女の子よりもドライにはなれないんだなあと思いました。



長男の友達に限るのでしょうか??

長男、、実は昨年の12月からある女の子とつき合い出しました。

初めてのGF〜!
初めて女の子と二人だけで映画に行ったり、、、

アリゾナの野球の試合の時も応援に来てくれたりと、
それはそれはアツアツです。

う〜ん、他のこともしているのだろうか??

長男の好みはアジア系(前に両思いの子はお母さんが日本人なったので)と思っていたのですが、ブロンドの白人の女の子。

何となくがっかりの私。

長男,今年の9月から大学に行くので二人の関係はどうなるのでしょう。

お母さんはちょっと心配しています、、。

マナーの悪さで喜び半減

野球に興味の無い方にはつまらない内容と思います。
ものすごく、細かく書いてしまったので

まずは2勝しました。

一試合目は、相手側はなんと10本以上のヒットを打ったのですが,1点のみ。
しかも、投手は144キロのストレートやキレのあるカーブで7イニングを12三振したのにです。

我がチームはなんと4本なのに2点入れることが出来,しかも相手側の2エラーを見事に利用した形となりました。

理想的な勝ち。

まず、長男のライトへのシングル。

その後のバッターに焦った投手、ワイルドピッチで長男すかさず2塁に。

次にバッターが,内野に高いバウンドのヒット。

これを焦って裁いた投手、,一塁に悪送球です。

それで長男2塁からホームで同点の一点。

残りの一点も、四球にヒットにパスボールと相手のエラーを上手く利用して貴重な勝ち越し。



相手側はなんとも最悪の負けです。


2試合目は、逆に切れの悪い試合運びで、なんと7イニングで5回も満塁のチャンスがあったのにもかかわらず上手く打線が続きませんでした。

それでもあまり投手が良くなかったので長男なんと5打席4安打に残りの一打席は相手のエラーで5打席全部出塁と好調でした。
結果的に8対3で勝ったのですがあまり盛り上がらなかったのです。

最後のアウト、、、
ショートから一塁の送球で試合終了となったのですが、なんとバッターが一塁手にアメフトの試合かと思わせるようなタックルをして,一塁手を地面に叩き付けました。

ホームではたまにありますが,さすがに一塁はないでしょう。

一塁手は190センチもある大きな選手なのですが、相手はさらに大きく2メーターはあるだろうモンスター並みの体でタックルされたのです。

一塁手のお母さんは激怒。
アメフトの試合じゃないんだよ!
と怒りの声が。

負けてもそう言う態度を一人の選手がするとそのチーム全体のイメージが悪くなりますよね。


この州チャンピオンに向けてのトーナメンの説明です。


ます、リーグで8チームのうちなんと上位6チームがプレイオフに参加できます。

そして、2勝したら、地域の4位に最悪でもなれるようです。

なので我がチームは最悪地域での4位以上は決定でその上のトーナメンとにかちあがることが出来ます。

プレイオフのここで2敗するとおしまい。

一試合落しても、一勝したら、敗者復活戦に加わることが出来るのですが、ここで3勝しなければ5位になることは出来ないようになっています。

プレイオフで5位に入れば、さらに上のトーナメントに進みます。

そこからは、一発勝負。

負けたら,終わりです。

今週末はとりあえず我がチームは地域の準決勝、決勝、もしくは3、4位決定戦になります。

ここで、全敗してもトーナメンと勝ち上がりは決まっているのでちょっと気が楽です。

いえいえ子供達は良いシードを勝ち取りたいので当然2勝目標ですけど。


このチームは、エースが不在なのにも関わらず5人の良い投手がいるのでなんと心強いのでしょう。
一人の良い投手がいても、崩れた後の2番手があまり良くなく試合に負けてしまうチームが多い中、頼もしい限りです。


一軍は15人なのですがプレイオフには5人追加されました。

半分がベンチ要員なのですがなんとその親がほとんど応援に駆けつけていたのは感動です。

リーグチャンピオンに向けてのグランドスラム

先日の試合はとても大事な試合でした。


リーグで、一位と2位のともに10勝2敗の試合で、この2試合で2勝したらリーグチャンピオンになります。

一勝一敗になると、3位のチームも優勝争いに関わって来る可能性があったので、なんとしてもまず一勝したかったのです。

結果は
0310000
252010X

でめでたく10対4で勝利!!


リーグチャンピオンにリーチがかかりました。

ハイライトはもちろんこの回でしょう。


2回の裏、ノーアウト満塁。

長男が打席に入りました。

その時は3対3のどちらが勝っても分からない良い試合をしていました。

最悪でも犠牲フライを頼むよと祈るような気持で見守ります。

2球ボールが続いたあとの高めのストレート。

ドンピシャでした。

ラインドライブの打った瞬間に入ったと分かる豪快なグランドスラム。

今シーズン4本目のホームランですが、高校のチームでグランドスラムは初めてでした。

もう、ダグアウトに観客席はものすごい歓声です。

ホームに着いた長男は迎えに出たチームメイトからもみくちゃに。

8番の背番号が長男です
CkvsNTBaseball01_17698678_ver1.0_640_480.jpg

こういう場面を見ることが出来た私達夫婦は本当に幸せです。

何人もの親が、ナイスグランドスラムと私達にも声をかけてくれました。

ああ実はこの日、そろそろホームランが出る頃かなと思いカメラを持っていこうとしたのですがなんとバッテリー切れ。


バッテリーがはいっていたら、満塁ホームランをビデオに撮れたのに!!

残念でした。

又今度打ってね。

なあんて、グランドスラム(満塁ホームラン)は滅多に無いので貴重なチャンスを逃しました。とほほ。

その他にも、2選手がツーラン、ソロとそれぞれホームランを打ちました。

これで、スタメンなんと8名が今シーズンホームランを打つという快挙です。

昨年は、一人のシニアが一本打っただけでしたから今年はどんなに凄いことでしょう。
どのイニングからも攻撃が出来て、4番バッターが8人いるようなものですから!!

いい事ばかりではなかったこの試合。


フレッシュマンで、ただ一人Varsity(一軍)に登録された次男。


この試合でピンチランナーで出したもらったのですが、なんとえ?という所で盗塁失敗。


コーチ、、、なんでこの場面で盗塁?

と思ったら、なんと次男のサインの読み違い。

クラブチームでは盗塁のサインだったので、うっかりしたとのこと。

ああ、点差が開いた時点でのミスだったからよかったものの、これが一点差や同点でこんなミスをしたら致命傷でしょう。

もっと、集中しないと、、、痛い勉強になりましたね、次男君。
いつだって、おごらず謙虚にをモットーで頑張ってもらいたいものです。

ああ、月曜日の試合はリーグチャンピオンを争う昨日よりもさらに大事な試合になります。

最後までこのような試合展開をしてくれた子供達のチームに感謝です。

今まで長男が所属したチームの中でも最高のスタメンに恵まれたので是非8年ぶりのリーグチャンピオンに輝いてほしいものです。

長男の彼女 青春まっただ中のハイスクール


長男は、高校のジュニアです。

青春まっただ中

ジュニアにもなれば、友達の中にも彼女がいる人も多くなりました。



アメリかに引っ越してからというものの、長男に彼女がいる兆しはまるで無し。

まあ、私達両親は、高校生の間は、女の子との一対一の付き合いよりも男の子や女の子の沢山友達と過ごしてほしいという希望があるので、これでいいのです。


先日、野球の試合が終わった後、私達夫婦は車の中にいました。

すると、一人の女の子が小走りに野球チームの男の子の後を追いかけ始めました。

女の子は、アジア系の子です。

私は夫にすかさず

「みてみて、あの女の子、誰かあの中の男の子を追いかけてるよ。だれだろうね!」
と言って、興味津々にみていると



なんと



長男に話しかけて

しばらく二人きりで何か話しているではありませんか


あやしい


あまりにも、私達夫婦が強烈な熱い視線を送ってしまったのでしょうか?

急に、二人がこちらを見つめているではありませんか?!


どうやら

車の中から見ている私達に気がついてしまったようです。


もっと上手くスパイできれば良かったのに、間抜けな夫婦。


それはともかく、後から長男に聞いたのですが、
「つき合っているわけでもなく、普通の友達」

とのことでした。


我が子を疑うつもりではないのですが、先日暇な私は長男を迎えにきてくれたD君にさっそく質問を。

「あの女の子は一体誰??彼女ではないの?」

長男の友達D君は

「あの子は、僕の彼女の友達なんだけど、00(長男)が好きで彼女なりにアタックしているみたいだけど,今の所効果ないみたいです」


へ〜好みではないようです



そういえば、日本にいる時に長男と両思いだったという噂の女の子は控えめな感じの女の子でした。
彼女のお母さんも日本人だったんですね。

どんな女の子が好みなんだろう。。(妄想にふける母でした)

ああ、いつか彼女を家に連れて来る日が来るのでしょうか。

楽しみなようでちょっと寂しいような複雑な気持になるのでしょうか???

クラブチームの野球のコーチは、
「彼女は今作らない方が良い」と常にチームの子ども達に行っているようですが、、、。
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード