国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> アメリカ人

海外にいる日本人の存在って、、、。

アメリカに住んで気がついた事が色々あるのですがその中で、日本人の存在ッて、、、
と思った事が多々あります。

前の記事のように、私はヒィリピン、中国、韓国に間違われるけれど日本人と当ててくれる人は今までいないのですが
もうそれは慣れました。


しっかし

今はもう無料で見る事が出来るのでビデオを借りる事はないのですが
字幕が中国韓国は当たり前、タイやベトナムまであるのに経済大国で存在感を出して頑張っている日本人の為の日本語の
字幕はないのです。

いままで日本語の字幕があるアメリかのビデオは借りた事がないのです。

これッて偶然でしょうか?


まあおかげで頑張って字幕無しで映画を見ることでかなり英語の上達に役に立ったと思うのですが。

そうでなければ、
楽な方に流される私はいつも字幕に頼っていた可能性が大です。


そして
外に行くと公園などに
私の住んでいる近くの海には貝は採っては駄目と標識があるのを目にします。


中国韓国はもちろん、インドネシアなど、あらゆるアジアの言葉や中東、ヨーロッパの言葉で訳してあるのですが

日本語がないのよ。

子供達の通う学校のホームページも今まで聞いた事もない言葉まであるのにも関わらず日本語翻訳がないのよ。


私はもう結婚して20年もたっているから何とかなるけれど、あまり英語が得意でもないのに結婚してアメリカに住むことになってしまった日本の人には心細いだろうなと思ったりします。

そうか、世界は海外にいる日本人は皆優秀で、英語なんて読めるし話せるし聞けると思っているのね。




ところが、テレビ契約をして頭に来た事があります。


スペイン、イタリア、中国、韓国の番組が楽しそうに自国の言葉で流れています。

微笑ましいわと思いながら、、、われらNHK


なんと英語放送ではありませんか。


なんでここに来て英語なの?

海外にいる日本人は日本語を使いたくないだろうという事での配慮なの??

だからわざわざ英語を話せるアナウンサーが日本語のニュースを英語で読んでくれるの?

安倍さんが話していてもなんで急に英語の翻訳に切り変わってしまうの?

日本語を勉強している夫はまじで怒っています。

なんで他の国の番組はその国の言葉で放映されているのに,なんで日本の番組が英語なんだ〜!!

日本の番組を見たいけど日本語がわからないから英語放送しろと言うアメリカ人が沢山いるのか〜!!

それとも2世3世で日本語もう分からないけど、祖国の番組が見たいから英語で御願いね、と言うのだろうか??


この矛盾、、、、どなたか説明してくださる方はいませんか〜〜〜!

どこの国の人に間違えられますか?


日本に居る頃は、なかったことです。

ドイツに住んでいる時はなぜかドイツの人達は100%私が日本人と当ててくれました。

韓国にいる時は、韓国人と思われましたが、一言話しただけで
あ〜日本人!とばれたものです。

アメリかに住んでいると、、、意外なことがあります。

駅で友達を待っているとある男の人がじろじろと私を見るではないですか。

目が合って会釈すると普通その後視線が合うことはないのですが、、、

その後もじろじろ、、。
なんか怖いかもと思って場所を移動しようと思ったらなんと近づいて来て
いきなり

「ヒィリピン人?」

と聞かれました。

まじで失礼ですよね。

挨拶もなしにいきなり聞いて来るなんて。

そんなあやしい人と、私は会話をするつもりはありません


「いいえ」とだけ言って場所を移動しました。


あやしい


はい,と返事したらどうなっていたんでしょうね。

幸い、いいえと言うとがっかりしたような顔をしてどこかに行ってくれましたが。

あの人、これからヒィリピンの人を探し求めるのでしょうか。


それからあるお店で
トイレを借りて鍵を返すと

「しぇいしぇい」

とか言っているので??
と思いました。

品物を受け取ると又、何か言いました。
「%$^*#@」

と話し出すので
「何語を話しているの?もしかして中国?」

「そう、今中国語を勉強中だから」

と嬉しそうに答えるではありませんか。

この人、私を中国人と思い込んでいます。


ちょっとまってよねえ、


ここはアメリカ,、

アジア系が中国人そして、中国系が全員中国語を話せるという
単純な思考回路に驚きます。

「失礼だけどなに人でしょうか」。

相手が中国人ですよ。

と答えて初めて
「中国語を勉強しているから中国語を話したい」,

とでも言えばまだしも、

いきなり確かめもせずに中国を話し出すなんて。

なので
「私、中国人ではないから全然あなたが言った事が分からないの。ちなみに日本人だから」

と言いかえすと後で息子に
「ママ、全然分からないなんて言わなくても良いのに。もっと良い言い方があるのでは?」

と言われました。

う〜ん、いきなり決めつけられてちょっと失礼と感じた私は大人げなかったかしらん、、、。

反トランプのデモ なんで一般人に迷惑をかけるかな

トランプ大統領がイスラム圏7カ国の市民らの入国を一時的に禁止する大統領令に署名したことを受けて全米では混乱が広がっています。

 イランやソマリアなど7か国の出身者(グリーンカード保持者は除く)がアメリカに入国することを90日間、一時的に禁止し、すべての国の難民の受け入れを120日間停止するというものです。

そこで、シアトルの空港ででもが行われて、なんと飛行機から降りて来た一般の人達を出口から出さないという
訳の分からない行動をして,ニュースになっていました。

なんでこういう意味の無いことをするのでしょう。

やっと飛行機から降りて家に帰ろうとしている人達になんで

こういう嫌がらせをすることで世間の注目を浴びようとするのでしょう。

一体誰が煽動しているのでしょうか。

トランプの政策は、オバマが何万人もの「難民」をチェック無しに受け入れたことと180度の差があるので
このギャップが目立つ訳です。

反トランプ派は「禁止」の一文字だけで反応しているような感じです。


 これに対してカリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏は的確なコメントを出してくれました。

「これは一時的な措置であって移動中の人たちは除外だ。
だから今拘束されている人たちでもちゃんと調べたら大丈夫だろう。
これをやった理由は、悪い人が入ってこないためにちゃんと判別しないといけないから。
判別するシステムがないから悪い人が(前も)結構入ってきた。ヨーロッパをみれば明らか。それでテロ事件もあったし犯罪は増えたし経済的にも混乱した」と指摘しています。

 また宗教や人種の差別につながるのではないかという意見については
「大統領令を読むと詳しく書いてある」とした上で、
「その中に宗教差別は絶対だめだと書いてある。
アメリカにいてすごいわかったのは、反トランプの人たちは拡大解釈したり勘違いしている
これなんかもそうで、別に宗教弾圧ではない。
大統領の一番大きな責任は何かというと、そこにいる国民の安全を守ること、これがその一環だ」と、宗教が根拠となっているわけではないと語っています。


そうなんですよね。

確かにオバマはスピーチが上手く,若くカリスマ的存在で人気がありました。

でも大量難民をチェック無しで受け入れた時はさすがに勘弁してと思いましたね。

50年前のテロという言葉もあまり使われていない時代なら通用したでしょう。

でも今はテロの事件が何時どこで起こっても不思議ではなくなりました。

日本人でさえ、ただの旅行にESTAを申請しなければいけないですよね。

「大統領の一番大きな責任は何かというと、そこにいる国民の安全を守ること」

これは経済問題よりも最優先でしょうと思うのですが、それはたまたま平和な国に産まれた人のたわごとで
今厳しい状況にある人達の立場になって考えたら120日は長過ぎ、自分勝手といわれるでしょう。

そう指摘されても仕方ありません。

幸い私は難民になったことも無いのでその苦労は想像すら出来ないのですから。

でもだれでもベルギーでの大量難民受け入れの結果、そこに潜んでいるテロリストが起こしたフランスのテロの悲劇を繰り返したくないでしょう。

トランプ大統領誕生にともなって行われたデモ

先日新しい大統領が誕生しましたよね。

それにともなって、女性の権利の為のデモや反トランプ派のデモがあちこちで行われたようです。

デモは誰にでも権利があるのですが、

それに使用したプラカード、、。




もう数えきれないほどのプラカードが


道に捨てられたではありませんか。


なんで自分の家に持って帰って捨てないのでしょう。

偉そうに自分の権利を主張して、何か成し遂げたような錯覚を起こして、いい気分になって行進が終わると
プラカードを道に捨てて、家に帰るなんて、、

権利を主張する資格が無いと思うんです。


誰がかたずけるのでしょう。

もう使わなくなったからそのまま道に捨てるという発想が理解出来ません。

偉そうにデモに参加するなら、そういう一市民として人に迷惑かけない行動をとるべきでしょう。

他の人にかたずけさせるのですよね。


もちろん、何万も参加した中で一部の人たちなのでしょうが
誰も「持って帰ろうよ、道に捨てるのは良くないよ」
という声かけが無かったのでしょうか。



アメリカ、、、


自分の権利を主張するのは良いのですが


それにともなわない行動をする多くの人を見てなんだか情けない思いです。

アメリカ国内にいると分かってしまう事実ですよね。


大量に捨てられたプラカードなんで、海外には報道されないでしょうから。


アメリカ国外に住んでいる方でデモのニュースは報道されたと思うのですが
プラカードが大量にゴミとして道に捨てられた報道を見た方はいますか?




ひどい店員パート2

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞお暇なときはこちらに訪問よろしくお願いします。


もっと早く更新したかったのですが、まさかの風邪にやられました。

何と10年ぶりの風邪。

これが人生で一番ひどかったです。
特に咳きで夜寝ることがあまり出来なかったのは辛かったです。

私の今住んでいる州では今年風邪がひどく、今年になってもう24名亡くなったそうです。
若い人で40代の人も、、。

怖いですね。
本当に健康が何よりです。

毎日当たり前のようにして与えられているものに
感謝したいです。

それなのに
新年早々文句って?

そうなんです、
今思えば、ばからしいのですが
お店の店員の文句が続きます。

ある日、

夫が嬉しそうにピザを抱えて帰って来ました。

それを見た私
「あ〜あの10$スペシャルね?コマーシャルでしているものね」


「え??これはミディアムで2つのトッピングで14$はらったけど」


「え〜?あれだけコマーシャルで10$ッて毎日のように宣伝していて、
あなたの方がよっぽどテレビを見ているのに、知らなかったの?(すごい嫌みな妻
どのサイズも、トッピングもいくつでも10$ッて宣伝しているじゃない」



「やられた〜!」(大げさな人)


そうなのです、ここはアメリカ
お店の人は知ったこっちゃないのです。

あちらからサービスを進めることもしない場合が多いのです。

夫曰く
「マックではちゃんと安くなるセットとかを教えてくれるのに」
(この人、ときどきマックを急に食べたくなる衝動が起きるようで一人で急にマックに行ってりしています。
小さい時にきっと沢山食べたのでしょう)



とかなり怒り気味。

さっそく電話しています
「え?僕から10$のをッて言わなかったら、そのサービスをもらえないってこと?」

お店の人
「そうです、私は15種類のピザを担当しているんだからいちいちサービスのことなんて
かまっちゃいられない。お客が言わない限り、できない」

15種類、、、でも
宣伝はどんな種類、どんなサイズ、トッピングはいくらでも、、、

そうするとほとんどのピザが10$でいいじゃないのよ。

ものすごく簡単なことじゃないの

このお店、全国ネットの宣伝ものすごく無視していますよね

諦めない夫(退職しているのでかなり暇なんです)


「あはは、納得いかないね、ちょっと君マネージャーに変わって」


マネージャーはさすがに夫と議論せずに

「はいはいはい、差額を返します」

と応じたとうです。

ただ、夫曰く
ああ、ミディアムでなく、ラージを食べられたのにとまだぶつぶつ言っていました。



sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード