上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
国際結婚ブログアンビリーバブルなアメリカ人と日本人<TITLE> <meta name="keywords" content=<STRONG>アメリカ人国際結婚恋愛ブログ</STRONG> <meta name="description" content="育った文化が異なる二人が結婚すると思っても見なかった大変なこともあるんです。驚くようなことがアメリカに住むとあるんです。国際結婚や恋愛を考えている方に参考になればと思うのです。なんせもう結婚して20年ですから。" /> 国際結婚ブログ アンビリーバブルなアメリカ人と日本人<title> 未分類
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金メダルと同じくらい素晴らしい


鬱病とはとてもつらい病気にもかかわらず、世間の理解が少ないために患者な苦しむようです。

見た目でわかる病気は同情されるのですが、うつは怠けているのでは、頑張ればできる、などという言葉で患者の心をナイフのように傷つけるらしいです。。



鬱は脳の中の活動するに必要な要素が普通よりも少なることも鬱になる理由の一つらしいのですね。

けっして怠けているとか努力が足りないわけではないのですが


難しいのが

本当に怠けている人がいるからなんでしょうねえ。

それは外からはわからないのが原因なんでしょうね。




イアン ソープ氏は、2000年のシドニー五輪と2004年のアテネ五輪で合計5つの金メダルを獲得し、オーストラリアで最も輝かしい五輪選手オリンピックと世界水泳選手権の金メダリスト。

その彼も鬱とアルコホールで苦しんだと告白しています。

100m、200mバタフライ、400m個人メドレーの世界記録保持者であり、“水の超人”イアン・ソープ(オーストラリア)に代わり、世界の頂点に昇りつめた「水の怪物」マイケル フィリップスも鬱で苦しんだと最近記事で読みました。

ひどい時はベットから一歩も出ることができなかったそうです。

一日中うずくまっていて、命を絶つことを考えたというのです。
治療を受けに行くのを拒み続けたそうです。

彼は、一つの金でもすごいのに、なんと通算22個の金という偉業です。


この二人に怠けているとか、頑張れとかいう言葉は必要ないですよね。

特に頑張るということに対しては世界一頑張れる人たちなのでしょう。

そういう頑張ることに対して世界一の人が鬱になり告白して、治療することは恥ではない、治療すれば治るんだというメッセージを世界に発するのはとても
金メダルと同じように素晴らしいことだと思いました。

どれだけの人たちがこの発言で、治療を受けようと思い立ち、助かったでしょう。

そしてそれを支える周りの人たちの理解も広がったことでしょう。



普通、治っても自分の病気を知られたくないですよね。

でも、国を代表して金メダルを取った人というのは、自分の発言の影響力を理解しているのでしょう。

そして、社会のために役に立ちたいという使命感があるのでしょう。

まさに、マイナス体験をプラスに変えるという、人生の王者だなあと思いました。

スポンサーサイト

びっくり仰天虫歯のお値段

先日,長男が歯がしみると言い出しました。

我が家の息子達、18歳と16歳は本当に今まで恵まれていて、虫歯無しでした。


長男、虫歯予防で定期的に歯医者さんに通っていた際

「歯ブラシが届かない所があるから、ちょっとそこはカバーをかけておきましょう」


と言われた所のカバーがどうも外れたようです。


2、3日前から冷たいものがしみるけど、熱いものは平気と言ったのでまあそんなにひどくないだろうなと思いすぐに歯医者に。


なんと歯医者さん曰く
「非常に珍しいケース。こんなに深くまで虫歯になっているのに今まで痛くなかったなんて」

なんと根っこの治療まで必要になっていたのです。


お値段??


冗談じゃないですよ。


$3,000


1ドル百円にしたら何と30万。


思わず絶叫です。


しかも2回に分けての治療。




そして、もう一本、虫歯も発見されてそれは$200


$200が安く感じてしまうのね。


もう騙されたとしか思えないわと疑いながら夫が生まれ故郷の知り合いの歯医者に連絡して
レントゲンも含めすべての情報を送り見てもらっても

$3,000は妥当な値段


だそうです。



2本の歯、、、$3,200


日本では、3割負担で何と2千500円。

3年前、私の詰め物が取れて、そこがちょっと虫歯になっていたので治療したもらったのです。
日本で良かった。。



アメリかでの保険??


定期検診はカバーする保険で、虫歯の保険には入っていなかったのです。

夫も何年も虫歯無して、子供達もそうだったのでやられました。


親知らずを抜くだけでも何と全身麻酔が標準らしいのです。

部分麻酔も選択出来るようですが、全身麻酔を勧められました。

それも10万以上かかります。

これは保険が適用されるので、本当に良かったのですが

こんなにふんだくられてしまうとは。



アメリカの歯医者さんッてもしかして日本の歯医者さんよりもとてもお金持ちなのかしら???

歯医者さんはよく分からないのですが、一般のお医者さんの場合は
アメリカで夫が3日入院して$30、000。
(手術しないでこの値段ですよ)

新車が買えるお値段です。


それでもアメリカの医師の収入は$200,000が勤務医の平均と聞きました。
日本は1500万くらいと聞きますが、、夫が10日労災病院で入院した時は(これも手術無し)100%負担で
45万(日本の健康保険加入無しだったのですが、これにアメリカの保険を使ったので助かりました)


1日$100のアメリカ、一日4万5000円の日本。


22倍の差は一体なんなんでしょう。

日本では4人部屋、、アメリカでは皆個室、、、。
この差でしょうか??

私だったら重病でないのなら100人部屋でもいいのに。



マックは日本でもアメリカでも同じ値段なのに。



なのにそれほど医者の収入が違わないと言う事は、病院経営者が儲けているのでしょうか??

訴えられる事が多いアメリカ、、訴訟された場合の保険も高いのでしょけど。

看護士の社会的立場もアメリカは高いようで平均収入も日本より高いようです。


それにしても

日本の医療保険は素晴らしいとしみじみ思います。


トランプ、、オバマケアを廃止し選り良い制度を導入すると言っていますがなんとかしてくれるのでしょうか。

私は薄情??



ある日、パーティで沢山の食事が余った時に

ある人が
『この食事、あそこのストアーの片隅にいるホームレスカップルにもっていこうか?」

と提案

わたしはすかさず
「あのカップル,,あやしいよね、食事はいらないんじゃないかしら。
いつもいなくなった後にマックの袋や飲み物のカップを置いたままで立ち去るでしょう?
ああいうマナーのないカップルは本当に自分勝手だと思う。
貧しくたってマナーは守るべきよ。

それに妊娠しましたってサイン、もう10ヶ月は見ているわよ。
お腹は10ヶ月前と同じだし、、絶対薬を買う為のお金がほしいんじゃないかしら。
あんなに若い二人が物乞いするなんて、仕事に就かないなんて、、なんでだと思う?」

そう言った私に一瞬皆黙ってしまいました。

言い過ぎたかしらん??

一人のお母さんが私にウィンクしながらうなずきました。


もう一人は
「実は私もあやしいと思っていたのよね。何時も妊娠しましたってサインで,,,いちゃいちゃとキスしてお腹をさすったりしてわざとらしいったらありゃしない」


しかし

あとの4人は「そうねえ」と特に発言はなかったのです。


そりゃあ、若いホームレスは社会の犠牲者と考えればそうでしょう。

恐らく家で虐待されたか、親から愛情を受けられなかったか、甘やかされたか、、、
精神的な病気をともなっている可能性もあります。

私は恵まれた環境で育ったので幸いだと感謝しています。

もし逆の立場で育ったら、私だってそうなった可能性もあるんですから。

ただ、一生被害者で生きていくのは悲しいです。

アメリカには救いを求めれば色々な手が差し伸べられる国、、、。


ホームレス施設でボランティアをしているメリー曰く

薬の更生施設に若い子は自分からいきたがらないのよ。

今が楽しければ良いと思う子供が大多数なの。

だから仕事もしないでふらふらしているんでしょうね。

私達が出来ることはとにかく一日に一食、こういう人達が飢えない様に食事を提供することなのよ。

確かにお金を渡すと色々と問題が出そうですが、施設で食事を提供するのはとても意義のあることなんでしょうね。

ただ、善意でもらった食事を動物の様に食べ散らかしてゴミを残して行くような若いホームレスに同情できないんです,私。


日本では、特に私が育った東京ではホームレスと行ったら中年以降の男性がほとんどでした。

特に新宿駅から私が働いていた高層ビルに向かう地下で見かけるのはそうですね、段ボールで囲ってくらしている人達は100%中年以降の男性と言っても過言ではなかったですね。

若い人や女性は見かけなかったですね。



なのでアメリカで,若いカップルや、女性のホームレスを見た時は本当に驚きました。

なんでなんでしょうね?

なぜ彼は浮気をしないのか?!


5代目ジェームズ・ボンド俳優で知られるピアース・ブロスナン(62)皆さんもご存知ですよね。

彼は、巨大化(いいすぎですよねえ)する妻の脂肪吸引願望を却下したと言う記事を目にしました。


実は私、歴代のボンドのなかでも彼が断トツ好きなんです。。


371681_88.jpg


その彼の妻に対する愛情を知って、もう株が急上昇です。

「2001年にキリー・シェイ・スミス(52)と結婚。
それからというもの、ハンサムガイでありながら浮いた話は一つもなく、妻一筋を貫いてきた。
しかしふたりの姿がメディアに登場するたびに、巨大化していくキリーの姿に話題が集まっており、「なぜあんなかっこいいピアースに、巨漢妻?ありえない」といった誹謗中傷の声も多い。」

この記事。。

371676_88.jpg


ありえますよね。

彼は、彼女の中身を愛しているからに決まっているじゃないの。

彼は他人がどうのこうと言うことは気にしないほど自分を持っていて、いわゆる外見が華やかなトロフィーワイフを求める必要がないのです。
きっと。


俺様の隣に並ぶ女が太っているなんてあり得ない.
俺様の隣には誰もが羨む美女じゃないと。

俺様は皆に羨ましがられたい!!

自慢したい!!

誰もが羨む美女を獲得できる男と思われなくては!!




という願望が全くないのですね。

彼自身が自分の人生に満足している証拠でしょう。


なんてカッコいい。


「彼は俳優なので、キリーは彼が若い女優と共演したりすることに不安を覚えています。
どうにか体重を減らしたいというプレッシャーは日に日に強くなっており、脂肪吸引が手っ取り早い方法と考えたのです。しかしピアースは、ボトックスや美容整形をはじめとして体にメスを入れることに反対で、キリーにはそのままでいてほしいようです。
脂肪吸引をしたら、離婚するとまで言っているそうです。
ピアースは、ハリウッドのやせ志向と逆行するキリーが、世の中の良いロールモデルになると考えています」

と関係者がナショナル・エンクワイラー紙に語ったそうです。



こういうナイスガイに体型が変わっても愛される妻は本当に幸せでしょう。

それだけ、この彼女は内面も素敵な人なのでしょうね。



確かに太りすぎは健康に悪いですが、


外見,,,色々な見方があって当然。


知り合いに、胃を小さくする手術をしてせっかく痩せたのに,,,5年後又同じように太った人がいます。

懲りずに又手術をするのでしょうか?

食生活を変えなければ根本的解決にならないのにね。。

哀れです。

米国の子どもの30人に1人がホームレス

先日の記事で私は驚きました。

【AFP=時事】米国の子どもの30人に1人、史上最多の250万人近くが昨年、ホームレス状態を経験したとする調査結果です。17日に発表されたものですが、さらに米国勢調査局(US Census Bureau)の9月の発表によると、13年の米国の貧困率は前年比0.5%減の14.5%で、4530万人が貧困ライン以下で暮らしているとのこと。

経済大国アメリカで起きている現実です。

アメリカにきてまず驚いたことが、お腹をすかせている子供達に寄付しようというスローガンでした。

お腹をすかせている子供達、、、。
かたや、太り過ぎでダイエット商法が盛んな国でです。

このアンバランスはどうして生じるのでしょうか。

シングルマザー、人種問題、低賃金,失業、色々と問題はあげられています。


こういう現実を逆手に取っている人達がいます。

ホームレス,これもアメリカのホームレスは綺麗という印象です。
あくまでも,今私が住んでいる地域のホームレスなんですが。


こざっぱりして身なりも綺麗なんです。


昔私が東京の新宿で勤めていた頃は、新宿駅から高層ビルに行く地下道はホースレスであふれていました。
段ボールの中で暮らしていて、シャワーを何ヶ月もあびていないので匂いがきつかったし、洋服も皆汚れてグレーでした。

なのに、この今住んでいる地域のホームレスは,洋服は清潔だし,匂いもしない。

怪しいのです。

家の近くのスーパーの前に座っている若い男女。
「ホームレス。なんでも良いから助けてほしい」

と、サインを掲げています。
そうなんです、アメリカのホームレスはサインと掲げて補助を要求しているのですね。
日本のように、隠れて座っているだけでなく、とても積極的です。

でも彼らはちっともホームレスに見えません。

夫が,偶然彼らがその駐車場に止めた車から出て来るのを目撃したのですがピカピカの車で何とベンツだったそうです。

知り合いのアメリカ人は「昔は若いホームレスなんて見なかったのにこの頃はよく見かけるようになった。本当に問題のある人ばかりではない気がする」と。


あるテレビ番組では、ホームレスを追跡すると、綺麗なアパートに住み、毎日「出勤」する際には「仕事着」を持参。

地下鉄のトイレで「ホームレスコスチューム」に変身。

何と年間1千万円のお金がはいるそうです。

ああ,アメリカ病んでいます。

この地域では子供のホームレスを見たことも聞いたこともなかったので30人に一人の割合という事実に驚愕しました。

住んでいる地域でかなり差があるということなのでしょう。

隣の家のメリーはボランティアでホームレスの洋服を定期的に集めて洗っていると話してくれました。
だから身なりがこざっぱりしているホームレスがいるとのこと。
そして、表からは見えないだけでかなりの「10代」のホームレスもいるということも教えてくれました。


驚くばかりではなく何か自分にできることはないか考えなければと思い始めたこの頃です。


sidetitleプロフィールsidetitle

ワクワクドキドキ

Author:ワクワクドキドキ
アメリカ人の夫(デューク)と結婚してアメリカンスクールに通う2人の子供がいます。夫は不思議な生き物です。

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
~3/4大通りでホテルウェディングしよう
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
お絵描き掲示板
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
<
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleフリーエリアsidetitle
カスタム検索
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。